日経経済知力テスト(日経TEST)研修ドリル|日経ビジネススクール

累計33万人が受験した
日経独自の経済知力テストを研修に

日経経済知力テスト 研修ドリル

ビジネスパーソンとして必須スキルである
経済知力を高めることで、
社会や経済の動きを広い視野、視点で
とらえられる社員を育成しませんか。

こんなお悩みに最適なのが

日経経済知力テスト研修ドリル(日経TEST研修ドリル)

日経TEST研修ドリルは

「経済知力」を測る日経経済知力テストを
研修用にカスタマイズした商品。

通常の試験後には確認できない「テスト問題」や
「解答・解説」を確認できるため、
研修活用に最適。

ビジネスパーソンにとって基礎スキルである、
経済知力を身につけるのに最適なサービス。

ビジネスパーソンにとって
基礎スキルである、
経済知力を身につけるのに
最適なサービス。

日経経済知力テスト(日経TEST)とは、ビジネスパーソンに必要とされる経済知力
(「経済知識」と「考える力」)を6つのジャンルから出題し、5つの評価軸で
客観的に測定するテストです。日本経済新聞社が日々報じている最新ニュースなどを
題材にした問題を解くことにより、知識とスキルを測ります。

ここがポイント

日経TEST研修ドリルは

研修に活用しやすい

日経TESTの厳選問題(50問)を40分で実施可能。
研修でも活用しやすい時間設計になっています。

通常の日経TEST

80分100問

日経TEST研修ドリル

40分50問

受験後すぐの復習が可能

受験の問題、解答・解説を配布。
受験後すぐに自己採点および復習が可能です。

通常の日経TEST

問題は回収され、
解答や解説も提示されません。

日経TEST研修ドリル

解答解説が配られるため
自分で振り返りを行うことができる。

元新聞記者による解説講座

オプション(有料)の「解説講座」では、
研修ドリルの試験終了後に、日経TESTの問題作成に携わっている元新聞記者が、
経済知識を増やす方法、考える力を伸ばす方法について解説します。

Web、筆記 選べる試験形式

研修ドリルは、「Web受験」と「筆記試験」の2つの受験形式があります。
集合研修には筆記試験、オンライン研修にはWeb受験など
ご都合に合わせて受験形式をお選びいただけます。

料金について

研修ドリル
受験料1名:5,000円(税別)※最低申込人数は5名となります。
解 説 講 座
(オプション)
20万円(税別)~
要相談

解説講座とは

研修ドリル受験後に、日経TESTの問題作成に携わっている元新聞記者が、
経済知識を増やす方法、考える力を伸ばす方法について講義を行う有料オプションサービスです。

活用実績・事例

受験者数のべ
330,000

年間受験法人数のべ
320法人

※2022年12月時点

よくある質問

Q. 研修ドリルとはなんですか?

研修ドリルは、『経済知力』の学習を利用目的に日経TESTの半分にあたる50問40分という内容で構成されたテストになります。
また、受験後に問題・解答をお渡しする点も日経TESTとは異なり、振り返り学習が出来る内容になっております。
但し、受験スコアは、「参考スコア」として100問の日経TESTを受験した場合の想定スコアを提示しております。

※法人様のみご提供している商品になります。

Q. 研修ドリルはどのような目的で活用されていますか?

新入社員のビジネス基礎力を養う目的で新入社員研修の一環として導入いただくことが多いです。また、若手中堅層の営業教育としても活用されています。

Q. 解説講座は、どのような受講形式がありますか?

研修の参加形態にあわせて、リアルでの集合型またはオンライン・ライブ形式で実施できるほか、録画済み講義動画を視聴するアーカイブ型の利用も可能です。