「伝わる文章力トレーニング」講座

  • BASIC
  • コミュニケーション
  • マネージャー
  • リーダー
  • 若手
  • グループワーク
  • ベーシック300
  • more

『「分かりやすい説明」の技術』シリーズ(65万部超)の著者に学ぶ

「伝わる文章力トレーニング」講座

一部、認知心理学の視点も加え、誤解なく確実に自分の意図を伝える文章スキルを学びます

検索番号
P1901773
開催日(期間)
2020年1月14日 (火)
定員
48
受講料
45,100円(税抜き41,000円)
申込期間
2019年7月24日(水)~2020年1月10日(金)

同じ講座の開催日程はこちら

受付中講座

「伝わる文章力トレーニング」講座

開催日時

2020年1月14日(火)10:00~17:00

開場9:30、昼食休憩12:30~13:30

会場
丸の内オアゾ (OAZO)丸善3階 日経セミナールーム

プログラム


■10:00~12:30 座学 (スライド使用の講義)
■12:30~13:30 昼食休憩
■13:30~17:00 グループ実習

【座学】10:00~12:30
<基本編>

◆1 分かりにくい文章とは
 事例でチェック! 書き手の意図とは異なる、書き手が想定しない多様な意味・理解・解釈を読み手に伝えてしまう多義表現とは

◆2 分かりやすい文章とは
・文章を書く目的とタイプ
 ~実務文・芸術文/読む義務がある文章・ない文章~
・「斜め読み耐性」のある文章とは
・「ちゃんと書いてあっても」理解されない理由
【クイズ】

<スキル編>
◆3 趣旨をすばやく伝える「構成する技術(スキル)」
・文章構成は基本設計
・「並べ方」と「内容の重み(重要度)」の関係 ~ラベル効果~
・「重要なことは、先に書く」
・主題文と支援文
【試してみよう/「構成」を考える】

◆4 趣旨をスムーズに伝える「センテンスの技術(スキル)」
・適切なセンテンスの長さとは
・「書き手」と「読み手」の本質的なギャップ
 ~悪文は書き手本人には見えない~
・読点で分解する、多義表現を解消する
・知っておいて損しない標準作法
【試してみよう/多義表現の解消法】  

◆5 読む気にさせる「レイアウトの技術(スキル)」
・「耳に読んで聞かせる文字情報」と「目に見せる視覚情報」
・視覚の「一目瞭然力」の特性を活かす

◆6 文章をなめらかにする「推敲の技術(スキル)」
・同音を避ける ~文末・接続詞などに気を配り、スマートな文章に~
・無駄を削る ~その重複語、修飾語、接続詞、語尾は本当に必要か~
・自然な語調にする 
【試してみよう/同音を解消する】

-----------------------------------------------------------------
【グループ実習】13:30~17:00

◆7 グループ実習での文章改善にチャレンジ
・午後は、受講者人数により、5~8個のグループ単位で文章改善を競う

◆8 まとめとQ&A

文章における読み手にとっての「分かりにくさ」は、通常、書き手自身には自覚できない場合がほとんどです。その心理的メカニズムを知るだけでも、文章のそうした分かりにくさを解消できるようになります。「分かりやすい説明」シリーズで著名な講師から、「伝わる文章」のエッセンスを学んでください。特に若手ビジネスパーソンにオススメです。

セミナーの狙い


※事前の告知なく、プログラム内容の一部を変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

文章で自分の意図を人に正確に伝えられる能力は、ビジネスにおける説得・成果のための基本です。
ただし、考えたことを文章化するためには、一定のルールを身につけることが必要です。自己流だけでは、なかなか伝わりません。
伝えるために最も大切なことは「相手の視点」を知ることです。

本講座では一部、認知心理学の視点も加え、誤解なく確実に自分の意図を伝える文章スキルを学びます。理系出身の講師ならではの「文章工学」とでも呼ぶべき論理的な文章術を徹底解説します。
文系出身の講師とは、ひと味違う切り口で文章スキルに迫ります。
また、理論解説だけに終わらず、午後のグループ実習を通じて、実践的な文章術を体感、習得していただきます。
若手ビジネスパーソンや指導する立場のリーダー、マネージャーのご参加をお勧めします。

講師紹介

  • 藤沢 晃治氏(ふじさわ こうじ)

    藤沢 晃治氏(ふじさわ こうじ)

    藤沢晃治オフィス代表、コミュニケーション研究家

    慶應義塾大学卒業。管理工学を専攻し、卒論では、AI(人工知能)をテーマとしてチェスを指すプログラムを作成。大手メーカーでも専攻を活かして、ソフトウェア・エンジニアとして勤務。『「分かりやすい説明」の技術』『「分かりやすい文章」の技術』『「分かりやすい表現」の技術』の3部作のベストセラーなど、講談社・ブルーバックスのシリーズが合計65万部を超える。2005年に退職後、数多くの企業向けの研修で活躍中。「分かりやすく伝える技術」をテーマに、日本テレビ系の教育バラエティ番組『世界一受けたい授業』にも講師として出演。TOEIC900点、英検1級、工業英検1級、通訳ガイド資格(英語)なども持つ。
    3部作のほかに『日本人が英語をモノにする一番確実な勉強法』(三笠書房)、『心を動かすプレゼンの技術』(角川書店)、『頭のいい段取りの技術』(日本実業出版社)、『判断力を強くする』(講談社)など著書多数。
    http://www.fkohji.com/

    開催日時 講師が担当する他の講座
    2020年4月15日 (水) 「伝わる文章力トレーニング」講座
    2020年3月19日 (木) 確実にマスターできる「英語の学び方」
    2020年3月2日 (月) 分かりやすく説明するためのルール
    2020年2月3日 (月) 「分かりやすく見せるためのルール」

免責事項

本講座の内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。
主催者の諸般の事情や、天災地変その他の不可抗力の事態により、本講座の一部あるいは全部を中止させていただく場合がございます。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合は、運営事務局から受講者に対して、本サイトや、電子メールなどで事前に告知します。ただし、事由によっては事前の告知がないことをあらかじめご了承ください。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合、残り期間または残り回数に応じて精算した受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返金します。この場合、返金時の振込手数料は日経が負担します。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などの費用については、日経は補償いたしかねます。

「日経ビジネススクール」運営事務局
TEL 03-6812-8679 FAX 03-6812-8755 
Eメール:nikkei-bs@nex.nikkei.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

≪お申し込み・ご入金について≫
各講座により指定の方法での入金をお願いいたします。
クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。
請求書払いの場合は、日経が指定する銀行口座に全額を現金でお振り込みください。振込手数料は受講申込者でご負担ください。ご入金の締切日は請求書に記載いたします。必ず入金締切日までに入金をお願いします。※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に運営事務局までご連絡ください。

≪解約について≫
やむを得ず解約される場合は、受講開始日の3営業日前の15:00までに、運営事務局までご連絡ください。返金手数料2,000円(税別)を申し受け、ご指定の銀行口座に振り込むことで、返金いたします。それ以降の解約はお受けいたしかねます。
※運営事務局の営業日は、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日となります。

≪注意事項≫
講座のお振り替えはお受けいたしかねます。
講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。
会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
受講者以外の方が待機するスペース等は設けておりません。
お身体の不自由な方など受講にあたってサポートが必要な場合は、お申し込み前に事務局までご連絡ください。なお、会場設備の事情によりご要望をお受けできない場合がございますことをご了承ください。
テーマ
職位・対象
講座の特徴
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 基礎
カテゴリー
キーワード
  • ビジネス解決力

「コミュニケーション」に関連するおすすめの講座

  • ファシリテーション能力開発(会議・問題解決・組織開発・変革)<2回コース>

    激変するビジネス環境において、スピーディーな問題解決と組織開発が求められる中で、ビジネス・リーダーの役割が大きく変わってきています。多様な人材の智恵とやる気を引き出し、ロジカルな問題解決を通じて、納得...続きを読む

  • 理解力・伝達力が高まる図解トレーニング

     図解を活用することで、複雑な情報もシンプルかつ的確に表現することができ、報告書、提案書、企画書等の作成スキルが向上します。また、図解を作成する過程で事象に対する理解度が深まったり、新しい発見も生まれ...続きを読む

  • 1日でわかるビジネス・プレゼンテーション

    すべてのビジネスパーソンが、社内や顧客への説得などのビジネスシーンで「プレゼンテーション」を行うことが日常化しています。また、パワーポイントを活用してプレゼンテーションの計画、デザイン、発表の3つを融...続きを読む