財務3表の「つながり」がわかれば、会計は理解できる! 國貞克則講師の人気講座 会計の基本がわかる・財務諸表マスター講座 会計・財務に苦手意識があるが、理解を深めたいと考えている方を対象としています

【重要なお知らせ】

日経ビジネススクールでは、会場での開催に際して、新型コロナウイルス感染予防対策を行います。必ずご確認のうえお申し込みください。皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。


この講座は会計・財務に苦手意識があるが、理解を深めたいと考えている方を対象としています。損益計算書(P/L)貸借対照表(B/S)キャッシュフロー計算書(C/S)の財務3表を1つのセットにし、3表の数字のつながりをひとつひとつ、つかんでいくことにより、財務諸表の仕組みをマスターします。また、会計の理解が浅いと誤解が生じやすいポイントについても丁寧に解説します。
 講座の内容をマスターすれば、会計に対するアレルギーが軽減し、財務諸表の数字が何を意味するのか、理解が進みます。同時に管理職業務や会計・財務関連業務を行うための土台づくりができます。
 階層・部門を問わず、会計をしっかりと理解し、仕事に活かしたいと考えている方に活用していただきたい講座です。

●講義の内容は、会計の初心者の方でも問題なく理解できますので、安心してご参加ください。「これまで一度も会計の勉強をしたことがなく、少し不安」という方は、拙著『ストーリーでわかる財務3表超入門』(ダイヤモンド社)を事前にお読みいただくと、理解しやすくなると思います。

※電卓をご持参ください。

概要

会計の基本がわかる・財務諸表マスター講座

検索番号
P2002334
開催日時
2020年12月11日(金)10:00~17:00
定員
30
受講料
38,500円(税抜き35,000円)
会場
日本経済新聞社6階 「日経・大手町セミナールーム」(日経カンファレンス&セミナールーム内)
申込期間
2020年10月9日(金)~12月9日(水)

プログラム


時間内容解説
10:00◆Session1 「なぜ財務諸表が理解できないのか?」
1.収支報告書を見る感覚で、財務諸表を見ている
2.財務3表がどのように作られるかが分かっていない
3.財務3表のつながりが分かっていない
「利益」や「剰余金」という現金があるわけではない。P/LとB/Sが必ずしも現金の動きを表しているのではないことを理解する
10:20◆Session2 「決算書の基礎知識」
1.損益計算書(P/L)
2.貸借対照表(B/S)
3.キャッシュフロー計算書(C/S)
4.複式簿記とは何か
財務3表の基本的な構造を理解する
11:10◆Session3 「財務3表のつながりを理解する」
1.会社設立
2.固定資産の取得
3.現金取引と売掛・買掛
4.借入と元本・金利の支払い
5.減価償却・在庫計上
6.税金の計上と支払い
財務諸表の構造や財務分析の比率だけをいくら勉強しても財務諸表は理解できない。財務3表の数字のつながりと、会計のしくみが理解できれば決算書から会社の姿が見えてくる
14:30◆Session4 「純資産の部を理解する」
1.純資産の部
2.資本剰余金と利益剰余金
3.利益準備金と任意積立金
純資産の部と配当の関係、並びに株主資本等変動計算書の内容がわかれば、さらに理解が進む
15:00◆Session5 「財務分析(何を見れば会社の状態が分かるか)」
1.企業にとって大切な4つの数字
2.C/Sを見れば会社の状態が分かる
3.経営分析(どこを見れば会社が分かるのか)
財務3表のどこを見れば会社の状態が読めるかが理解できる
17:00終了 

講師紹介

  • 國貞 克則氏(くにさだ かつのり)

    國貞 克則氏(くにさだ かつのり)

    ボナ・ヴィータ コーポレーション代表取締役

    1983年東北大学工学部機械工学科卒業、神戸製鋼所入社。海外プラント輸出、人事、企画、海外事業企画に従事。96年米国クレアモント大学ピーター・ドラッカー経営大学院でMBA取得。2001年ボナ・ヴィータ コーポレーションを設立して独立。管理職を対象としたリーダー育成研修、わかりやすく会計の仕組みが理解できる会計研修などが得意分野。
     著書に 『書いてマスター!財務3表・実践ドリル』(日本経済新聞出版社)、『財務3表一体理解法』『財務3表図解分析法』『財務3表実践活用法』(以上、朝日新聞出版)『「財務3表」を一体にした勉強法で英文会計も理解できる!The Trilateral Approach』(ゴマブックス)、『現場のドラッカー』(角川新書)等、訳書に『財務マネジメントの基本と原則』(東洋経済新報社)がある。

    開催日時 講師が担当する他の講座
    オンライン講座 財務3表の「つながり」がわかる 財務諸表マスター講座 <オンライン講座>

「日経ビジネススクール」運営事務局

TEL 03-6812-8679 FAX 03-6812-8755  Eメール:nikkei-bs@nex.nikkei.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

免責事項

本講座の内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。
主催者の諸般の事情や、天災地変その他の不可抗力の事態により、本講座の一部あるいは全部を中止させていただく場合がございます。また、受講方法を切り替える場合もございます。(例:ライブ配信・アーカイブ配信から教室受講への切り替え、その逆など)
本講座の一部あるいは全部を中止する場合は、運営事務局から受講者に対して、本サイトや、電子メールなどで事前に告知します。ただし、事由によっては事前の告知がないことをあらかじめご了承ください。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合、残り期間または残り回数に応じて精算した受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返金します。この場合、返金時の振込手数料は日経が負担します。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などの費用については、日経は補償いたしかねます。
受講方法を切り替えた場合でも、受講料金の変更はございません。

≪お申し込み・ご入金について≫
各講座により指定の方法での入金をお願いいたします。
クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。
請求書払いの場合は、日経が指定する銀行口座に全額を現金でお振り込みください。振込手数料は受講申込者でご負担ください。ご入金の締切日は請求書に記載いたします。必ず入金締切日までに入金をお願いします。※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に運営事務局までご連絡ください。
請求書でのお支払いを選択された場合、ご希望の方には領収書を発行いたします。運営事務局までご連絡ください。クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。

≪解約について≫
やむを得ず解約される場合は、受講開始日の3営業日前の15:00までに、運営事務局までご連絡ください。返金手数料2,000円(税別)を申し受け、ご指定の銀行口座に振り込むことで、返金いたします。それ以降の解約はお受けいたしかねます。
※運営事務局の営業日は、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日となります。

≪注意事項≫
講座のお振り替えはお受けいたしかねます。
講義の録音・録画、講義中のPC使用はお断りいたします(PCをご持参いただく講座を除く)。また、講義中の携帯電話のご使用はお断りいたします。
会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
受講者以外の方が待機するスペース等は設けておりません。
お身体の不自由な方など受講にあたってサポートが必要な場合は、お申し込み前に事務局までご連絡ください。なお、会場設備の事情によりご要望をお受けできない場合がございますことをご了承ください。

「会計・財務分析」に関連するおすすめの講座

  • 原価計算と管理会計の基礎知識

    続きを読む

  • 管理会計マスターコースⅠ・Ⅱ

    続きを読む

  • 戦略発想の企業財務と経営分析 <オンライン講座>

    会計は経営の実態を知る(過去・現在)ためだけに止まらず、経営改革の意思決定(将来)にも重要な役割を果たしているのです。会計はビジネスにおけるコミュニケーションツールでもあり、進化する会計基準の理解なく...続きを読む