開催日(期間)
2018年9月21日 (金)
定員
72
受講料
34,560円(税抜き32,000円)
申込期間
2018年4月27日(金)~9月20日(木)

基礎から学ぶマーケティング

開催日時

2018年9月21日(金)10:00~17:00

開場9:30、昼食休憩12:30~13:30

会場
日本経済新聞社6階 「日経・大手町セミナールーム1」(日経カンファレンス&セミナールーム内)

プログラム


◆1.マーケティングとは・・・「全社で考えるべきマーケティングの重要性」
(1)「マーケティング」とは、「顧客」の定義
     ―顧客の創造・維持に関する全ての行動
(2)「戦略」の定義、「価値」とは
     ―顧客の利益は何か

◆2.業種ごとの「マーケティング特性」
(1)「産業財」「消費財」「耐久消費財」「サービス財(金融、運輸、ホテル、外食、レジャー、教育産業、自治体)」の基本特性とマーケティング特性

◆3.3C分析の考え方
(1)市場・顧客分析
     ―情報収集のポイント
(2)自社・競合分析
     ―自社と競合の経営資源の分析
(3)市場分析のポイント
     ―要因と結果を分析する
(4)SWOT分析
     ―強み、弱みの比較要素
(5)成熟市場での3C分析
     ―新規市場、成熟市場は分けて考える
(6)グローバル企業の市場分析方法
     ―3Cのほかにおさえるべきポイント

◆4.「顧客」と「ターゲット市場」の選定
(1)「顧客」を決定する
     ―誰に売れば儲かるのか
(2)マーケティングの切り口
     ―自社商品の分析方法
(3)市場の細分化「セグメンテーション」の実例

◆5.4P戦略「自社の価値の最大化」
(1)商品戦略
     ―顧客の直接メリットをどう創造するか
(2)価格戦略
     ―売れる価格をどう出すか
(3)流通戦略
     ―チャネル選定のポイントとは
(4)販売促進戦略
     ―正確に、迅速に、優先順位をつけて価値を伝達

セミナーの狙い


「マーケティング思考」の習得は、いまや全社員に求められる時代です。まず自社と他社の分析を行い、自社のどの部分が最大価値を生むのかを確認し、その最大価値を生かす実践策を練り上げ、戦術を実行に移すフローを全社的に行うことにより、同業他社に差をつけることができるのです。

本セミナーでは、
(1)事例を交えたマーケティングの基礎(おさえるべき基本用語、戦略理論、原則など)
(2)ビジネスに不可欠なマーケティングの切り口についてのヒント
(3)戦略から戦術へのマーケティングの流れとその実践策

について学びます。

「日本経済新聞(朝刊)」「日経MJ(流通新聞)」「日経産業新聞」の掲載記事を副教材として活用します。

本講座は、新人の方やマーケティング部門の新任の方のみならず、全社のビジネスパーソンが「マーケティング思考」を習得するために最適なセミナーです。また、「ビジネス知力」を診断・育成する「日経TEST」の受験準備講座、フォローアップ講座としてもご活用ください。

講師紹介

備考

※恐れ入りますが、お振り替えはお受けいたしかねますので、あらかじめご了承願います。
※講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
※本セミナーの内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。また主催者により、開催を中止させていただく場合があります。あらかじめご了承願います。

免責事項

本講座の内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。
主催者の諸般の事情や、天災地変その他の不可抗力の事態により、本講座の一部あるいは全部を中止させていただく場合がございます。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合は、運営事務局から受講者に対して、本サイトや、電子メールなどで事前に告知します。ただし、事由によっては事前の告知がないことをあらかじめご了承ください。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合、残り期間または残り回数に応じて精算した受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返金します。この場合、返金時の振込手数料は日経が負担します。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などの費用については、日経は補償いたしかねます。

「日経ビジネススクール」運営事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F
(株)日経ピーアール内
TEL:03-6812-8679 FAX:03-6812-8755
Eメール:nikkei-bs@nikkeipr.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

≪お申し込み・ご入金について≫
各講座により指定の方法での入金をお願いいたします。
クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。
請求書払いの場合は、日経が指定する銀行口座に全額を現金でお振り込みください。振込手数料は受講申込者でご負担ください。ご入金の締切日は請求書に記載いたします。必ず入金締切日までに入金をお願いします。※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に運営事務局までご連絡ください。

≪解約について≫
やむを得ず解約される場合は、受講開始日の3営業日前の15:00までに、運営事務局までご連絡ください。返金手数料2,000円(税別)を申し受け、ご指定の銀行口座に振り込むことで、返金いたします。それ以降の解約はお受けいたしかねます。
※運営事務局の営業日は、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日となります。

≪注意事項≫
講座のお振り替えはお受けいたしかねます。あらかじめご了承ください。
講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
テーマ
職位・対象
講座の特徴
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 基礎
  • 実践
カテゴリー
キーワード
  • マーケティングポジション
  • マーケティング戦略
  • マーケティング特性

「マーケティング・企画」に関連するおすすめの講座

  • 【夏季集中特講】基礎から学ぶマーケティング <2回コース>

    「マーケティング思考」の習得は、いまや全社員に求められています。まず自社と他社の分析を行い、自社のどの部分が最大価値を生むのかを確認し、その最大価値を生かす実践策を練り上げ、戦術を実行に移すフローを全...続きを読む

  • ビジネス・仕事の質を高める「企画・発想力トレーニング講座」 <40名限定/2回コース>

    「アイデア・企画を量産し、伝えて、実現する」仕組みは、一定の方法により誰でも実践できます。基礎講座ではアイデア発想の基本方法を学ぶと共に、そのアイデアがきちんとビジネスとして成立するかどうかの視点も持...続きを読む

  • 【演習付】情報整理の達人になる「図解思考の技術」

    「図解思考」は、シンプルな「図」を頭に描きながら、情報整理、理解するテクニックです。多くのビジネスパーソンが「情報をうまくまとめられない、伝えられない」という悩みを持っていますが、この「図解思考」を身...続きを読む