分かりやすく説明するためのルール

  • BASIC
  • コミュニケーション
  • マネージャー
  • リーダー
  • 新任
  • 若手
  • ベーシック300
  • more

−『「分かりやすい説明」の技術』シリーズ(三部作、65万部超)の著者に学ぶ−

分かりやすく説明するためのルール

プレゼンや報告、ビジネストークなど全ての口頭説明に

開催日(期間)
2019年3月4日 (月)
定員
64
受講料
32,400円(税抜き30,000円)
申込期間
2018年10月31日(水)~2019年3月1日(金)

同じ講座の開催日程はこちら

受付中講座

分かりやすく説明するためのルール

開催日時

2019年3月4日(月)13:00~16:30

開場12:30

会場
丸の内オアゾ (OAZO)丸善3階 日経セミナールーム

プログラム



<基礎編>
◆1.分かりにくい説明とは 〜事例でチェック!
 ・分かりにくいアナウンス
 ・解釈不能なメッセージ
 ・目に付かないソーシャル・サイン
  【クイズ】

◆2.分かりやすい説明とは
 ・冒頭で「要点(ポイント)」を説明する 〜結論を先に話す効用は〜
 ・ゆっくりと「しみいる」ように話す 〜「早く」説明することのデメリット〜
 ・ポイントを話した後に「間」を置く 〜「間」で説得力を高める〜

<フレームワーク編>
◆3.『「分かる」を科学する』
 ・説明者の責任範囲
 ・意味の伝達タイプの説明」と「説得タイプの説明」の違い
 ・「分かる」は「分ける」
 ・脳の「短期記憶」「長期記憶」
  〜相手の「脳内関所(短期記憶)」を通過させ、「脳内図書館(長期記憶)」に保管してもらう

◆4.「分かりやすく」するために情報発信者(説明者)が準備すべき5つのポイント
 ・情報の分解/構造の推定/理解のゴールの設定/差分の理解/論理性のチェック 

<ルール編>
◆5.説明ルール1「視界ギャップに気づけ!」
 ・「説明者」と「聞き手」の本質的なギャップ(視界ギャップ)
  〜何がわからないか、わからない
 ・視界ギャップ対策 〜聞き手のタイムラグを活用する〜
  【試してみよう/視界ギャップを改善する】
  【クイズ】

◆6.説明ルール2「聞き手の脳に注ぎ入れよ!」
 ・「自分(説明者)の理解の速度>聞き手の理解の速度」を意識する
 ・「注ぎ入れる」ための3つのコツ
  【試してみよう/ダラダラ調を改善する】
  【クイズ】

◆7.説明ルール3「理解のゴールでイメージさせよ!」
 ・「完成図」があるからこそ、理解が進む
 ・聞き手の「ジグソーパズル」を完成させるサポーターになる
  【試してみよう/分かりやすく話すために改善する】
  【クイズ】

◆8.説明ルール4「比喩でイメージさせよ!」
 ・説明対象の特徴を箇条書きする
 ・聞き手が詳しい分野を知る
 ・関係が似ているものに喩える
  【試してみよう/何かに喩えて印象を強めてみる】
  【クイズ】

◆9.説明ルール5「正しい根拠で話せ!」
 ・「論理的な主張」と「非論理的な主張」
 ・「説得力の阻害要因:根拠不備の三つのタイプ」
  【試してみよう/怪しげな主張を、正しい根拠で補強する】
  【クイズ】

◆10.Q&A

 「分かりにくさ(伝わりにくさ)」は「相手にとっての分かりにくさを自覚できない自分」に問題がある場合がほとんどです。
 『「分かりやすい説明」の技術』シリーズで著名な講師から、「伝わる説明力」のエッセンスを学んでください。
  特に若手ビジネスパーソンにオススメの新企画です。

セミナーの狙い



 本講座は受講者による発表、実習などを含まない、講義中心の講座です。但し、参加者のペアによる簡単なロールプレイ演習が随所に用意されています。ロールプレイによって講義で紹介された各テクニックを確認、体感していただきます。
    
 本講座は一部、認知心理学の視点も加え、誤解なく確実に自分の意図を口頭説明するスキルを紹介します。ビジネスにおいて、自分の意図を正確に口頭説明することは、相手を効果的に説得するためには不可欠です。相手を自分の希望通りに動かすための第一歩と言えるでしょう。
    
 ただし、相手に伝わるように分かりやすく話すには一定のルールをマスターすることが必要です。自己流だけではなかなか上達しません。基本ルールを習得できれば、営業でのプレゼンテーション、社内での説明(上司・部下・会議)、顧客への提案など、幅広く応用できる「魔法の杖」を手に入れたようなものです。
   
 初級スキルを習得するセミナーですので、中級、上級スキルを求める方にはお勧めしません。ただし、初級スキルの表面的知識だけは知っていても、実践できていない方が中級者、上級者にも多いのが実情です。初級スキルの裏付けとなっている心理学的背景を知らない方も多いからです。
   
 本講座では、初級スキルの裏付けである心理学的側面も丁寧に解説致します。ですので、初級スキルをまだまだ実践できずに悩んでいる中級者、上級者の方にもお勧めいたします。

講師紹介

免責事項

本講座の内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。
主催者の諸般の事情や、天災地変その他の不可抗力の事態により、本講座の一部あるいは全部を中止させていただく場合がございます。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合は、運営事務局から受講者に対して、本サイトや、電子メールなどで事前に告知します。ただし、事由によっては事前の告知がないことをあらかじめご了承ください。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合、残り期間または残り回数に応じて精算した受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返金します。この場合、返金時の振込手数料は日経が負担します。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などの費用については、日経は補償いたしかねます。

「日経ビジネススクール」運営事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F
株式会社日経イベント・プロ内 
TEL 03-6812-8679 FAX 03-6812-8755 
Eメール:nikkei-bs@nex.nikkei.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

≪お申し込み・ご入金について≫
各講座により指定の方法での入金をお願いいたします。
クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。
請求書払いの場合は、日経が指定する銀行口座に全額を現金でお振り込みください。振込手数料は受講申込者でご負担ください。ご入金の締切日は請求書に記載いたします。必ず入金締切日までに入金をお願いします。※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に運営事務局までご連絡ください。

≪解約について≫
やむを得ず解約される場合は、受講開始日の3営業日前の15:00までに、運営事務局までご連絡ください。返金手数料2,000円(税別)を申し受け、ご指定の銀行口座に振り込むことで、返金いたします。それ以降の解約はお受けいたしかねます。
※運営事務局の営業日は、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日となります。

≪注意事項≫
講座のお振り替えはお受けいたしかねます。あらかじめご了承ください。
講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
講座のお振り替えはお受けいたしかねます。
講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、受講者以外の方が待機するスペース等は設けておりません。
お身体の不自由な方など受講にあたってサポートが必要な場合は、お申し込み前に事務局までご連絡ください。なお、会場設備の事情によりご要望をお受けできない場合がございますことをご了承ください。
テーマ
職位・対象
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 基礎
カテゴリー

「コミュニケーション」に関連するおすすめの講座

  • ファシリテーション能力開発(会議・問題解決・組織開発・変革)【基礎編(40名限定)】

    激変するビジネス環境において、スピーディーな問題解決と組織開発が求められる中で、ビジネス・リーダーの役割が大きく変わってきています。多様な人材の智恵とやる気を引き出し、ロジカルな問題解決を通じて、納得...続きを読む

  • 分かりやすく説明するためのルール

     本講座は受講者による発表、実習などを含まない、講義中心の講座です。但し、参加者のペアによる簡単なロールプレイ演習が随所に用意されています。ロールプレイによって講義で紹介された各テクニックを確認、体感...続きを読む

  • 伝わる・通じる文章を書く5つの力

    日本語の文章にもかかわらず、何が言いたいのか分からない。文法や論理は正確でも、内容に納得感がなく、次のアクションにつながらない――。文章という基本的な表現方法でありながらこのような指摘を受け、苦手意識...続きを読む