原価計算と管理会計の基礎知識

  • BASIC
  • 経営・マネジメント
  • マネージャー
  • リーダー
  • 経営幹部
  • 次世代幹部
  • 部長
  • 課長
  • 事業部長
  • ベーシック300
  • more

~マネジメントに活用する損益分岐点分析の基本~

原価計算と管理会計の基礎知識

営業や事業企画など幅広い部門で活用できる、原価計算の基本からコスト構造の把握方法を学び、マネジメント、経営に役立てる原価管理、管理会計の基本を事例を通じて学びます

開催日(期間)
2018年4月25日 (水)
定員
64
受講料
34,560円(税抜き32,000円)
申込期間
2017年12月4日(月)~2018年4月24日(火)

原価計算と管理会計の基礎知識

開催日時

2018年4月25日(水)10:00~17:00

開場9:30、昼食休憩12:30〜13:30

会場
丸の内オアゾ (OAZO)丸善3階 日経セミナールーム

プログラム


◆1.イントロダクション
(1)原価計算と管理会計の関係
(2)コストマネジメントはなぜ必要か?
 【事例検討1】自社製造とアウトソーシングのどちらが有利か
(3)なぜコストは下がらないのか?
(4)管理会計の基本的な考え方

◆2.原価のしくみを理解する~変動費と固定費
(1)原価の構造的な理解
(変動費と固定費、見た目からの分解)
(2)変動費と固定費を分けると何が見えるか
(3)具体的な分解方法
 【事例研究2】A社、B社、C社の変動費と固定費の分解
(4)直接原価計算の仕組み

◆3.業種ごとの原価計算
(1)メーカー
 【事例検討3】メーカーA社の原価計算
(3)サービス業
 【事例検討4】サービス業B社の原価計算
(3)小売業
 【事例検討5】小売業C社の原価計算

◆4.よくわかる損益分岐点分析(CVP分析)
(1)損益分岐点とは何か
(2)損益分岐点分析の具体的な手法
(3)アウトソーシングはコスト削減につながるか
   ~CVP分析から見る現在の経済環境下における企業の問題点

◆5.原価計算の基本
(1)原価の配賦と計算のしかた
(2)原価計算の基本的な流れ
 【事例検討6】 この製品の原価はいくらか?
(3)材料費、労務費、経費の計算方法
 【事例検討7】1個1500円と10個5000円ではどちらを購入すべきか
(4)製造間接費とは何か

◆6.標準原価計算の基礎と活用法
(1)標準原価計算とは目標を持つこと
(2)目標管理の導入がコスト削減につながる
(3)ムダの原因分析によるコスト削減
(4)標準原価計算を負担なく導入するには


◆7.原価計算と管理会計で何が見えてくるか
(1)標準原価計算とは目標を持つこと
(2)目標管理の導入がコスト削減につながる
(3)ムダの原因分析によるコスト削減
(4)ABC(活動基準原価計算)は原因からコストを見るアプローチ
 【事例検討8】標準原価計算の導入効果は

セミナーの狙い


 景気回復のはっきりとした兆しが見えず、円高による収益の目減りが進む不透明な経済環境のなかで、収益性を改善する王道は、原価のしくみを把握し、マネジメントしていくことです。企業内のコスト構造をしっかりと把握することで、収益との関係が明確になり、利益を生み出すためには何をすればいいのかが、打ち手が導き出せます。メーカー向けと思われる原価計算ですが、マネジメントの立場からは、小売業やサービス業など幅広い業種で活用できます。

 この講座では、原価計算の基本からコスト構造の把握方法を学び、マネジメント、経営に役立てる原価管理、管理会計とはどのようなものなのかを事例を通じて学んでいきます。経理だけでなく、営業や事業企画など幅広い部門で活用いただけるよう、基本事項からていねいに解説します。皆様のご参加をお待ちしております。

免責事項

本講座の内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。
主催者の諸般の事情や、天災地変その他の不可抗力の事態により、本講座の一部あるいは全部を中止させていただく場合がございます。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合は、運営事務局から受講者に対して、本サイトや、電子メールなどで事前に告知します。ただし、事由によっては事前の告知がないことをあらかじめご了承ください。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合、残り期間または残り回数に応じて精算した受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返金します。この場合、返金時の振込手数料は日経が負担します。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などの費用については、日経は補償いたしかねます。

「日経ビジネススクール」運営事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F
(株)日経ピーアール内
TEL:03-6812-8679 FAX:03-6812-8755
Eメール:nikkei-bs@nikkeipr.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

≪お申し込み・ご入金について≫
各講座により指定の方法での入金をお願いいたします。
クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。
請求書払いの場合は、日経が指定する銀行口座に全額を現金でお振り込みください。振込手数料は受講申込者でご負担ください。ご入金の締切日は請求書に記載いたします。必ず入金締切日までに入金をお願いします。※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に運営事務局までご連絡ください。

≪解約について≫
やむを得ず解約される場合は、受講開始日の3営業日前の15:00までに、運営事務局までご連絡ください。返金手数料2,000円(税別)を申し受け、ご指定の銀行口座に振り込むことで、返金いたします。それ以降の解約はお受けいたしかねます。
※運営事務局の営業日は、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日となります。

≪注意事項≫
講座のお振り替えはお受けいたしかねます。あらかじめご了承ください。
講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。

「経営・マネジメント」に関連するおすすめの講座

  • ビジネスに必要な経営環境/市場環境分析・予測ノウハウ

     このセミナーは、ビジネスの現場で活躍する方々に、未来を予測するための具体的な方法を提示・解説することを目的としています。 今回学ぶ重要なポイントは3つです。 第1に、ビジネスパーソンは、すぐれた「予...続きを読む

  • 経営の視点からの人事労務知識

    「働き方改革」は「働かせ方改革」でもあります。経営としては、社員にどのように働いてもらえるか(働かせるか)を考えて、これを人事制度にしていきます。多様な働き方が求められる中では、自社としての働き方の意...続きを読む

  • 事業経営に必要な会計財務数値の読み方と活用法

    経営環境がめまぐるしく変化するなかで、企業経営を担う会社役員や経営幹部の皆様には、投資効率を意識しながらも、持続的な利益成長をめざす経営が求められています。 自社の事業の現状と課題を認識し、将来に向け...続きを読む