若手リーダーが身につけたいマネジメント知識と思考法

  • BASIC
  • 経営・マネジメント
  • マネージャー
  • リーダー
  • ベーシック300
  • more

「ビジネス書(「1分間ドラッカー」など)」 累計200万部以上の著者に学ぶ!

若手リーダーが身につけたいマネジメント知識と思考法

今求められる6つの上司力について、エッセンスのみを解説します。講師は「一分間ドラッカー」をはじめ、「戦略思考」「論理力」などで100冊以上の著書がある西村克己さん(ナレッジクリエイト代表取締役)です。

開催日(期間)
2018年5月9日 (水)
定員
64
受講料
34,560円(税抜き32,000円)
申込期間
2017年12月21日(木)~2018年5月8日(火)

同じ講座の開催日程はこちら

受付中講座

若手リーダーが身につけたいマネジメント知識と思考法

開催日時

2018年5月9日(水)10:00~17:00

開場9:30、昼食休憩12:30〜13:30

会場
丸の内オアゾ (OAZO)丸善3階 日経セミナールーム

プログラム



1.「タイムマネジメント力」を高めて、自分の仕事を素早く片付ける
  ・周囲から期待される役割変化と3つのスキル
  ・明日の準備、未来の準備のために今日の時間を使おう
  ・重要性と緊急性で仕事の優先順位を付けよう
  ・明日の準備のために効果的な15%ルール
  ・短時間でできる仕事をため込まない
  ・納期管理よりもプロセス管理を重視しよう
  ・自分で前倒しの納期を決める
  ・1日3分割法、1日4分割法でメリハリを付ける
  ・「ダラリの法則」で、ムリ・ムダ・ムラを発見しよう
  ・ECRSで改革・改善のアイデアを出す
  ・がんばりの量よりアウトプット量を増やす
  ・アウトプットリストを先に作成する
  ・スピードでメリハリを付ける

2.「戦略力」で「進む道」を示す
  ・戦略と戦術を区別することが第一歩
  ・日本企業はなぜ技術で勝って経営で負けるのか
  ・戦略思考とオペレーショナル思考
  ・成長戦略とは撤退と新規の新陳代謝の継続
  ・ドメイン(事業領域)は多角化しやすい定義にする
  ・コアコンピタンスを活かして他社と差別化する
  ・ブランド戦略の本質は高くても売れる戦略
  ・戦略のフレームワーク3C
  ・戦略の定石3S(選択―差別化―集中)
  ・戦略分析にSWOT分析を使う
  ・重点課題作成に便利なクロスSWOT分析

3.「プロジェクト力」で現状を打破する
  ・プロジェクトと既存組織との決定的な違い
  ・プロジェクトが上手くいかない原因
  ・プロジェクトのライフサイクル
  ・純プロジェクト組織とマトリックス組織
  ・プロジェクトオーナーの明確化
  ・コミュニケーションチャネルの明確化
  ・マイルストーンの活用
  ・作業計画はWBSで作成する
  ・WBS(ワークブレークダウンストラクチャ)の作成方法
  ・プロジェクト組織体制
  ・リスクマネジメント

4.「優位脳」を分析して「コミュニケーション力」をアップする
  ・人間関係の悩みを増幅させる価値観の違い
  ・自己理解チェックシート(自分の思考のクセを発見)
  ・ハーマンモデルが提唱する4つの価値観
  ・4つのタイプの特徴とコミュニケーションのクセ
  ・異なるタイプとのつき合い方
  ・ドラマやアニメにおける4つのタイプ分け
  ・優位脳の法則を人間関係に活用しよう

5.「リーダーシップ力」でメンバーの力を引き出し、成果をあげる
  ・共通の価値観やルールを共有化する
  ・ホウレンソウはコミュニケーションの基本
  ・ペイオフマトリックスで仕事の優先順位を付ける
  ・自責の問題(自分が責任者)として仕事に取り組む
  ・部下にも自責の問題として仕事に取り組ませる
  ・アイデア出しと評価を分離して部下が参画できる会議をする
  ・ノットアグリー・バット・コミットメントを徹底する
  ・「君ならどうする?」と部下に問いかけて考えさせる
  ・フレーム効果を正しく使う
  ・小さいことにくよくよしないための考え方

6.「ロジカル・シンキング」で思考力を高める
  ・論理的と非論理的の違い
  ・死角をなくすために「マクロからミクロへ」考える
  ・ミッシー(モレやダブリがない状態)で全体を把握する
  ・ミッシーで全体像を把握したら優先順位を付ける
  ・フレームワークで全体をシンプルに定義する
  ・大切なことは3つにまとめる
  ・説得に便利なピラミッドストラクチャ
  ・ピラミッドストラクチャを使ったスピーチ
  
【演習】3分間スピーチ
 ※思ったより簡単で気楽な演習です(話すのも聞くのも楽しい演習です)

セミナーの狙い



 スピード化と激しい変化が「上司像」を変えています。これまでのやり方や考え方、スキル・ノウハウだけでは通用しない環境下で、次々に起こる複雑な課題にスピーディに「答」を出していく必要があります。
 また、現場の第一線を担うリーダーとして、自身・チームの成果を問われると同時に、メンバー(部下)の育成にも責任を持たなくてはなりません。業績向上と部下の成長を同時に達成していくアプローチが求められます。
 本セミナーは、今求められる6つの上司力について、役立つエッセンスを解説します。講師は「一分間ドラッカー」をはじめ、「戦略思考」「論理力」などで100冊以上の著書がある西村克己さん(ナレッジクリエイト代表取締役)です。
 課長・係長・主任など若手リーダーの方のご参加をオススメします。

講師紹介

備考

※恐れ入りますが、お振り替えはお受けいたしかねますので、あらかじめご了承願います。
※講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
※本セミナーの内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。また主催者により、開催を中止させていただく場合があります。あらかじめご了承願います。

免責事項

本講座の内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。
主催者の諸般の事情や、天災地変その他の不可抗力の事態により、本講座の一部あるいは全部を中止させていただく場合がございます。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合は、運営事務局から受講者に対して、本サイトや、電子メールなどで事前に告知します。ただし、事由によっては事前の告知がないことをあらかじめご了承ください。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合、残り期間または残り回数に応じて精算した受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返金します。この場合、返金時の振込手数料は日経が負担します。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などの費用については、日経は補償いたしかねます。

「日経ビジネススクール」運営事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F
(株)日経ピーアール内
TEL:03-6812-8679 FAX:03-6812-8755
Eメール:nikkei-bs@nikkeipr.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

≪お申し込み・ご入金について≫
各講座により指定の方法での入金をお願いいたします。
クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。
請求書払いの場合は、日経が指定する銀行口座に全額を現金でお振り込みください。振込手数料は受講申込者でご負担ください。ご入金の締切日は請求書に記載いたします。必ず入金締切日までに入金をお願いします。※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に運営事務局までご連絡ください。

≪解約について≫
やむを得ず解約される場合は、受講開始日の3営業日前の15:00までに、運営事務局までご連絡ください。返金手数料2,000円(税別)を申し受け、ご指定の銀行口座に振り込むことで、返金いたします。それ以降の解約はお受けいたしかねます。
※運営事務局の営業日は、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日となります。

≪注意事項≫
講座のお振り替えはお受けいたしかねます。あらかじめご了承ください。
講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
テーマ
職位・対象
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 基礎
カテゴリー
キーワード
  • コミュニケーション力
  • タイムマネジメント
  • プロジェクトマネジメント
  • リーダーシップ力
  • ロジカル思考

「経営・マネジメント」に関連するおすすめの講座

  • ビジネスに必要な経営環境/市場環境分析・予測ノウハウ

     このセミナーは、ビジネスの現場で活躍する方々に、未来を予測するための具体的な方法を提示・解説することを目的としています。 今回学ぶ重要なポイントは3つです。 第1に、ビジネスパーソンは、すぐれた「予...続きを読む

  • 経営の視点からの人事労務知識

    「働き方改革」は「働かせ方改革」でもあります。経営としては、社員にどのように働いてもらえるか(働かせるか)を考えて、これを人事制度にしていきます。多様な働き方が求められる中では、自社としての働き方の意...続きを読む

  • 事業経営に必要な会計財務数値の読み方と活用法

    経営環境がめまぐるしく変化するなかで、企業経営を担う会社役員や経営幹部の皆様には、投資効率を意識しながらも、持続的な利益成長をめざす経営が求められています。 自社の事業の現状と課題を認識し、将来に向け...続きを読む