ビジネス成果に貢献する「企業内人材開発・育成」の進め方

  • BASIC
  • 人事・労務・総務
  • マネージャー
  • リーダー
  • 中堅
  • 若手
  • グループワーク
  • 昼食付き
  • 女性講師
  • ベーシック300
  • more

【実際に企業の人材開発担当者でもある講師が解説!】 教育・研修担当、ラインの上司の実践講座

ビジネス成果に貢献する「企業内人材開発・育成」の進め方

本セミナーは、本セミナーは、実際に企業の人事・人材開発部門に十数年在籍した経験に基づき人材開発コンサルティングに携わる講師が、ビジネス成果に貢献する人材開発の進め方と担当者に求められるスキル・ノウハウを、自身の実践・経験や事例を交え具体的に解説します。自社の人材開発方針を策定する方向けに、人材開発企画関連フォームサンプル付き。

開催日(期間)
2018年5月22日 (火)
定員
72
受講料
34,560円(税抜き32,000円)
申込期間
2018年1月15日(月)~5月21日(月)

ビジネス成果に貢献する「企業内人材開発・育成」の進め方

開催日時

2018年5月22日(火)10:00~17:00

開場9:30 、昼食休憩12:30~13:30

会場
日本経済新聞社6階 「日経・大手町セミナールーム1」(日経カンファレンス&セミナールーム内)

プログラム

プロローグ:企業における人材開発とは
・多くの教育・研修担当者や現場OJTリーダーが抱える問題
・学ぶきっかけ作り、実践する場作り、継続するしくみ作り

1.人材開発の「しくみ化」
(1)必要な人材を明確にする(人材像・人材要件・目指すレベルなど)
(2)現状のレベルを把握し、強化ポイントを明確にする(人材能力の見える化)
(3)最適な育成手段を用意する(集合研修、e-Learning等のカリキュラム設計)
(4)育成手段を効果的に実行する(組織への据え付け、個人への動機付け、OJT支援)
(5)人材開発効果を測定する(KPI設定、カークパトリックモデル)
(6)PDCAを回しながら(1)〜(5)を継続する
【演習】「自社の「人材開発・育成のしくみの現状」をチェックシートで診断する」
    「何ができていて、何が不足しているのか整理し、改善点を考える」
2.必要な人材を明確にする
(1)自社(自部門)は何を目指しているのか?(経営ビジョン・経営戦略・事業戦略)
(2)求められる人材像・人材要件の考え方(知識・スキル・マインド)

3.現状レベルを把握し、強化ポイントを明確にする
(1)現状のレベルを把握するための手段(アセスメントのしくみ)
(2)強化ポイントの考え方(短期的・中長期的)

4.最適な育成手段を用意する
(1)教育体系の作り方(階層教育、専門教育、部門内教育)
(2)目的に合った手段を選ぶ(集合研修・e-Learningなど)
(3)教育プログラムの企画・設計の流れとポイント
(インストラクショナルデザインなど)
 
【演習】「自社の教育プログラムの企画・設計の流れを、チェックシートで振り返る」
    「何ができていて何が不足しているのか整理し、改善点を考える」

5.育成手段を効果的に実行する
(1)組織への据え付け(現場トップマネジメントや上長の理解と協力の重要性)
(2)個人への動機付け(キャリアプラン支援、キャリアパス明示、場の提供、評価/任用など)
(3)現場OJTリーダーに求められる能力(コーチング、カウンセリング、モチベーションマネジメントなど)
(4)教育プログラムの実行・フォローの流れとポイント
 
【演習】「自社の教育プログラムの実行・フォローの流れを、チェックシートで振り返る」
    「何ができていて何が不足しているのか整理し、改善点を考える」

6.人材開発効果を測定する
(1)効果測定手法(KPI設定、カークパトリックモデル)
(2)社内で「効果測定」を共有するノウハウ(レビューのポイント)
(3)レビュー結果の活かし方(次へつなげる活動のポイント)
【演習】「現状の効果測定の取り組みを振り返る」
    「何ができていて何が不足しているのか整理し、改善点を考える」

7.人材開発のしくみを継続的に回す
(1)プロセスを定義して明示する
(2)人材開発を支えるインフラを構築・活用する
(スキルアセスメントシステム、キャリア開発支援システム、受講管理システムなど)
(3)企業事例紹介

8.まとめとQ&A

セミナーの狙い

厳しいビジネス環境において、改めて「人材」が企業の競争力の重要な要素として見直されています。 製品やサービスそのものでの差別化が難しくなるなかで、競争に打ち勝ち、ビジネス成果を獲得し、企業の持続的成長を確保するには「人材」の強化が不可欠です。そのために、パフォーマンス高い人材を継続的に確保する「人材開発・育成のしくみ」が、ますます求められています。一方で、教育・研修担当者の経験が浅い、総務・人事と兼務で時間がとれないなど、「人材開発・育成のしくみ」が十分でない企業も多いのが現実です。
本セミナーは、実際に企業の人事・人材開発部門に十数年在籍した経験に基づき人材開発コンサルティングに携わる講師が、ビジネス成果に貢献する人材開発の進め方と担当者に求められるスキル・ノウハウを、自身の実践・経験や事例を交え具体的に解説します。また、個人・グループ演習も交え、受講者同士で互いの知恵やヒントを交換し、明日に向けてのモチベーションを高めていただきます。

●受講対象は「社員教育を担当する立場になった方」「部下を持って育成する立場になった方」です。
●会場にお弁当をご用意します。

配布資料:(1)オリジナルテキスト
     (2)人材開発企画関連フォームサンプル(PowerPoint・Word)

備考

※恐れ入りますが、お振り替えはお受けいたしかねますので、あらかじめご了承願います。
※講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
※本セミナーの内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。また主催者により、開催を中止させていただく場合があります。あらかじめご了承願います。

免責事項

本講座の内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。
主催者の諸般の事情や、天災地変その他の不可抗力の事態により、本講座の一部あるいは全部を中止させていただく場合がございます。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合は、運営事務局から受講者に対して、本サイトや、電子メールなどで事前に告知します。ただし、事由によっては事前の告知がないことをあらかじめご了承ください。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合、残り期間または残り回数に応じて精算した受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返金します。この場合、返金時の振込手数料は日経が負担します。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などの費用については、日経は補償いたしかねます。

「日経ビジネススクール」運営事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F
(株)日経ピーアール内
TEL:03-6812-8679 FAX:03-6812-8755
Eメール:nikkei-bs@nikkeipr.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

≪お申し込み・ご入金について≫
各講座により指定の方法での入金をお願いいたします。
クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。
請求書払いの場合は、日経が指定する銀行口座に全額を現金でお振り込みください。振込手数料は受講申込者でご負担ください。ご入金の締切日は請求書に記載いたします。必ず入金締切日までに入金をお願いします。※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に運営事務局までご連絡ください。

≪解約について≫
やむを得ず解約される場合は、受講開始日の3営業日前の15:00までに、運営事務局までご連絡ください。返金手数料2,000円(税別)を申し受け、ご指定の銀行口座に振り込むことで、返金いたします。それ以降の解約はお受けいたしかねます。
※運営事務局の営業日は、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日となります。

≪注意事項≫
講座のお振り替えはお受けいたしかねます。あらかじめご了承ください。
講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
テーマ
職位・対象
講座の特徴
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 基礎
カテゴリー

「人事・労務・総務」に関連するおすすめの講座

  • 人件費と要員配置適正化のための考え方とステップ

    組織において、人件費と要員配置の改善・効率化が大きな命題となっています。人件費の高止まりと労働生産性の低迷が続く中、組織パフォーマンスを高めるためには、戦略的人材マネジメントを実践することが必要です。...続きを読む

  • 定年退職者・再雇用者の年金・社会保険のしくみと手続き

    定年退職者の増加に加え、改正高年齢者雇用安定法施行により60歳以降の雇用形態が多様化、働き方の選択肢も増えました。それに伴い、社会保険と年金制度も複雑化しています。そのため、それらの仕組みや手続きを定...続きを読む

  • 基礎から学ぶ社会保険の仕組みと実務

    会社が取り扱う社会保険(健康保険、厚生年金、労災保険、雇用保険)は幅広く、手続き・事務内容が複雑です。確実で素早い実務処理のためには内容・制度・しくみを正しく理解する必要があります。本セミナーでは、社...続きを読む