英語学習のモチベーションに火をつける!「右脳型英語学習法」<平日半日コース>

  • BASIC
  • ビジネス英語・語学
  • マネージャー
  • リーダー
  • 経営幹部
  • 新任
  • 部長
  • 課長
  • 中堅
  • 若手
  • 新入社員
  • グループワーク
  • 女性講師
  • ベーシック300
  • more

日経ビジネススクール×グローバル・エデュケーション コラボレーションセミナー

英語学習のモチベーションに火をつける!「右脳型英語学習法」<平日半日コース>

本講座は、日常生活に英語学習を組み込み、無理なく自立的に英語を学習できることを目指します。右脳で楽しみながら英語力を向上させるための「モチベーション」、「ストラテジー」、「ツール」を身につけ、英語学習を自分のスタイルに合わせてカスタム化し、継続学習する方法を学びます。

開催日(期間)
2018年5月23日 (水)
定員
64
受講料
32,400円(税抜き30,000円)
申込期間
2017年12月25日(月)~2018年5月22日(火)

英語学習のモチベーションに火をつける!「右脳型英語学習法」<平日半日コース>

開催日時

2018年5月23日(水)13:00~17:30

開場時間12:30

会場
丸の内オアゾ (OAZO)丸善3階 日経セミナールーム

プログラム

スキマ時間を使って自発的な英語学習の習慣化を実現する。

1.英語学習を取り巻く環境を考える
あなたはどんな理由から英語を学びたい、または学ぶ必要性を感じていますか?

2.モチベーションのイメージ化
「本当の理由」「隠された理由」「無意識な憧れ」ありませんか?

3.「右脳型」英語学習ツール紹介
学習ツールも日々進化!英語オタクから学んだ、お金をかけない学習ツールとは?

4.決意する
今あなたは自分のありたい姿をイメージできますか?

セミナーの狙い

「グローバルになる必要がある」「英語で仕事をする日がいつかくる」このような危機感を漠然と感じられている方も多くいらっしゃると思います。しかし、効果的な学習法がわからない、忙しい仕事の合間を縫っての学習を継続することが難しい、そのような理由から学習を挫折された経験をお持ちではありませんか。また、TOEICのスコアは高いが英語で話すことは苦手という方もいらっしゃると思います。

 本講座は、日常生活に英語学習を組み込み、無理なく自立的に英語を学習できることを目指します。右脳で楽しみながら英語力を向上させるための「モチベーション」、「ストラテジー」、「ツール」を身につけ、英語学習を自分のスタイルに合わせてカスタム化し、継続学習する方法を学びます。従来型の学校教育のように正確さを重視した「左脳的な学習法」ではなく、ツールとして英語を活用するための流暢さやイメージ化を重視した学習法を理解します。
 英語学習のモチベーションを明確にイメージ化するとともに、各種英語学習ツールを理解し、日常生活の中でスキマ時間を活用して英語学習を継続する方法を習得できます。

 [右脳型学習法講座の特徴]
◇「やってみよう!ディクテーション」
:聞こえてくる英語を一語一句残らず書き取る。英文を書き取る作業の過程にはいったいどんな要素があるのか?
◇「独り言ウォッチング」
:お金をかけなくても、海外に行かなくてもOK!どこでもお一人様で学習できます。 毎日1分×5回で英語のアウトプット機能を鍛える。
◇「マイ・ストーリー」
:英語での話のネタ、一から作っていませんか?効率的に20種類以上の自分のネタを作れる自分になる!

*講座は英語と日本語を織り交ぜながら行います。
*英語学習法に関する講座のため、どなたでも参加できます。英語のレベルは問いません。

備考

※恐れ入りますが、お振り替えはお受けいたしかねますので、あらかじめご了承願います。
※講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
※本セミナーの内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。また主催者により、開催を中止させていただく場合があります。あらかじめご了承願います。

免責事項

本講座の内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。
主催者の諸般の事情や、天災地変その他の不可抗力の事態により、本講座の一部あるいは全部を中止させていただく場合がございます。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合は、運営事務局から受講者に対して、本サイトや、電子メールなどで事前に告知します。ただし、事由によっては事前の告知がないことをあらかじめご了承ください。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合、残り期間または残り回数に応じて精算した受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返金します。この場合、返金時の振込手数料は日経が負担します。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などの費用については、日経は補償いたしかねます。

「日経ビジネススクール」運営事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F
(株)日経ピーアール内
TEL:03-6812-8679 FAX:03-6812-8755
Eメール:nikkei-bs@nikkeipr.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

≪お申し込み・ご入金について≫
各講座により指定の方法での入金をお願いいたします。
クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。
請求書払いの場合は、日経が指定する銀行口座に全額を現金でお振り込みください。振込手数料は受講申込者でご負担ください。ご入金の締切日は請求書に記載いたします。必ず入金締切日までに入金をお願いします。※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に運営事務局までご連絡ください。

≪解約について≫
やむを得ず解約される場合は、受講開始日の3営業日前の15:00までに、運営事務局までご連絡ください。返金手数料2,000円(税別)を申し受け、ご指定の銀行口座に振り込むことで、返金いたします。それ以降の解約はお受けいたしかねます。
※運営事務局の営業日は、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日となります。

≪注意事項≫
講座のお振り替えはお受けいたしかねます。あらかじめご了承ください。
講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。

「ビジネス英語・語学」に関連するおすすめの講座

  • English Email Writing 研修「コアメソッド編」

    英文ビジネスEメールの効果的な組み立て方と、説得力のある書き方や表現方法を1日で習得する研修です。「相手からの返事がなかなか来ない」「こちらの指示に従ってくれない」「何度メールを往復しても話が進まない...続きを読む

  • 確実にマスターできる「英語の学び方」

     企業のみならず「人(ビジネスパーソン)」のグローバル化が急速に進んでいます。社内英語公用語化、国内における外国人雇用、成長戦略としての海外への本格展開など、グローバル化の波が押し寄せています。グロー...続きを読む

  • 実践・英語プレゼンテーションの進め方(40名限定)

    国内外での25年以上の指導経験を持つ講師が分析した、日本人が陥りやすい英語プレゼンテーションの課題を踏まえ、基本と留意点を指導します。英語でのプレゼン指導を受けたことがなく、苦手意識を持つ方も多いのが...続きを読む