2日で学べる給与計算と社会保険の基礎講座

  • BASIC
  • 人事・労務・総務
  • マネージャー
  • 新任
  • 中堅
  • 若手
  • ベーシック300
  • more

井口社労士による

2日で学べる給与計算と社会保険の基礎講座

10/4「演習で学ぶ給与計算の基本と実践」11/8「基礎から学ぶ社会保険の仕組みと実務」講座をセットでご受講の方は割引価格がございます。

開催日(期間)
2018年10月4日 (木)、2018年11月8日(木)
定員
72
受講料
64,800円(税抜き60,000円)
申込期間
2018年6月11日(月)~10月3日(水)

演習で学ぶ給与計算の基本と実践

開催日時

2018年10月4日(木)10:00~17:00

開場9:30、昼食休憩12:40~13:40

会場
日本経済新聞社6階 「日経・大手町セミナールーム1」(日経カンファレンス&セミナールーム内)

基礎から学ぶ社会保険の仕組みと実務

開催日時

2018年11月8日(木)10:00~17:00

開場9:30、昼食休憩12:40~13:40

会場
日本経済新聞社6階 「日経・大手町セミナールーム1」(日経カンファレンス&セミナールーム内)

プログラム

講座の詳細は各回のページをご確認ください。

2018年10月4日(木)「演習で学ぶ給与計算の基本と実践」

2018年11月8日(木)「基礎から学ぶ社会保険の仕組みと実務」

備考

※恐れ入りますが、お振り替えはお受けいたしかねますので、あらかじめご了承願います。
※講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
※本セミナーの内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。また主催者により、開催を中止させていただく場合があります。あらかじめご了承願います。

免責事項

本講座の内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。
主催者の諸般の事情や、天災地変その他の不可抗力の事態により、本講座の一部あるいは全部を中止させていただく場合がございます。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合は、運営事務局から受講者に対して、本サイトや、電子メールなどで事前に告知します。ただし、事由によっては事前の告知がないことをあらかじめご了承ください。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合、残り期間または残り回数に応じて精算した受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返金します。この場合、返金時の振込手数料は日経が負担します。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などの費用については、日経は補償いたしかねます。

「日経ビジネススクール」運営事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F
株式会社日経イベント・プロ内 
TEL 03-6812-8679 FAX 03-6812-8755 
Eメール:nikkei-bs@nex.nikkei.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

≪お申し込み・ご入金について≫
各講座により指定の方法での入金をお願いいたします。
クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。
請求書払いの場合は、日経が指定する銀行口座に全額を現金でお振り込みください。振込手数料は受講申込者でご負担ください。ご入金の締切日は請求書に記載いたします。必ず入金締切日までに入金をお願いします。※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に運営事務局までご連絡ください。

≪解約について≫
やむを得ず解約される場合は、受講開始日の3営業日前の15:00までに、運営事務局までご連絡ください。返金手数料2,000円(税別)を申し受け、ご指定の銀行口座に振り込むことで、返金いたします。それ以降の解約はお受けいたしかねます。
※運営事務局の営業日は、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日となります。

≪注意事項≫
講座のお振り替えはお受けいたしかねます。あらかじめご了承ください。
講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
テーマ
職位・対象
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 基礎
カテゴリー

「人事・労務・総務」に関連するおすすめの講座

  • 海外勤務者をめぐる労務管理と給与・社会保険

     近年、社内でも海外赴任者が増えてきたこと、進出する国や地域が拡大してきたこと、さらには従来のルールが実態と合わなくなってきたこと等により、海外赴任規程の全体的な見直しを検討している企業が急増していま...続きを読む

  • 多様化する現代型問題社員への法的対応と実務

    雇用情勢や労働者意識の変化などにより、様々な類型の問題社員が増えています。他方で、企業が社員を労務管理するうえで対応をひとつ誤れば労働紛争に発展しかねず、さらにパワハラやブラック企業などという社会的な...続きを読む

  • 人件費と要員配置適正化のための考え方とステップ

    組織において、人件費と要員配置の改善・効率化が大きな命題となっています。人件費の高止まりと労働生産性の低迷が続く中、組織パフォーマンスを高めるためには、戦略的人材マネジメントを実践することが必要です。...続きを読む