経営シミュレーションゲームで身につける戦略的思考

  • BASIC
  • 経営・マネジメント
  • リーダー
  • 経営者
  • 中堅
  • 若手
  • 起業家
  • ベーシック300
  • more

全くP/L、B/Sが読めなくても大丈夫

経営シミュレーションゲームで身につける戦略的思考

午前の部ではP/L、B/Sを書けるようになり、午後の部では経営施策が会社の売上、利益やROEなどに与える影響と理由をおおまかに掴めるようになります

セミナーの狙い


スウェーデン式のゲーム型経営シミュレーションを使い、企業全体の「お金の動き」を体験することで、財務諸表(P/L、B/S)の読み方、解釈のしかたを身につけ、経営施策や経営指標との関連性を理解、経営的な視点を習得します。
講座では、ビジネスの基本構造に基づいた一定のルールに従い、グループに分かれてディスカッションしながら3年間の経営シミュレーションを行い、「経験学習」を進めます。
受講対象は、財務諸表が苦手な方、全く読めない方、数字に強くなりたい全ての方、経営に興味のある方、リーダー職の方、入社2年目以降の若手社員の方、経営者、起業家、海外赴任の方などです。

【講座で得られるもの】
・P/L、B/Sの読み解き方
・ROA、ROEの算出方法
・経営についての基礎理解(経営の打ち手が会社利益に与える影響、経営マインドなど)
・どの職種・職務階層にも必要な経営マインド
・数字を味方にするマインド




概要

経営シミュレーションゲームで身につける戦略的思考

検索番号
P1901855
開催日時
2019年12月4日(水)10:00~17:00
定員
40
受講料
49,500円(税抜き45,000円)
会場
丸の内オアゾ (OAZO)丸善3階 日経セミナールーム
申込期間
2019年9月11日(水)~12月3日(火)

プログラム


1.<オープニング>
アイスブレイク、本日の目的

2.<YEAR 1:経営効率を上げる>
(1)◆ビジネスの仕組みを理解する ~パン屋で考えてみよう~
・ビジネスの基本構造の理解
・シミュレーションの基本ルールの理解
・経営を行う
・財務諸表(P/L、B/S)を作成する
・経営を財務諸表で評価する

(2)◆経営刷新の施策を考える ~経営は良かった?悪かった?~
・財務諸表の構造を理解
・ROEとROAの理解
・ROEとROAを向上させる施策の検討

(3)◆経営刷新のプランを実施してみる ~それでは経営してみよう~
・刷新プランを適用し、1年度の経営をやり直す
・経営刷新後の財務諸表を作成する
・経営指標の変化を確認する

3.<YEAR 2:売上を上げる>
(1)◆売上を上げるための施策を検討する ~会社の利益、どう上げる~
・環境変化の理解
・売上を上げるための施策の検討(ブランディング、価格政策、流通政策、市場政策、M&A など)

(2)◆自分たちで考えた経営施策を実行してみる ~車会社の経営をしてみよう~
・経営を行う
・経営のポイントについてグループ討議
・財務諸表を作る

4.<キャッシュフロー・マネジメント>
◆キャッシュフロー計算書について理解する ~「ダメ会社」と「イケテル会社」~
・キャッシュフロー計算書の構造理解
・キャッシュフロー計算書を作ってみる
・キャッシュフロー計算書の解読方法を学ぶ

5.<YEAR 3:営業利益を上げる>
◆営業利益を上げるための経営施策を検討する ~現場の声から分析しよう~
・8つの経営施策の営業利益へのインパクトについてディスカッションする。
・8つの経営施策と営業利益の関係の理解
・財務諸表を作る

6.<振り返り>
◆1日のワークショップの気づき ~さあ、どうでした?あなたの経営イケテタ?~
・グループで気づきを共有する
・全体で気づきを共有する

講師紹介

  • 横山 徹氏(よこやま とおる)

    横山 徹氏(よこやま とおる)

    インヴィニオX(クロス) 代表取締役社長

    東京大学経済学部卒業後、電通入社。営業、セールスプロモーション、クリエーティブの現場部署を経験した後、経営企画、人事および電通総研において、全社経営戦略、組織戦略、人材戦略策定業務に従事。2007年より北京の現地法人にてナショナル・スタッフの人材マネジメント構想を策定。帰国後、グローバル・ヒューマン・リソース室長就任。前述の構想をベースに電通における経営幹部およびグローバル人材マネジメント戦略を策定。日本人とナショナル・スタッフを統合した人材マネジメントプログラムの開発から実施、社内浸透などの幅広い分野に精通。
    現場と管理部門双方の視点から、セオリーのみでない実効性の高い研修が強み。

「日経ビジネススクール」運営事務局
TEL 03-6812-8679 FAX 03-6812-8755 
Eメール:nikkei-bs@nex.nikkei.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

免責事項

本講座の内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。
主催者の諸般の事情や、天災地変その他の不可抗力の事態により、本講座の一部あるいは全部を中止させていただく場合がございます。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合は、運営事務局から受講者に対して、本サイトや、電子メールなどで事前に告知します。ただし、事由によっては事前の告知がないことをあらかじめご了承ください。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合、残り期間または残り回数に応じて精算した受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返金します。この場合、返金時の振込手数料は日経が負担します。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などの費用については、日経は補償いたしかねます。

≪お申し込み・ご入金について≫
各講座により指定の方法での入金をお願いいたします。
クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。
請求書払いの場合は、日経が指定する銀行口座に全額を現金でお振り込みください。振込手数料は受講申込者でご負担ください。ご入金の締切日は請求書に記載いたします。必ず入金締切日までに入金をお願いします。※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に運営事務局までご連絡ください。

≪解約について≫
やむを得ず解約される場合は、受講開始日の3営業日前の15:00までに、運営事務局までご連絡ください。返金手数料2,000円(税別)を申し受け、ご指定の銀行口座に振り込むことで、返金いたします。それ以降の解約はお受けいたしかねます。
※運営事務局の営業日は、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日となります。

≪注意事項≫
講座のお振り替えはお受けいたしかねます。
講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。
会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
受講者以外の方が待機するスペース等は設けておりません。
お身体の不自由な方など受講にあたってサポートが必要な場合は、お申し込み前に事務局までご連絡ください。なお、会場設備の事情によりご要望をお受けできない場合がございますことをご了承ください。
テーマ
職位・対象
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 基礎
  • 実践

「経営・マネジメント」に関連するおすすめの講座