事例で紐解くリスクマネジメントの原則

  • BASIC
  • 経営・マネジメント
  • マネージャー
  • リーダー
  • 経営者
  • 経営幹部
  • 部長
  • 課長
  • 中堅
  • 事業部長
  • ベーシック300
  • more

【2020年春期】会社役員・経営幹部シリーズ

事例で紐解くリスクマネジメントの原則

会社役員が判断を迫られる典型的なリスクへの対策

【重要なお知らせ】
新型コロナウイルスによる肺炎の国内での感染拡大を受け、受講者の皆様の健康や安全面を第一に、3月開催の講座について会場での開催を中止し、ライブ配信に切り替えます。 視聴方法などは現在調整中です。
お申し込みいただいた皆さまには詳細をメールにてご連絡します。
また、本サイトおよびメールにて情報を随時更新致しますので、ご確認くださいますよう宜しくお願い申し上げます。
日経ビジネススクール



毎年、数多くの企業不祥事が発生し、大きく報道されています。私たちは、経営者たちが必死に不祥事に立ち向かっていることを知っています。仮に、何か不適切な対応があったとしても、それは後から言えることであり、当時の最善を尽くしたことも知っています。とはいえ、既に起きた不祥事がある以上、私たちは、そこから学ぶべきです。
この講座では、会社役員が判断を迫られる典型的なリスクについて、実際に起きた不祥事をもとに、事前の把握、予防策、初期対応、その後の対応策のポイントを説明します。

※本講座は、会社役員・経営幹部シリーズの一つです。シリーズ全体は「経営戦略」「経営法務」「会計財務」「人事労務」の各ジャンルから構成しています。全講座を受講いただくと、役員・経営幹部に必要な経営基礎知識をバランスよく習得できます。
会社役員・経営幹部シリーズ一覧はこちら

概要

事例で紐解くリスクマネジメントの原則

検索番号
P1901938
開催日時
2020年3月27日(金)13:30~17:00
定員
64
受講料
44,000円(税抜き40,000円)
会場
御茶ノ水トライエッジカンファレンス
申込期間
2019年12月5日(木)~2020年3月17日(火)

プログラム

第1.リスク管理とは ~知る、避ける、最小化

第2.リスクを知る

1.リスクマップを作る ~リスクを知れば、八合目
2.自社の過去事例を知る ~一度起きたことは、二度起きる
3.他社の事例から学ぶ ~他山の石
4.内部通報を通じて知る ~良薬は口に苦し
5.世論を通じて知る ~世の中を知ることは、リスクを知ること
  価値観は、流動する(セクシュアルハラスメント、パワーハラスメント、働き方改革)

第3.リスクを避ける

1.不正のトライアングル
2.動機のリスクマネジメント
3.機会のリスクマネジメント ~人は魔が差す、ミスをする
  (1) ダブルチェック
  (2) 出退勤のチェック
  (3) 人事異動の必要性
  (4) 内部監査で、リスクを避ける ~内部監査は、従業員を救う
  (5) 記録をすることで、リスクを避ける
4.正当化のリスクマネジメント
  (1) 企業文化とリスク ~企業文化を確立するのは、経営陣の職務
  (2) 研修で、リスクを避ける ~研修は経営陣を救う
5.業務マニュアルで、ミスを避ける
6.取引先は、大きなリスク

第4.リスクの最小化 ~ダメージコントロール

1.リスク情報を見逃さない ~神は細部に宿る
2.情報伝達の重要性
3.警告発信の重要性 ~消費者を守ることは、会社を守ること
4.初期対応が、全てを決める
5.羅針盤はコンプライアンス ~悪魔のささやきに耳を貸さない
6.広報対応が全てを決める ~報道なくして事実なし
  向き合うべきは、世間である
7.成功事例 ~消費者は、見ている

第5.危機発生の具体的例(モデル対応と比較する)

1.消費者問題 ~消費者からの情報を、どう受け止めるか
2.労災対応 ~ご家族と、どのように向き合うか
3.製品問題 ~部品メーカーは、消費者にどのように向き合うか
4.海外リスク ~海外で起きていることを、どのように把握するか
5.ネット炎上問題 ~世論とどのように向き合うか
6.グループ会社の法令違反 ~行き過ぎをどのようにコントロールするか

第6.会社役員の心得

1.最大の目的は、会社の理念を守ること
2.明確な指針を示すのが、会社役員の役割
  リスクマネジメントこそが、経営陣の役割

講師紹介

  • 原 正雄氏(はら まさお)

    原 正雄氏(はら まさお)

    弁護士、中島経営法律事務所パートナー

    一橋大学法学部卒業。2001年弁護士登録(第二東京弁護士会所属)、中島経営法律事務所入所。2006年4月よりパートナー。リスクマネジメント、消費者対応、企業問題に関する訴訟、知的財産を得意とする。主な論文に「事例で検証する最新コンプライアンス問題」(2014年~18年、Profession Journal連載)、「【実務解説】顧客情報流出問題 体制・対応はどうあるべきか?」(ビジネス法務2014年12月号)などがある。ロールプレイングによって実践的に戦略法務の知識と技術を身につける戦略法務講座「中島塾」でも講師を務める。

「日経ビジネススクール」運営事務局
TEL 03-6812-8679 FAX 03-6812-8755 
Eメール:nikkei-bs@nex.nikkei.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

免責事項

本講座の内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。
主催者の諸般の事情や、天災地変その他の不可抗力の事態により、本講座の一部あるいは全部を中止させていただく場合がございます。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合は、運営事務局から受講者に対して、本サイトや、電子メールなどで事前に告知します。ただし、事由によっては事前の告知がないことをあらかじめご了承ください。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合、残り期間または残り回数に応じて精算した受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返金します。この場合、返金時の振込手数料は日経が負担します。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などの費用については、日経は補償いたしかねます。

≪お申し込み・ご入金について≫
各講座により指定の方法での入金をお願いいたします。
クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。
請求書払いの場合は、日経が指定する銀行口座に全額を現金でお振り込みください。振込手数料は受講申込者でご負担ください。ご入金の締切日は請求書に記載いたします。必ず入金締切日までに入金をお願いします。※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に運営事務局までご連絡ください。

≪解約について≫
やむを得ず解約される場合は、受講開始日の3営業日前の15:00までに、運営事務局までご連絡ください。返金手数料2,200円(税込み)を申し受け、ご指定の銀行口座に振り込むことで、返金いたします。それ以降の解約はお受けいたしかねます。
※運営事務局の営業日は、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日となります。

≪注意事項≫
講座のお振り替えはお受けいたしかねます。
講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。
会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
受講者以外の方が待機するスペース等は設けておりません。
お身体の不自由な方など受講にあたってサポートが必要な場合は、お申し込み前に事務局までご連絡ください。なお、会場設備の事情によりご要望をお受けできない場合がございますことをご了承ください。

「経営・マネジメント」に関連するおすすめの講座

  • いま管理職に求められる人材育成力・組織マネジメント

    続きを読む

  • 成長投資の意思決定と進め方

    続きを読む

  • 経営戦略策定において知っておくべき8つのKPI

    続きを読む