技術の最先端のトレンドを「包括的」に解説 15年後の技術予測とデジタル・トランスフォーメーション 未来の技術が社会とビジネスに与えるインパクトを包括的に把握する

アーカイブ講座
アーカイブ講座は、実際に行われた講座を収録したものを、WEB上でいつでも/どこでも受講できるサービスです。
当日使用したテキストは受講の際にダウンロードすることが可能です。
※本講座は、2021年7月8日(木)に収録したものを一部編集・追加しています。


【講座のねらい】
ビジネスにインパクトを与える、技術の最先端を"包括的かつ具体的に俯瞰"し、こうした技術が仕事や生活、また産業をどう変えていくか、また企業はどう対処すべきかを解説します。

デジタルの進化は、自動車や化学などの製造業、 流通や金融などのサービス業、また医療産業を、根本的に変えていきます。これが「デジタルによる産業構造の転換(DX)」です。
これら業界の15年後は、そして社会は、今とは全く異なった姿になるはずです。今までの仕事が消える一方で、新たに大きな機会も登場します。

この5年から15年で確実に来る、産業構造と社会の大転換。これに対処するためには、この変化の全体像を理解し、自社の戦略を転換しなければなりません。

本講座では、「仕事と生活」「産業」「生命」「国と社会」のそれぞれのテーマについて、技術の最先端と未来の姿を具体的かつ包括的に俯瞰し、「未来」を読み解いていきます。

テクノロジーの進化が事業に及ぼす影響を理解・整理し、自社の戦略をあらたに構想したいとお考えの、経営陣や経営企画部門などの方が主な受講対象です。

河瀬誠氏 登壇講座の一覧を見る 》

概要

検索番号
P2002151
受講料
49,500円(税抜き45,000円)
申込期間
2021年7月15日(木)~2022年1月14日(金)

プログラム

▼1 DXの本質 : 今までの「常識」を捨てろ

世界で最も豊かな大国だった日本は「平成の眠り」の間に、どんどん取り残されました。
その大きな理由の一つが、ほとんどの日本企業が、世界で起きている「デジタルによる産業構造の転換(DX)」を理解せず、DXを単なる「IT化」だと思っていることです。
今までの成功体験は通用しません。今までの「常識」を捨て、新しい現実に向かい合うことが、新たな未来を作る鍵となります。

▼2 DXの基礎技術 : 超絶進化するデジタル

10年で100~1000倍という指数関数的なスピードで進化する「デジタル」が、破壊的技術として、すべての産業と社会を塗り替えつつあります。このデジタルの破壊力をまず理解しましょう。
AI・IoT・VRといった技術が、今どこまで進化し、これからどう進化するのか、見通してみましょう。

(1)既存産業を破壊し、そして新たな世界を拓く「破壊的技術」
(2)デジタルの破壊力: AIとロボットは、どこまで進化するか

【仕事と生活編】

▼3 働き方と生活のDX : デジタルで「業務」が消える

20世紀の間に、農作業や土木作業といった肉体作業の多くが機械で置き換えられました。21世紀には、人間の知的作業がどんどん機械で置き換えられていきます。そのとき人間は、どんな仕事をして、どう生活しているのでしょう。

(1)これから消える仕事、生まれる仕事
(2)DXで「業務」が消える
(3)オフラインが消え、デジタルが生活を動かす「OMO」の世界

▼4 小売・飲食・物流業のDX : 新興企業が破壊する既存秩序

すでにデジタルで大きくかわった小売業と飲食業ですが、中国と米国ではさらに進化が続いています。こうした進化は、数年以内に日本にも伝わることでしょう。

(1)破壊王アマゾンと先行する中国
(2)OMO (Online Merges with Offline)が変える消費生活
(3)デジタルが塗り替える物流と金融業

▼5 金融のDX : 生活と一体化して広がる金融

生活のあらゆる場面で関わってくるお金の流れ、これもデジタルで生活と一体化していきます。また、信用がデジタルで可視化されることで、金融の世界が大きく広がります。しかしそのときの主役は、既存の金融機関ではないでしょう。

(1)現金が消えゆく世界
(2)「善行」により拡大する信用創造
(3)広がる金融包摂 

【産業編】

▼6 モノづくりのDX : 日本の強みが消える

製品がデジタル化すると共に、日本の繁栄を支えたエレクトロニクス産業は、実質消滅しました。今後のデジタルの進化は、加工製造のプロセスが激変させ、されに化学や素材産業にも押し寄せます。その破壊の波を直視しましょう。

(1)デジタル化で沈没した「電子立国日本」
(2)AM(積層印刷・立体印刷)が変える「モノづくり」
(3)AIと量子コンピュータが塗り替える化学・素材産業
(4)知識社会における製造業の未来

▼7 エネルギーのDX : 無料となるエネルギー

「石油の世紀」が終わり、エネルギーの主役は自然エネルギーに交代します。文明と産業を支えるエネルギーが、世界をどう変わるかを見てみましょう。

(1)エネルギーの主役は自然エネルギーに
(2)エネルギーを無料で無限に使える時代が来る

▼8 自動車とモビリティのDX : 自動車産業が消え、豊かな移動の世界が来る

自動車産業にも、100年に一度と言われる、破壊の波が押し寄せています。CASEとMaaSという2つの大きな波が、自動車産業、そしてモビリティの世界をどう変えていくのか見てみましょう。

(1)共有化と自動運転が、当然の世界に
(2)本命となる電気自動車
(3)MaaSが変える、自動車産業
(4)無料化する移動が、豊かなモビリティ社会を作る

▼9 建築と都市のDX : 自動化する建設と巨大化する大都市

コロナを契機に住宅やオフィスの姿は大きく変わりつつあります。また、建設プロセスも自動化の進展により大きく変わります。また都市化が進む一方で、自然回帰に再び価値が生まれるかもしれません。

(1)建築プロセスの自動化 
(2)知識社会で求められる都市の姿

【生命編】

▼10 医療のDX : 100年ライフ時代の医療

デジタル化された医療情報や生体情報が、医療を大きく変革しつつあります。人が100歳まで生きようになる時代、デジタルが医療をどう変えていくのか、世界の先端を見てみましょう。

(1)今まさに起きている医療のパラダイムシフト
(2)リアルタイムで解読される生体情報
(3)ロボットとAIで編集される生命
(4)医療技術の社会実装

▼11 遺伝子と脳のDX : 生命デジタル化の最先端

医療の中で特に革命的な変化が起こっているのが、遺伝子を素早く解読し、自由に編集するという技術、それと脳と通信するという技術です。人間そのものを変えるかもしれない、こうした新技術のインパクトを見てみましょう。

(1)デジタル化する生命:遺伝子の解読と編集
(2)デジタル化する意識:機械と脳の接続

▼12 食と農業のDX : 地球を食い尽くす前にすべきこと

食と農業は、飢えを凌ぐものから、健康を増進し、地球の環境を維持しつつ、世界の人口を養うことが求められます。こうした矛盾した命題を、技術がどう解決するか見てみましょう。

(1)健康を増進し、地球を守る食の先端技術
(2)機械化待ったなしの農林水産業

【未来社会編】

▼13 人口動態と次の成長国 : 巨大な市場が誕生する

未来の変化をドライブするもうひとつの大きな変数が「人口動態」です。明治以来150年間、急増してきた日本の人口は令和時代には減少します。その一方で、アジアの人口増加は豊かな中間層を育て、巨大な都市と、巨大な市場を生み出していきます。
(1)日本社会は人口の逆回転に耐えられるか
(2)アジアとアフリカに登場する巨大で豊かな市場
(3)続々出現する巨大都市

▼14 知識社会の成長産業 : 豊かな未来をつくる新産業

農耕社会、工業社会に続く、現在の知識社会では、どんな産業が台頭・成長するかを俯瞰します。新しい産業の登場ともに、今まで傍流にあった産業も、次第に主役になっていきます。

(1)知識社会化と共に進化・高度化する要求段階
(2)所有でなく共有が経済の基本となる
(3)物欲・所有欲は消え「自己実現産業」が新たな価値を生む
(4)地球を守る「自己超越産業」が巨大産業となる

▼15 組織のDX:国と経済のDX(試論)

情報技術の進化が社会や経済の形を変えていきます。ここではこうした変化を俯瞰し、とくに中国で登場しつつある文明の新しいカタチについて解説します。

(1)デジタルと共に進化する組織の形
(2)登場しつつある新しい文明のカタチ
(3)資本主義の未来

【未来創造】

▼16 組織と戦略のDX : 破壊と創造を続ける者のみ生き残る

否応なしに押し寄せる「破壊の波」は、同時に「創造の波」でもあります。この波を正面から捉え、変化に対応し、新しい事業を創造していくための戦略転換を考えていきます。

STEP1:変化を直視する
STEP2:過去の成功を捨て、創造領域を定める
STEP3:新たなチャレンジを始める

講師紹介

「日経ビジネススクール」運営事務局
TEL 03-6812-8679 FAX 03-6812-8755 
Eメール:nikkei-bs@nex.nikkei.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

免責事項

≪お支払いについて≫
お支払いはクレジットカード決済のみとさせていただきます。
クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。

≪解約について≫
本セミナーは、お客様都合による解約は受け付けておりません。あらかじめご了承ください。

≪アーカイブ講座の個別規定と配信プラットフォームについて≫
本アーカイブ講座は、株式会社ファシオ(http://www.vita-facio.jp/)の配信プラットフォーム「Deliveru」により配信いたします。受講にあたっては、日経ビジネススクール利用規約に加え、その個別規程 として、同社との間では「Deliveru」利用規約が適用されます。また、本アーカイブ講座を受講される会員の個人情報は、本アーカイブ講座提供のために日経から同社に提供し、同社では同社のプライバシーポリシーに従って取り扱います。これらの各規約・ポリシーにご同意の上、お申し込み・ご利用ください。
株式会社ファシオ「Deliveru」利用規約(個別規程) https://deliveru.jp/terms/
株式会社ファシオ プライバシーポリシー(個別規程) https://deliveru.jp/policy/privacy/

「Deliveru」の利用環境は、次の「推奨環境」のとおりです。お申し込みにあたっては、予めテスト視聴サイトにて支障なく視聴いただけるかをご確認ください。
◎推奨環境 https://deliveru.jp/faq/#Q7
◎よくあるご質問 https://deliveru.jp/faq/
◎テスト視聴サイト https://deliveru.jp/pretest5/
ID livetest55
パスワード livetest55
≪お申し込みから受講までの流れ≫
1、事務局より「Deliveru」の参加者IDをメールでご案内します。
※配信開始日以前のお申し込みの場合:配信開始当日にご案内
 配信開始日以降のお申し込みの場合:お申し込みから4営業日以内にご案内
2、メール記載の内容に沿って「Deliveru」にログインします。
3、お申し込みいただいたアーカイブ講座を開封します。
4、開封後14日間、視聴いただけます。この期間内に受講を完了してください。

≪注意事項≫
※参加者IDは日経IDに登録されているメールアドレスに届きます。見落としがないようご注意ください。
開封期限:参加者ID発行後30日後まで
視聴期間:開封後14日間

※お渡しした参加者IDの開封期限を超えた場合のお振り替えや期限の延長はお受けいたしかねます。あらかじめご了承ください。
※本セミナーの録音・録画、資料の無断複製や共用は禁止しております。
※お渡しした参加者IDは受講者本人のみがお使いください。
テーマ
職位・対象
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 基礎
  • 実践
カテゴリー
キーワード
  • DX