会社役員・経営幹部シリーズ 事例で紐解くリスクマネジメントの原則 会社役員が判断を迫られる典型的なリスクへの対策

アーカイブ講座
アーカイブ講座は、実際に行われた講座を収録したものを、WEB上でいつでも/どこでも受講できるサービスです。
当日使用したテキストは受講の際にダウンロードすることが可能です。
※本講座は、2020年3月27日(金)に収録したものを一部編集・追加しています。


【講座のねらい】
毎年、数多くの企業不祥事が発生し、大きく報道されています。私たちは、経営者たちが必死に不祥事に立ち向かっていることを知っています。仮に、何か不適切な対応があったとしても、それは後から言えることであり、当時の最善を尽くしたことも知っています。とはいえ、既に起きた不祥事がある以上、私たちは、そこから学ぶべきです。
この講座では、会社役員が判断を迫られる典型的なリスクについて、実際に起きた不祥事をもとに、事前の把握、予防策、初期対応、その後の対応策のポイントを説明します。

※本講座は、会社役員・経営幹部シリーズの一つです。シリーズ全体は「経営戦略」「経営法務」「会計財務」「人事労務」の各ジャンルから構成しています。全講座を受講いただくと、役員・経営幹部に必要な経営基礎知識をバランスよく習得できます。
会社役員・経営幹部シリーズ一覧はこちら

概要

検索番号
P2002154
受講料
44,000円(税抜き40,000円)
申込期間
2020年6月1日(月)~11月30日(月)

プログラム

第1.リスク管理とは ~知る、避ける、最小化

第2.リスクを知る

1.リスクマップを作る ~リスクを知れば、八合目
2.自社の過去事例を知る ~一度起きたことは、二度起きる
3.他社の事例から学ぶ ~他山の石
4.内部通報を通じて知る ~良薬は口に苦し
5.世論を通じて知る ~世の中を知ることは、リスクを知ること
  価値観は、流動する(セクシュアルハラスメント、パワーハラスメント、働き方改革)

第3.リスクを避ける

1.不正のトライアングル
2.動機のリスクマネジメント
3.機会のリスクマネジメント ~人は魔が差す、ミスをする
  (1) ダブルチェック
  (2) 出退勤のチェック
  (3) 人事異動の必要性
  (4) 内部監査で、リスクを避ける ~内部監査は、従業員を救う
  (5) 記録をすることで、リスクを避ける
4.正当化のリスクマネジメント
  (1) 企業文化とリスク ~企業文化を確立するのは、経営陣の職務
  (2) 研修で、リスクを避ける ~研修は経営陣を救う
5.業務マニュアルで、ミスを避ける
6.取引先は、大きなリスク

第4.リスクの最小化 ~ダメージコントロール

1.リスク情報を見逃さない ~神は細部に宿る
2.情報伝達の重要性
3.警告発信の重要性 ~消費者を守ることは、会社を守ること
4.初期対応が、全てを決める
5.羅針盤はコンプライアンス ~悪魔のささやきに耳を貸さない
6.広報対応が全てを決める ~報道なくして事実なし
  向き合うべきは、世間である
7.成功事例 ~消費者は、見ている

第5.危機発生の具体的例(モデル対応と比較する)

1.消費者問題 ~消費者からの情報を、どう受け止めるか
2.労災対応 ~ご家族と、どのように向き合うか
3.製品問題 ~部品メーカーは、消費者にどのように向き合うか
4.海外リスク ~海外で起きていることを、どのように把握するか
5.ネット炎上問題 ~世論とどのように向き合うか
6.グループ会社の法令違反 ~行き過ぎをどのようにコントロールするか

第6.会社役員の心得

1.最大の目的は、会社の理念を守ること
2.明確な指針を示すのが、会社役員の役割
  リスクマネジメントこそが、経営陣の役割

講師紹介

  • 原 正雄氏(はら まさお)

    原 正雄氏(はら まさお)

    弁護士、中島経営法律事務所パートナー

    一橋大学法学部卒業。2001年弁護士登録(第二東京弁護士会所属)、中島経営法律事務所入所。2006年4月よりパートナー。リスクマネジメント、消費者対応、企業問題に関する訴訟、知的財産を得意とする。主な論文に「事例で検証する最新コンプライアンス問題」(2014年~18年、Profession Journal連載)、「【実務解説】顧客情報流出問題 体制・対応はどうあるべきか?」(ビジネス法務2014年12月号)などがある。ロールプレイングによって実践的に戦略法務の知識と技術を身につける戦略法務講座「中島塾」でも講師を務める。

「日経ビジネススクール」運営事務局
TEL 03-6812-8679 FAX 03-6812-8755 
Eメール:nikkei-bs@nex.nikkei.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

免責事項

≪お支払いについて≫
お支払いはクレジットカード決済のみとさせていただきます。
クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。

≪解約について≫
本セミナーは、お客様都合による解約は受け付けておりません。あらかじめご了承ください。

≪アーカイブ講座の個別規定と配信プラットフォームについて≫
本アーカイブ講座は、株式会社ファシオ(http://www.vita-facio.jp/)の配信プラットフォーム「Deliveru」により配信いたします。受講にあたっては、日経ビジネススクール利用規約に加え、その個別規程 として、同社との間では「Deliveru」利用規約が適用されます。また、本アーカイブ講座を受講される会員の個人情報は、本アーカイブ講座提供のために日経から同社に提供し、同社では同社のプライバシーポリシーに従って取り扱います。これらの各規約・ポリシーにご同意の上、お申し込み・ご利用ください。
株式会社ファシオ「Deliveru」利用規約(個別規程) https://deliveru.jp/terms/
株式会社ファシオ プライバシーポリシー(個別規程) https://deliveru.jp/policy/privacy/

「Deliveru」の利用環境は、次の「推奨環境」のとおりです。お申し込みにあたっては、予めテスト視聴サイトにて支障なく視聴いただけるかをご確認ください。
◎推奨環境 https://deliveru.jp/faq/#Q7
◎よくあるご質問 https://deliveru.jp/faq/
◎テスト視聴サイト https://deliveru.jp/pretest5/
ID livetest55
パスワード livetest55
≪お申し込みから受講までの流れ≫
1、お申し込みから4営業日以内に事務局より「Deliveru」の参加者IDをご提供いたします。
2、「Deliveru」にログインします。
3、お申し込みいただいたアーカイブ講座を開封します。
4、開封後14日間、視聴いただけます。この期間内に受講してください。

≪注意事項≫
※参加者IDは日経IDに登録されているメールアドレスに届きます。見落としがないようご注意ください。
開封期限:参加者ID発行後30日後まで
視聴期間:開封後14日間

※お渡しした参加者IDの開封期限を超えた場合のお振り替えや期限の延長はお受けいたしかねます。あらかじめご了承ください。
※本セミナーの録音・録画、資料の無断複製や共用は禁止しております。
※お渡しした参加者IDは受講者本人のみがお使いください。

「経営・マネジメント」に関連するおすすめの講座