【リーダー・マネジャー向け実践シリーズ】 マネジメントに必要なDXの基礎知識 DX戦略を実践するための、戦略立案、データ収集・分析、プロジェクトマネジメントのポイント

アーカイブ講座
アーカイブ講座は、実際に行われた講座を収録したものを、WEB上でいつでも/どこでも受講できるサービスです。
当日使用したテキストは受講の際にダウンロードすることが可能です。
※本講座は、2021年5月28日(金)に収録したものを一部編集・追加しています。


【講座のねらい】
デジタルトランスフォーメーション(DX)が急速に進展するなか、新しいテクノロジーを活用して、ビジネスを変革していくマネジメントが求められています。

この講座ではITやデジタル技術のバックグラウンドのないマネジャーやプロジェクトリーダーを対象に、事業のマネジメントに最低限必要となる技術動向と未来の見通し、IoT・AI、5Gなどの技術が経営戦略や事業に及ぼす影響、デジタル時代のプロジェクトマネジメントのポイントを基礎から紐解いて解説します。

管理者、マネジャーの視点で整理された基本知識や最新動向、背景などを理解することで、経営戦略で定めた目標に対して、どのようにテクノロジーを活用すべきか、戦略的に構想するための知識と視点を獲得します。

【この講座で学べること】
(1)DX時代の事業マネジメントに必要な最新の技術動向と未来展望
(2)AI、IoTを活用したデータ収集・分析のポイント
(3)DXの戦略立案とプロジェクトマネジメントの進め方

概要

検索番号
P2002202
受講料
60,500円(税抜き55,000円)
申込期間
2021年6月15日(火)~12月15日(水)

同じ講座の開催日程はこちら

受付中講座

プログラム

※最新動向を反映するために、プログラムを一部変更する場合があります。

はじめに 〜デジタルトランスフォーメーション戦略 with コロナ〜
(1)新型コロナウイルスで変わるビジネス環境とDXの意義 
   ~なぜDXを急がなければならないか、データでみる必要性
(2)伸びる企業と衰退する企業の違い 〜AI格差社会を生き抜く方法
(3)成功するチーム作りと外部連携のやり方

1.DXの事例と注意点
(1)DXの全体像
 ・日本企業の現状と課題
(2)DXの先進事例
 ・GEのSDGs戦略
 ・IoTで実現するデータ駆動経営 ほか
(3)DXにどう取り組むか~落とし穴と注意点
 ・データの追加やハードウェアの置き換えではない
 ・現在と将来のビジネスに合わせた再設計
 ・全体最適をめざす

2.戦略立案とプロジェクトマネジメント
(1)戦略立案とKPIの設定
 ・ビジョンづくりとプロジェクトの進め方
 ・DXの効果の試算、価値がわかっているか
(2)全体最適化と局所最適化
 ・企業の動き、モノの動き、お金の動きの全体を見える化
(3)リーン思考に基づくプロジェクトマネジメント
 ・DevOps(デブオプス)による開発
 ・継続的な改善・開発の仕組み
 ・ケイパビリティーの計測
(4)DXに最適な組織体制
 ・少数精鋭、小規模で、徐々に進める
 ・結果を急がず小さな成果を積み上げる

3.データ分析とAI
(1)データ分析の力と意義
 ・AIはデータサイエンス
 ・データ分析のための基礎知識
(2)分析の実施方法とツールの選定
 ・開発と標準プラットフォームの利用
 ・お金をかけてAIを使うところを見定める
(3)統合データベースの構築
 ・業務用データベースと分析用データベース
(4)AIの活用例~AIは進化していく
 ・未来の予測、マーケティング、検査自動化、故障探知など

4.IoTによるデータ収集と制御
(1)IoTによるデータ収集
 ・IoTで実現するデータ駆動経営
 ・5Gで拡がるビジネス
(2)リモート制御の技術
 ・効率的なリモート制御のあり方
 ・IoTのセキュリティー対策
(3)ロボットの進化と活用の意義
 ・ロボットの小型化と低価格化
 ・人工知能とロボット
 ・ファクトリーオートメーションの事例

5.まとめとQ&A

※DevOps(デブオプス):

開発チーム(Development)と運用チーム(Operations)がお互いに協調し合うことで、開発・運用するソフトウェアやシステムによるビジネスの価値向上だけでなく、その価値をより確実で迅速にエンドユーザーに届け続ける考え方。

講師紹介

  • 伊本 貴士氏(いもと たかし)

    伊本 貴士氏(いもと たかし)

    メディアスケッチ 代表取締役 サイバー大学客員講師

    NECソフト、フューチャーアーキテクトなどを経て、2009年技術コンサルティングを行うメディアスケッチを設立。IoTやAIを中心に企業へ新技術導入、教育のコンサルティングを行う。著書に『IoTの教科書』(日経BP社)など。ホンマでっか!? TV(フジテレビ)や、サンデーLive!!(テレビ朝日)などに出演のほか、IoTや人工知能などの最先端技術分野における講演多数。

    開催日時 講師が担当する他の講座
    2021年11月19日(金) DX戦略による価値創造の進め方
    2021年9月27日(月) マネジメントに必要なDXの基礎知識

「日経ビジネススクール」運営事務局
TEL 03-6812-8679 FAX 03-6812-8755 
Eメール:nikkei-bs@nex.nikkei.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

免責事項

≪お支払いについて≫
お支払いはクレジットカード決済のみとさせていただきます。
クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。

≪解約について≫
本セミナーは、お客様都合による解約は受け付けておりません。あらかじめご了承ください。

≪アーカイブ講座の個別規定と配信プラットフォームについて≫
本アーカイブ講座は、株式会社ファシオ(http://www.vita-facio.jp/)の配信プラットフォーム「Deliveru」により配信いたします。受講にあたっては、日経ビジネススクール利用規約に加え、その個別規程 として、同社との間では「Deliveru」利用規約が適用されます。また、本アーカイブ講座を受講される会員の個人情報は、本アーカイブ講座提供のために日経から同社に提供し、同社では同社のプライバシーポリシーに従って取り扱います。これらの各規約・ポリシーにご同意の上、お申し込み・ご利用ください。
株式会社ファシオ「Deliveru」利用規約(個別規程) https://deliveru.jp/terms/
株式会社ファシオ プライバシーポリシー(個別規程) https://deliveru.jp/policy/privacy/

「Deliveru」の利用環境は、次の「推奨環境」のとおりです。お申し込みにあたっては、予めテスト視聴サイトにて支障なく視聴いただけるかをご確認ください。
◎推奨環境 https://deliveru.jp/faq/#Q7
◎よくあるご質問 https://deliveru.jp/faq/
◎テスト視聴サイト https://deliveru.jp/pretest5/
ID livetest55
パスワード livetest55
≪お申し込みから受講までの流れ≫
1、お申し込みから4営業日以内に事務局より「Deliveru」の参加者IDをご提供いたします。
2、「Deliveru」にログインします。
3、お申し込みいただいたアーカイブ講座を開封します。
4、開封後14日間、視聴いただけます。この期間内に受講してください。

≪注意事項≫
※参加者IDは日経IDに登録されているメールアドレスに届きます。見落としがないようご注意ください。
開封期限:参加者ID発行後30日後まで
視聴期間:開封後14日間

※お渡しした参加者IDの開封期限を超えた場合のお振り替えや期限の延長はお受けいたしかねます。あらかじめご了承ください。
※本セミナーの録音・録画、資料の無断複製や共用は禁止しております。
※お渡しした参加者IDは受講者本人のみがお使いください。