仕事に有効な情報が面白いように引き出せるオープンクエスチョン、クローズドクエスチョンを完全マスター 相手から信頼される「質問力」 日ごろ客先で営業や提案を行う方、部下や後輩を指導している方、業務で様々な方と交渉を行う方を対象に、いま注目のコミュニケーションスキル「質問力」を強化していただく講座です

アーカイブ講座
アーカイブ講座は、実際に行われた講座を収録したものを、WEB上でいつでも/どこでも受講できるサービスです。
当日使用したテキストは受講の際にダウンロードすることが可能です。
※本講座は、2020年5月14日(木)に収録したものを一部編集・追加しています。



【講座のねらい】

日ごろ客先で商談や提案を行う方、部下や後輩を指導している方、外注業者や社内他部門と交渉を行う方を対象に、いま注目のコミュニケーションスキル「質問力」を強化していただく講座です。    
この講座では、相手から次のような反応を何とかしたい方に最適です。

  ●なかなか、本音を語ってくれない。
  ●聞きたいことがあっても、相手のペースで本質に迫れない。
  ●つい自分が聞きたいことを質問すると、詰問調になってしまう。
  ●話の流れのどのタイミングで、どの質問をすればよいのかつかめない。


あなたは相手の質問の仕方によって、色々なことを話したくなったり、話をしていると自分の考えが整理されたり、気付かなかったことに気付かされたりという経験をしたことはないでしょうか。これは相手の「質問力」によって誘導されているからです。

この講座ではこれまで自分が聞きたいことを聞くただの「質問」から、良好な人間関係を作り、効果的な回答を引き出すといったレベルの「質問力」を実践するためのスキル修得講座です。
講座では主に、心理的アプローチを含めた「状況づくり」と的確な返答を引出す「会話力」の2つのアプローチを様々な演習を通して、体得して学んでいただける構成です。
また、これまで2万人以上の営業マン指導を行い自らも現役で営業を行っている講師が理屈ではなく実践ベースでポイントを解説し、個別のアドバイスを行いますので納得感があり、実践力が磨かれます。

概要

検索番号
P2002205
受講料
46,200円(税抜き42,000円)
申込期間
2020年7月1日(水)~2021年6月30日(水)

プログラム


1.「質問」と「質問力」の違いに気づく
<レクチャー+演習>
 ・つい話したくなる人の質問の特徴
 ・「聞きたい」ことと「話したい」ことのギャップに気づく
 ・質問力を高めるポイント

2.質問力レベルにするためのトレーニング
<レクチャー+演習>
 ・相手に強い関心を示すことで生まれる質問
 ・自分主体で話す場面でも、聞き手に質問を向ける
 ・相手の話を「5W2H」で聞くテクニック
 ・質問しなくても相手が語りたくなるノンバーバル・テクニック

3.質問が容易になるコミュニケーション術
<レクチャー+演習>
 ・相手を受け入れるコミュニケーション
 ・相手との心理的距離を一気に縮める方法
 ・バーバル/ノンバーバルコミュニケーション

4.質問のシナリオを考える
<レクチャー+演習>
 ・相手との対話比率2:8を目指す
 ・シナリオに必要な仮説力
 ・会話のシナリオを想定し、質問設計する

5.質問の話法を磨く
<レクチャー+演習>
 ・アイスブレークの活用
 ・オープン/クローズドクエスチョンとは
 ・オープン/クローズドクエスチョンの効果的な使い方
 ・6つの切り口質問法で本音を引出す
 ・引き出したい回答を確実に得る話法(総合演習)

講師紹介

  • 村山 哲治氏(むらやま てつじ)

    村山 哲治氏(むらやま てつじ)

    東京ドアーズ/人間力教育センター代表

    人材教育会社で営業マンを経験したのち、教育コンサルタントとして独立。1998年社員教育とWeb制作・コンサルティングを行う東京ドアーズを設立し、大手企業をはじめ有名ECサイトの構築を行いWebコンサルタントとして全国で講演活動も行う。富士通ラーニングメディア専任講師。
     教育事業は、専門性を特化するため「人間力教育センター」を設立し、人の持つ潜在能力や心理的効果を高める「人間力」を引き出す教育プログラムで、営業マン教育・店舗活性化・プレゼンテーションの分野で特に定評が高い。これまでの受講者は延べ2万人以上、セミナーの依頼は2年先まで埋まる、知る人ぞ知るリピーター営業の専門家。 趣味のボクシングはプロのセコンドライセンスを持ち、自身もリングに上がることも。 主な著書に『一度売ったお客様に、三度売りなさい!』(日本実業出版社)、『実践!One to Oneマーケティング』、『成功するウェブサイト運営の7か条』(以上アイ・ディ・ジ-・ジャパン)、『事例でわかる インターネット商売で成功する法』(日本実業出版社)などがある。

「日経ビジネススクール」運営事務局
TEL 03-6812-8679 FAX 03-6812-8755 
Eメール:nikkei-bs@nex.nikkei.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

免責事項

≪お支払いについて≫
お支払いはクレジットカード決済のみとさせていただきます。
クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。

≪解約について≫
本セミナーは、お客様都合による解約は受け付けておりません。あらかじめご了承ください。

≪アーカイブ講座の個別規定と配信プラットフォームについて≫
本アーカイブ講座は、株式会社ファシオ(http://www.vita-facio.jp/)の配信プラットフォーム「Deliveru」により配信いたします。受講にあたっては、日経ビジネススクール利用規約に加え、その個別規程 として、同社との間では「Deliveru」利用規約が適用されます。また、本アーカイブ講座を受講される会員の個人情報は、本アーカイブ講座提供のために日経から同社に提供し、同社では同社のプライバシーポリシーに従って取り扱います。これらの各規約・ポリシーにご同意の上、お申し込み・ご利用ください。
株式会社ファシオ「Deliveru」利用規約(個別規程) https://deliveru.jp/terms/
株式会社ファシオ プライバシーポリシー(個別規程) https://deliveru.jp/policy/privacy/

「Deliveru」の利用環境は、次の「推奨環境」のとおりです。お申し込みにあたっては、予めテスト視聴サイトにて支障なく視聴いただけるかをご確認ください。
◎推奨環境 https://deliveru.jp/faq/#Q7
◎よくあるご質問 https://deliveru.jp/faq/
◎テスト視聴サイト https://deliveru.jp/pretest5/
ID livetest55
パスワード livetest55
≪お申し込みから受講までの流れ≫
1、お申し込みから4営業日以内に事務局より「Deliveru」の参加者IDをご提供いたします。
2、「Deliveru」にログインします。
3、お申し込みいただいたアーカイブ講座を開封します。
4、開封後14日間、視聴いただけます。この期間内に受講してください。

≪注意事項≫
※参加者IDは日経IDに登録されているメールアドレスに届きます。見落としがないようご注意ください。
開封期限:参加者ID発行後30日後まで
視聴期間:開封後14日間

※お渡しした参加者IDの開封期限を超えた場合のお振り替えや期限の延長はお受けいたしかねます。あらかじめご了承ください。
※本セミナーの録音・録画、資料の無断複製や共用は禁止しております。
※お渡しした参加者IDは受講者本人のみがお使いください。
テーマ
職位・対象
講座の特徴
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 基礎
カテゴリー
キーワード
  • コミュニケーション

「コミュニケーション」に関連するおすすめの講座

  • 伝わる・通じる文章を書く5つの力

    続きを読む

  • 日経の記者経験者がコツを伝授「伝わるビジネス文章力」講座【法人向け】

    続きを読む

  • ビジネスコーチ養成講座 資格取得コース(2021年10-12月期:ビジネスコーチ株式会社認定)

    続きを読む