アーカイブ講座
アーカイブ講座は、実際に行われた講座を収録したものを、WEB上でいつでも/どこでも受講できるサービスです。
テキストは受講の際にダウンロードすることが可能です。
※本講座は、2020年5月15日(金)に収録したものを一部編集・追加しています。


【講座のねらい】

 ビジネス環境が複雑化し、変化の幅が大きくなるなかで、経営や事業の現状を把握して適切に管理する管理会計の重要性が高まっています。企業の内部で業績管理や意思決定のために活用する管理会計は、法的なルールに基づくものではなく、企業が目的に合わせて最も効果のある方法を採用できます。経営管理に欠かせないツールですが、実際に活用するためには、まず専門家から正しい基礎知識を学ぶことが必要です。
 この講座は、会計に詳しくない方でも管理会計の本質が理解できることを目的に構成しています。固定費、変動費など原価の理解と分解手法、損益分岐点分析、限界利益(貢献利益)、予算管理など管理会計の基本を、企業指導経験豊富な公認会計士が事例を交えてわかりやすく解説します。
 管理会計を活用したい経営層、管理職、経営企画や経理財務部門のビジネスパーソンが主な受講対象です。

<この講座で学べること>
✔管理会計の基本を理解することで、コスト構造と利益のしくみがわかる
✔コストダウンと利益管理の最強ツールである管理会計を使った経営改善のPDCAが理解できる
✔事例にもとづく解説と単元ごとの演習で知識が定着し、実務活用のイメージがつかめる

概要

検索番号
P2002224
受講料
33,000円(税抜き30,000円)
申込期間
2020年6月29日(月)~2021年6月30日(水)

プログラム


◆1.管理会計の基本的な考え方
(1)原価計算と管理会計の関係
(2)集めた財務データの使い方 ~損益計算書と原価の関係
 【事例研究1】 A社の原価の上昇の原因は何か
  ・管理会計で問題点を洗い出し、フィードバックし、改善する
(3)管理会計の基本的な構造 ~管理会計は分解式
    原価=単価×消費量 ~単価と消費量(数量)を分けて考える
(4)管理会計のアプローチ ~PDCAとコストマネジメント
 【事例研究2】 材料費にみる単価と消費量の管理アプローチ
(5)5Sの重要性
(6)【演習1】 材料の値上げの影響を算定する ~自社の原価構造を知る

◆2.損益分岐点分析(CVP分析)を理解する
(1)原価とは何か ~コストの構造的理解
  ・グラフと数式からみる変動費と固定費
(2)変動費と固定費の分解方法
 【事例研究3】 会計データから変動費と固定費へ分解する
(3)損益分岐点分析の基本
 【事例研究4】 損益分岐点の求め方
  ・限界利益(貢献利益)の考え方
  ・損益分岐点分析の活用法
 【事例研究5】 利益計画に活かす・目標利益達成点売上高の計算方法
  ・変動費中心型企業と固定費中心型企業の特徴
(4)【演習2】 損益分岐点分析から何が読み取れるか

◆3.目標値を使った管理会計
(1)原価計算の基本と目標値の考え方
 【事例研究6】 同じモノを製造しても毎期原価は変わる?
  ・エクセルで規模効果と固定費を管理する
 ※演習用エクセルシート付き
(2)直接原価計算の考え方
  ・利益計画や内部管理に向いている
 【事例研究7】 直接原価計算を実際にやってみる
(3)予定原価の活用
 【事例研究8】 予定原価の効果
  ・実績値との差額をどのように管理するか
(4)標準原価計算の考え方
  ・コストダウンの余地を探る~価格か数量か、原因ごとに考える
 【事例研究9】 標準原価計算を実際にやってみる
  ・標準原価差異分析と対応法
(5)【演習3】 売上が変動したときの利益を計算する

◆4.管理会計の実務的活用
(1)予算管理で活用する際のポイント
 【事例研究10】 予算・実績比較の3つの注意点 ~原価が下がればすべてよい、とは言えない
(2)セグメント別損益計算書
 【事例研究11】 事業の採算性分析 ~赤字のA事業から撤退すべきか
  ・固定費を2種類に分ける ~個別費と共通費
(3)【演習4】 セグメント別損益計算書を作成する

◆5.まとめ

講師紹介

  • 南 俊基氏(みなみ としき)

    南 俊基氏(みなみ としき)

    南公認会計士事務所代表、公認会計士

    早稲田大学政治経済学部経済学科卒業、慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了。監査法人トーマツにて、財務調査を中心に会社更生法監査、事業再編等を担当。その後、ソニーグループの経営戦略コンサルティング会社にて原価管理体制の構築、グループ会社再編等の財務戦略の立案、また財務省理財局にて財政投融 資調査業務に従事。上場バイオベンチャーの役員を経て現職。メーカー、医療機関、バイオベンチャー等に対して、財務戦略、コスト管理、事業再編に関するコ ンサルティングを行っている。併せて、会計・財務等の企業研修を数多く手がけている。公認会計士、税理士、日本証券アナリスト協会検定会員。

    開催日時 講師が担当する他の講座
    2021年10月19日(火) 決算書からのビジネスモデル分析入門
    2021年9月27日(月) 原価計算と管理会計の基礎知識
    2021年8月19日(木) 事業計画作成と収支予測の基本

「日経ビジネススクール」運営事務局
TEL 03-6812-8679 FAX 03-6812-8755 
Eメール:nikkei-bs@nex.nikkei.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

免責事項

≪お支払いについて≫
お支払いはクレジットカード決済のみとさせていただきます。
クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。

≪解約について≫
本セミナーは、お客様都合による解約は受け付けておりません。あらかじめご了承ください。

本アーカイブ講座は、株式会社ファシオ(http://www.vita-facio.jp/)の配信プラットフォーム「Deliveru」により配信いたします。受講にあたっては、日経ビジネススクール利用規約に加え、その個別規程 として、同社との間では「Deliveru」利用規約が適用されます。また、本アーカイブ講座を受講される会員の個人情報は、本アーカイブ講座提供のために日経から同社に提供し、同社では同社のプライバシーポリシーに従って取り扱います。これらの各規約・ポリシーにご同意の上、お申し込み・ご利用ください。
株式会社ファシオ「Deliveru」利用規約(個別規程) https://deliveru.jp/terms/
株式会社ファシオ プライバシーポリシー(個別規程) https://deliveru.jp/policy/privacy/

「Deliveru」の利用環境は、次の「推奨環境」のとおりです。お申し込みにあたっては、予めテスト視聴サイトにて支障なく視聴いただけるかをご確認ください。
◎推奨環境 https://deliveru.jp/faq/#Q7
◎よくあるご質問 https://deliveru.jp/faq/
◎テスト視聴サイト https://deliveru.jp/pretest5/
ID livetest55
パスワード livetest55
≪お申し込みから受講までの流れ≫
1、お申し込みから4営業日以内に事務局より「Deliveru」の参加者IDをご提供いたします。
2、「Deliveru」にログインします。
3、お申し込みいただいたアーカイブ講座を開封します。
4、開封後14日間、視聴いただけます。この期間内に受講してください。

≪注意事項≫
※参加者IDは日経IDに登録されているメールアドレスに届きます。見落としがないようご注意ください。
開封期限:参加者ID発行後30日後まで
視聴期間:開封後14日間

※お渡しした参加者IDの開封期限を超えた場合のお振り替えや期限の延長はお受けいたしかねます。あらかじめご了承ください。
※本セミナーの録音・録画、資料の無断複製や共用は禁止しております。
※お渡しした参加者IDは受講者本人のみがお使いください。