アーカイブ講座 テレワーク時代の仕事のミスを防止する「しかけ」「改善」実践ノウハウ 簡単なポカヨケ的な方法から高度な管理・改善手法をベースとした方法まで、幅広く紹介します

アーカイブ講座
アーカイブ講座は、実際に行われた講座を収録したものを、WEB上でいつでも/どこでも受講できるサービスです。
当日使用したテキストは受講の際にダウンロードすることが可能です。
※本講座は、2020年6月17日(水)に収録したものを一部編集・追加しています。


【講座のねらい】

新型コロナウィルス感染防止のために、テレワークや在宅勤務などを取り入れた企業が急増しています。一方で、これらの施策によって、仕事の個人管理化が進んでいます。
仕事の個人管理化は、チェック機能が滞ったり、コミュニケーション不足によるトラブル、ミス検出力の低下といった問題があり、ミス防止は、テレワークなどの業務スタイルにおいても必須の取り組みとなっています。

一方、昨今のビジネス環境は、1回のミスが及ぼす影響が想定以上に大きくなっています。そのような状況下において、テレワークなどの個人完結型の業務スタイルでは、ミスを止めることが困難となり、ミスが企業や組織の存亡に関わるとも言えるのではないでしょうか。ミス防止改善は、「できて当たり前」のことに取り組むというイメージが強いですが、それでは取り組む気力が湧きません。投資対効果としての評価もできません。ミス防止は、ミスをなくすことそのものを目的にしてしまうと、うまくいきません。あくまで目的は品質・コスト・納期などの改善、そして働き方の改善です。

この講座では、簡単なポカヨケ的な方法から高度な管理・改善手法をベースとした方法まで、幅広く紹介します。これら管理・改善手法は、ミス防止の効果だけでなく、仕事のレベルアップや製品・サービスの品質、コスト、納期の向上などに寄与する手法です。これらの手法を取り入れることで、みなさまの働き方が改善されるとともに、仕事がもっとおもしろくなり、競争力ある価値を生み出すものとなることを期待しています。

※この講座は、日経ビジネススクールで好評の公開講座『仕事のミスを防止する「しかけ」「改善」具体策』を、オンライン配信用に短縮して収録したものです。

リアルタイムで講義を受けていただけるライブ配信講座「仕事のミスを防止する『しかけ』『改善』具体策」はこちらから→2021年3月31日(水)「仕事のミスを防止する『しかけ』『改善』具体策」

概要

検索番号
P2002285
受講料
33,000円(税抜き30,000円)
申込期間
2020年8月17日(月)~2021年3月31日(水)

プログラム


1 テレワーク型の仕事環境におけるミス防止の課題と取り組み姿勢
・働き方を取り巻く環境とミスのブラックボックス化
・仕事の個人管理化と個人完結型の問題
・ミスの本当の怖さ
・ミスとその原因の分類
・テレワーク型の仕事環境におけるミスをなくす改善姿勢

〔コンサルでよく受ける相談:その1〕 ミスとQCDSと改善姿勢 ―ミス防止が必要な真の理由とは

2 人の行動特性タイプ別ミスの傾向と対策
・細部が気になる人
・場当たり的に仕事をする人
・言われたことしかしない人
・認識が他の人とずれる人
・何でも抱え込んでしまう人
・仕事が中途半端な人
・すぐ忘れてしまう人

3 人のマインド・集中力とミス防止風土を高めるしかけ
・在宅勤務の孤立感からのマインド低下によるミスをなくそう
・仕事に後ろ向きな自分を変えて意識と緊張感を高めてミスをなくそう
・業務遂行能力の過不足を認識して仕事のムラを解消してミスをなくそう
・お互いの気持ちを気遣い合い助け合ってミスに強い職場にしよう
・ミスを認め向き合い自ら解決しようとするマインドを高めよう

〔コンサルでよく受ける相談・その2〕 ルールを守らない人 -解決策はあるのか

4 コミュニケーションエラーをなくすしかけ
・TV会議システム特有のコミュニケーションエラーをなくそう
・イメージによって全体と個々の関係を正しく伝え伝達ミスをなくそう
・依頼・指示を往復コミュニケーションにして誤認識の防止をしよう
・仕事の目的を伝えて次プロセスで問題となるミスを防止しよう
・できることを確認するまで教えて教育不足のミスをなくそう
・見える化でやりとりを重ねるうちに発生するズレ・モレをなくそう

〔コンサルでよく受ける相談:その3〕 データロストとコミュニケーションロスト -ロストを防ぐために

5 ミスの起きにくい仕事環境をつくるしかけ
・在宅勤務の個人自己完結型の仕事環境でのミス流失をなくそう
・身の回りを必要なモノだけにして間違えるミスをなくそう
・1×1によって必要なモノがわかり間違えないようにしよう
・机上ゼロ帰宅で片付けることを習慣化して乱雑によるミスをなくそう
・戻させる仕掛けで散らかし防止をして混乱によるミスをなくそう
・置き場・ファイル・文書の表示方法を統一してファイリングミスをなくそう

6 ミス防止を前提とした仕事の計画・段取りをするしかけ
・現場の知恵をリアルタイムに入れた手順書で間違いのない仕事をしよう
・行動矯正型帳票で手順を徹底して抜け落ちミスをなくそう
・系統立てた作業計画で作業の抜けや順番違いのミスをなくそう
・想定外の課題やリスクを想定して準備してミス防止をしよう
・ToDo型ストア管理で仕事の一元管理を行って失念ミスをなくそう

7 ミスに強い仕事のプロセス・手順・方法をつくるしかけ
・必要な時に必要なだけの資料・データにしてミスの元凶をなくそう
・仕事は小さなPDCAをたくさん回してミスを小さくしていこう
・先行一気通貫のスタイルで想定外のミスをあぶり出してつぶそう
・ペア作業スタイルで動作と判断を分離して見逃しミスをなくそう
・目+1での照合によって目で追う見落とし・見間違いミスをなくそう

8 ミスの起きやすい変更・変化時の管理力を高めるしかけ
・変化点検討シートで4M変化への対応計画を用意してミスをなくそう
・取引先の変化の見える化で対応モレミスを防止しよう
・文書の変更箇所の一元管理下で変更見落としミスを防止しよう
・ファイル名の変更の見える化で最新と有効の間違いをなくそう

9 ミスを防ぐ機械化とポカヨケ技術を身につけるしかけ
・入力作業のポカヨケの仕掛けを組み込んで入力ミスをなくそう
・必要なデータだけを見える化し処理の見落としミスをなくそう
・入力ミスを自動検出する仕掛けを組み込んで入力ミスを防止しよう
・データ参照関数で見て判断して入力するミスをなくそう

〔コンサルでよく受ける相談・その4〕 ・人の仕事からRPAへ -RPA化でミスが起きる理由は

10 ミスの検出力を高めてミスの被害拡大防止力を高めるしかけ
・毎日ミーティングでブラックボックス化したミスを見える化しよう
・計算過程を見える化してミスしている箇所を見つけよう
・行動型チェックリストで中身を確認して見逃しミスをなくそう
・作業と逆の順番・方法で確認して見落としミスをみつけよう
・バラツキ視点で異常工数を見える化してミスをあぶり出そう

11 ミスの再発防止の改善力と未然防止の異常処置力を高めるしかけ
・ミスの危険予知訓練でヒヤリ・ハット改善を進めよう
・ミスKYTでヒヤリ・ハット改善
・ロジックツリーでミスの原因を掘り下げて根治改善しよう
・チェックリストのミスの傾向分析をしてチェックの有効性を高めよう
・チェック回数確認表でミスの傾向を見てチェックの有効性評価
・イレギュラーは再現させて検証してミス防止改善をしよう
・イメージしたイレギュラー時のミスを再現して検証する
・異常発生時の対応手順のイメージをもたせ異常処置ミスをなくそう
・異常発生時のケーススタディによる処置イメージをもたせる

講師紹介

  • 松井 順一氏(まつい じゅんいち)

    松井 順一氏(まつい じゅんいち)

    コンサルソーシング株式会社代表取締役

    システムアナリスト、情報システム監査技術者、中小企業診断士。アイシン精機株式会社にてABS等の新製品開発に従事。微小洩れ測定法開発にて科学技術庁長官賞を受賞。その後、社団法人中部産業連盟、大手コンサルティング株式会社、現職にて工場改善・管理間接・開発業務改善、5S、目で見る管理、経営戦略のコンサルティングを行う。著書に『仕事のミスをなくす99のしかけ』『仕事の「見える化」99のしかけ』(日本能率協会マネジメントセンター)、『職場の「かんばん方式」2―トヨタ式人づくり改善塾』(日経BP社)など。

    開催日時 講師が担当する他の講座
    2021年9月8日(水) 仕事のミスを防止する「しかけ」「改善」具体策

「日経ビジネススクール」運営事務局

TEL 03-6812-8679 FAX 03-6812-8755  Eメール:nikkei-bs@nex.nikkei.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

免責事項

≪お支払いについて≫
お支払いはクレジットカード決済のみとさせていただきます。
クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。

≪解約について≫
本セミナーは、お客様都合による解約は受け付けておりません。あらかじめご了承ください。

≪アーカイブ講座の個別規定と配信プラットフォームについて≫
本アーカイブ講座は、株式会社ファシオ(http://www.vita-facio.jp/)の配信プラットフォーム「Deliveru」により配信いたします。受講にあたっては、日経ビジネススクール利用規約に加え、その個別規程 として、同社との間では「Deliveru」利用規約が適用されます。また、本アーカイブ講座を受講される会員の個人情報は、本アーカイブ講座提供のために日経から同社に提供し、同社では同社のプライバシーポリシーに従って取り扱います。これらの各規約・ポリシーにご同意の上、お申し込み・ご利用ください。
株式会社ファシオ「Deliveru」利用規約(個別規程) https://deliveru.jp/terms/
株式会社ファシオ プライバシーポリシー(個別規程) https://deliveru.jp/policy/privacy/

「Deliveru」の利用環境は、次の「推奨環境」のとおりです。お申し込みにあたっては、予めテスト視聴サイトにて支障なく視聴いただけるかをご確認ください。
◎推奨環境 https://deliveru.jp/faq/#Q7
◎よくあるご質問 https://deliveru.jp/faq/
◎テスト視聴サイト https://deliveru.jp/pretest5/
ID livetest55
パスワード livetest55
≪お申し込みから受講までの流れ≫
1、お申し込みから4営業日以内に事務局より「Deliveru」の参加者IDをご提供いたします。
2、「Deliveru」にログインします。
3、お申し込みいただいたアーカイブ講座を開封します。
4、開封後14日間、視聴いただけます。この期間内に受講してください。

≪注意事項≫
※参加者IDは日経IDに登録されているメールアドレスに届きます。見落としがないようご注意ください。
開封期限:参加者ID発行後30日後まで
視聴期間:開封後14日間

※お渡しした参加者IDの開封期限を超えた場合のお振り替えや期限の延長はお受けいたしかねます。あらかじめご了承ください。
※本セミナーの録音・録画、資料の無断複製や共用は禁止しております。
※お渡しした参加者IDは受講者本人のみがお使いください。
テーマ
職位・対象
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 基礎
  • 実践
カテゴリー
キーワード
  • マーケティングポジション
  • マーケティング戦略
  • マーケティング特性

「戦略思考・問題解決」に関連するおすすめの講座

  • 仕事のミスを防止する「しかけ」「改善」具体策

    続きを読む

  • ビジネス・仕事に使える「ロジカルシンキング」

    続きを読む

  • イノベーションを生み出すクリティカルシンキング

    続きを読む