テレワーク活用に向けた労務管理体制見直しのポイント

  • BASIC
  • 人事・労務・総務
  • マネージャー
  • リーダー
  • 新任
  • 課長
  • 中堅
  • 若手
  • ベーシック300
  • more

ウィズコロナ時代に必要なマネジメント知識

テレワーク活用に向けた労務管理体制見直しのポイント

実務上の課題を改善し、適切な運用で成果に導く

【ライブ配信実施】
本講座は、ライブ配信で実施いたします。職場や自宅のPCからアクセスして学べます。
また、見逃し視聴のご案内も行う予定です。受講方法の詳細等は、お申込みいただいた方に別途メールでご案内いたします。


 新型コロナウイルス感染拡大防止策とBCP対策として、多くの企業がテレワークの本格導入を前倒ししたり、急遽導入しています。
 しかし、十分に準備したうえでの導入ではないため、テレワークのための環境整備や労務管理などにおいて課題が多い状況です。現場のマネジャーは実務上の課題を改善しながら、適切に運用して、成果に導くことが求められています。
 本講座は、現場でテレワークを運用するマネジャーや総務・人事担当者向けに、ウィズコロナの新しい働き方におけるテレワークの目的や、実施にあたっての検討事項、労務管理体制や社内規程の見直しのポイント、運用上の課題と解決に向けたチェックポイントを解説します。

■主な対象:
現場でテレワークを運用するマネジャーや総務・人事担当者など

※本講座はライブ配信で実施します。講義開始10分前(13:20)までにログインしてください。
※あらかじめテスト視聴サイトにて支障なく視聴いただけるかをご確認のうえ、お申し込みください。

概要

テレワーク活用に向けた労務管理体制見直しのポイント

検索番号
P2002286
開催日時
2020年10月16日(金)13:30~16:30
定員
50
受講料
33,000円(税抜き30,000円)
会場
オンライン講座
申込期間
2020年8月19日(水)~10月15日(木)

プログラム

◆1.コロナ対策としてのテレワーク
(1)テレワークの実施状況
(2)コロナ対策としてのテレワークの特殊性
(3)明らかになった課題

◆2.テレワーク環境の整備
(1)実施目的の明確化
(2)ICT環境の整備
(3)セキュリティー対策

◆3.労務管理体制の見直し
(1)労働時間管理
(2)健康管理
(3)費用負担
(4)人事評価における検討事項
(5)労働災害の考え方

◆4.社内規程の整備
(1)就業規則の見直し
(2)在宅勤務規程の整備
(3)BYOD(私物携帯端末の業務利用)規程

◆5.マネジメントの課題と対策
(1)テレワークが適用されない社員
(2)ハンコ文化の壁
(3)コミュニケーションのポイント
(4)リモートハラスメント
(5)過重労働  
(6)自宅のテレワーク環境
(7)BCP対策としてのテレワーク

講師紹介

  • 毎熊 典子氏(まいくま のりこ)

    毎熊 典子氏(まいくま のりこ)

    フランテック社会保険労務士事務所、特定社会保険労務士

    慶應義塾大学法学部法律学科卒業。特定非営利活動法人日本リスクマネジャー&コンサルタント協会評議員・認定上級リスクコンサルタント、一般社団法人日本プライバシー認証機構認定プライバシーコンサルタント、東京商工会議所認定健康経営エキスパートアドバイザー。雇用をめぐる企業のリスク対策やダイバーシティー時代における労務管理などに関する講演、執筆多数。主な著書、論文は『これからはじめる在宅勤務制度』(中央経済社)、『外国人の雇用管理における留意点』『会社法務A2Z』(第一法規)、『従業員の個人情報管理の実務ポイントと規定例』『労務事情』(産労総合研究所)など。

「日経ビジネススクール」運営事務局
TEL 03-6812-8679 FAX 03-6812-8755 
Eメール:nikkei-bs@nex.nikkei.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

免責事項

本講座の内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。
主催者の諸般の事情や、天災地変その他の不可抗力の事態により、本講座の一部あるいは全部を中止させていただく場合がございます。また、受講方法を切り替える場合もございます。(例:ライブ配信・アーカイブ配信から教室受講への切り替え、その逆など)
その場合は、運営事務局から受講者に対して、本サイトや、電子メールなどで事前に告知します。ただし、事由によっては事前の告知がないことをあらかじめご了承ください。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合、残り期間または残り回数に応じて精算した受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返金します。この場合、返金時の振込手数料は日経が負担します。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などの費用については、日経は補償いたしかねます。
受講方法を切り替えた場合でも、受講料金の変更はございません。

≪お申し込み・ご入金について≫
各講座により指定の方法での入金をお願いいたします。
請求書払いの場合は、日経が指定する銀行口座に全額を現金でお振り込みください。振込手数料は受講申込者でご負担ください。ご入金の締切日は請求書に記載いたします。必ず入金締切日までに入金をお願いします。※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に運営事務局までご連絡ください。
請求書でのお支払いを選択された場合、ご希望の方には領収書を発行いたします。運営事務局までご連絡ください。クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。

≪解約について≫
やむを得ず解約される場合は、受講開始日の3営業日前の15:00までに、運営事務局までご連絡ください。返金手数料2,200円(税込み)を申し受け、ご指定の銀行口座に振り込むことで、返金いたします。それ以降の解約はお受けいたしかねます。※運営事務局の営業日は、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日となります。

≪ライブ配信講座の個別規定と配信プラットフォームについて≫
株式会社ファシオ(http://www.vita-facio.jp/)の配信プラットフォーム「Deliveru」により配信いたします。
また、本ライブ配信講座を受講される会員の個人情報は、本ライブ配信講座提供のために日経から同社に提供し、同社では同社のプライバシーポリシーに従って取り扱います。
これらの各規約・ポリシーにご同意の上、ご利用ください。
◎株式会社ファシオ「Deliveru」利用規約(個別規程):https://deliveru.jp/terms/
◎株式会社ファシオ プライバシーポリシー(個別規程):https://deliveru.jp/policy/privacy/
「Deliveru」の利用環境は、次の「推奨環境」のとおりです。お申し込みにあたっては、予めテスト視聴サイトにて支障なく視聴いただけるかをご確認ください。
◎推奨環境:https://deliveru.jp/faq/#Q8
◎よくあるご質問:https://deliveru.jp/faq/
◎テスト視聴サイト:https://deliveru.jp/pretest5/
ID livetest55
パスワード livetest55
◎双方向機能テスト視聴サイトhttps://deliveru.jp/pretests/discussionroom
ID livetest55
パスワード livetest55 

≪注意事項≫
※本セミナーの録音・録画、資料の無断複製や共用は禁止しております。

「人事・労務・総務」に関連するおすすめの講座