会社役員・経営幹部シリーズ 経営視点でのDX戦略の進め方 自社戦略に適合したデジタル化をどのように進めるか

アーカイブ講座
アーカイブ講座は、実際に行われた講座を収録したものを、WEB上でいつでも/どこでも受講できるサービスです。
当日使用したテキストは受講の際にダウンロードすることが可能です。
※本講座は、2021年3月30日(火)に収録したものを一部編集・追加しています。


【講座のねらい】
 新型コロナウイルス禍でデジタル・トランスフォーメーション(DX)が加速しています。どう耐えるかではなく、どう適応していくか、DXを目標のひとつに掲げ、ビジネスモデルの転換にチャレンジする企業が出てきています。

 DXはさまざまな事象をデジタル化することですが、それだけでは企業の利益に寄与できません。これまでなかったデータを収集・活用して、企業にとっての「価値の創造」につなげる必要があります。そのためには、AIやIoTなど、デジタル技術を活用したセンシングやデータ分析により、正確に変化を把握、迅速に判断、動き出すことが求められます。DXを実践するための「デジタルリテラシー」はマネジメントの必須知識となっています。

 この講座では、技術やデジタルのバックグラウンドがない会社役員・経営幹部の皆様を主な対象に、企業のDX、デジタル化を指導する専門家が、いま企業の求められるDXによる価値創造のポイントを理解し、実践するために必要な知識について、事例を交えてわかりやすく解説します。

 新任や比較的経験の浅い役員・幹部の皆様が、他社の役員・幹部と一緒に学ぶことができる講座です。皆様のご参加をお待ちしております。

主な対象:技術やデジタルのバックグラウンドがなく、「デジタルリテラシー」を学びたい経営者、会社役員・経営幹部の皆様、自社のDX戦略づくりと実践のポイントを知りたい経営者、会社役員、経営幹部の皆様 など

概要

検索番号
P2102529
受講料
48,400円(税抜き44,000円)
申込期間
2021年4月15日(木)~10月15日(金)

プログラム

◆1.AI+αが創る、新しいビジネスにつながるテクノロジー
(1)新素材(新分子)の開発
   ~繊維、化学素材、製薬など新しい素材をつくる
(2)高品質なものを安定して作る緻密制御技術
  ・ガス、石炭発電、コンクリート、酒類などでの応用
  ・マスカスタマイゼーションの実現
(3)ロボット活用とロボットビジネス
  ・人の代わりになるロボット実現の可能性
  ・AIにより高度な作業を行うロボット
  ・中小製造業の活路となるロボットビジネス
(4)スマートシティー
  ・5Gでビジネスは変わるのか?
  ・日本におけるスマートシティーの動向とビジネスチャンス

◆2.DXを見据えた経営戦略の検討と判断
(1)戦略目標の立て方
  ・「虚構の指標」で失敗する戦略づくり
  ・利益に結びつくKPIの設定
(2)共有価値の創造とSDG‘s
  ・これまでの企業に不足していた中長期の視点
  ・ソーシャル時代の安定経営の秘訣
(3)価値の高いデータとは何か
  ・売上と在庫の予測はゴールではない
  ・外部データを活用する意味と価値
  ・目に見えなかった関係性をデータ化する
  ・人の感情をデータ化する方法
  ~顧客満足度、従業員満足度、顧客の購買心理など

◆3.デジタル戦略、DX戦略の実践ポイント
(1)ダイナミックな組織づくり
  ・役割分担からプロジェクト制へ
  ・プロジェクト評価のポイント
(2)イノベーションでのリスク低減とプロジェクトマネジメント
  ・コストを抑える開発の進め方
  ・リモートワークでの情報とリスクの共有
  ・DevOps(デブオプス)の活用
  ~無駄なく確実に高い価値のあるものを開発する方法
(3)リモートワークでのセキュリティー
   ・セキュリティーと利便性の両立
   ・ゼロトラスト視点でのセキュリティーマネジメント
(4)外部コンサルタントや提携企業の活用法
   ・自社に足りない人材を効率的に補う
   ・アウトソーシング、クラウドソーシングのメリットとデメリット
(5)人材育成の考え方
   ・技術に強い組織づくりを目指す
   ・プロジェクトリーダーの育成
   ・技術教育への投資、予算化

◆4.まとめとQ&A

講師紹介

  • 伊本 貴士氏(いもと たかし)

    伊本 貴士氏(いもと たかし)

    メディアスケッチ 代表取締役 サイバー大学客員講師

    NECソフト、フューチャーアーキテクトなどを経て、2009年技術コンサルティングを行うメディアスケッチを設立。IoTやAIを中心に企業へ新技術導入、教育のコンサルティングを行う。著書に『IoTの教科書』(日経BP社)など。ホンマでっか!? TV(フジテレビ)や、サンデーLive!!(テレビ朝日)などに出演のほか、IoTや人工知能などの最先端技術分野における講演多数。

    開催日時 講師が担当する他の講座
    2021年12月23日(木) マネジメントに必要なDXの基礎知識
    2021年11月19日(金) DX戦略による価値創造の進め方

「日経ビジネススクール」運営事務局

TEL 03-6812-8679 FAX 03-6812-8755  Eメール:nikkei-bs@nex.nikkei.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

免責事項

≪お支払いについて≫
お支払いはクレジットカード決済のみとさせていただきます。
クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。

≪解約について≫
本セミナーは、お客様都合による解約は受け付けておりません。あらかじめご了承ください。

≪アーカイブ講座の個別規定と配信プラットフォームについて≫
本アーカイブ講座は、株式会社ファシオ(http://www.vita-facio.jp/)の配信プラットフォーム「Deliveru」により配信いたします。受講にあたっては、日経ビジネススクール利用規約に加え、その個別規程 として、同社との間では「Deliveru」利用規約が適用されます。また、本アーカイブ講座を受講される会員の個人情報は、本アーカイブ講座提供のために日経から同社に提供し、同社では同社のプライバシーポリシーに従って取り扱います。これらの各規約・ポリシーにご同意の上、お申し込み・ご利用ください。
株式会社ファシオ「Deliveru」利用規約(個別規程) https://deliveru.jp/terms/
株式会社ファシオ プライバシーポリシー(個別規程) https://deliveru.jp/policy/privacy/

「Deliveru」の利用環境は、次の「推奨環境」のとおりです。お申し込みにあたっては、予めテスト視聴サイトにて支障なく視聴いただけるかをご確認ください。
◎推奨環境 https://deliveru.jp/faq/#Q7
◎よくあるご質問 https://deliveru.jp/faq/
◎テスト視聴サイト https://deliveru.jp/pretest5/
ID livetest55
パスワード livetest55
≪お申し込みから受講までの流れ≫
1、事務局より「Deliveru」の参加者IDをメールでご案内します。
※配信開始日以前のお申し込みの場合:配信開始当日にご案内
 配信開始日以降のお申し込みの場合:お申し込みから4営業日以内にご案内
2、メール記載の内容に沿って「Deliveru」にログインします。
3、お申し込みいただいたアーカイブ講座を開封します。
4、開封後14日間、視聴いただけます。この期間内に受講を完了してください。

≪注意事項≫
※参加者IDは日経IDに登録されているメールアドレスに届きます。見落としがないようご注意ください。
開封期限:参加者ID発行後30日後まで
視聴期間:開封後14日間

※お渡しした参加者IDの開封期限を超えた場合のお振り替えや期限の延長はお受けいたしかねます。あらかじめご了承ください。
※本セミナーの録音・録画、資料の無断複製や共用は禁止しております。
※お渡しした参加者IDは受講者本人のみがお使いください。
テーマ
職位・対象
講座の特徴
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 基礎
  • 実践
カテゴリー
キーワード
  • DX
  • デジタル人材
  • プロジェクトマネジメント
  • リーダーシップ