会社役員・経営幹部シリーズ DX戦略による価値創造の進め方 役員・幹部対象:カオスな時代を乗り切る事業のデジタル対応の考え方と実践法

アーカイブ講座
アーカイブ講座は、実際に行われた講座を収録したものを、WEB上でいつでも/どこでも受講できるサービスです。
当日使用したテキストは受講の際にダウンロードすることが可能です。
※本講座は、2021年11月19日(金)に収録したものを一部編集・追加しています。


【講座のねらい】

 新型コロナウイルス禍でデジタルトランスフォーメーション(DX)が加速しています。どう耐えるかではなく、どう適応していくか、DXを目標に掲げ、ビジネスモデルの転換にチャレンジする企業が出てきています。

 DXとはさまざまな事象をデジタル化することですが、それだけでは企業の利益に寄与できません。これまでなかったデータを収集・活用して、企業にとっての「価値の創造」につなげることがねらいです。そのためには、AIやIoTなど、デジタル技術を活用したセンシングやデータ分析により、正確に変化を把握、迅速に判断、動き出すことが求められます。DXを実践するための「デジタルリテラシー」はマネジメントの必須知識となっています。

 この講座では、技術やデジタルの経験値が少ない会社役員・経営幹部の皆様を主な対象に、いま企業の求められるDXによる価値創造のポイントを理解し、自社のDX戦略を実践するために必要な知識について、企業のDX、デジタル転換を指導する専門家が、多くの事例を交えながらポイントをわかりやすく解説します。

■この講座のポイント:
・企業のDXを支援する専門家が、最新動向や注目すべき事例を紹介
・自社のDX戦略を進めるために必要な価値創造の視点や組織づくりのポイントを解説
・技術やデジタルの経験値が少ない会社役員・経営幹部の皆様に必要なデジタルリテラシーを習得

主な対象:
・自社のDX戦略の構築と実践のポイントを知りたい経営者、会社役員、経営幹部の方
・技術やデジタルが専門領域ではないが、「デジタルリテラシー」を学びたい、経営者、会社役員・幹部の方 など

受講者の感想:
・多くの内容が盛り込まれており、 DXについての理解が進んだ
・資料の作り込みが素晴らしく、具体的な事例が多くてわかりやすかった
・オンラインでの研修であったが、想像していた以上によかった etc.

概要

検索番号
P2102529
受講料
48,400円(税抜き44,000円)
申込期間
2021年12月1日(水)~2022年5月31日(火)

プログラム

◆1.DXの本質と企業が取り組むべき6つのデジタル化
(1)DXの本質と本分
(2)企業がDXを急ぐ必要性
(3)DXの目的と進め方
(4)コミュニケーション、効率、品質、キャッシュフロー、リスク、価値の6つをデジタル化する
(5)内部のDXと外部連携のDX
(6)DXの優先順位付け指標とフレームワーク
 
◆2.DXで優先して取り組むべき課題と再構築
(1)「コミュニケーション」を再考する
 ・多様化するチャネルに合わせた顧客との関係の見直し
 ・行動分析と効果測定による着実な成果実現
 ・プラットフォーム戦略による顧客の囲い込みと他社との差別化
 ・効率的でスマートな情報共有のデジタル化
 ・サプライチェーンのデジタル化による流通の高速化
 ・デジタル化すべきではないコミュニケーション領域
(2) 「価値の計測」を再考する
 ・価値に結びつく指標と虚構の指標で理解する正しい目標設定
 ・組織パフォーマンスのデジタル化による正しい評価
 ・組織文化のデジタル化による進行度の確認
 ・顧客満足度のデジタル化によるブランド価値の向上
 ・評判分析による企業価値の維持
(3)「リスク管理」を再考する
 ・状態変化のデジタル化で実現する予測と異常検知
 ・動きのデジタル化による管理の自動化
 ・物体検知による状況確認
 ・スマート保安で実現する人に依存しない安全管理
(4)「最適な制御」を再考する
 ・遠隔制御による人依存と場所依存からの脱却
 ・効率的な多対多のメッセージ制御
 ・集団制御の技術と動向~スワーム・ロボティクス
 ・シミュレーションで実現する複雑なロボット制御とスマートファクトリー
(5)「相関」を見える化する
 ・相関分析の有効性と疑似相関の注意点
 ・AIと相関分析の関係
 ・AIによる緻密制御の実現
 ・AIによる超高品質管理とカスタマイズ製造

◆3.データを資産化してマネジメントする
(1)データ収集のポイント
 ・データ収集戦略の策定
 ・必要なデータの探索場所と発見方法
 ・オープンデータの活用
 ・データ流通プラットフォーム
 ・センサーデバイスの独自開発
(2)ビッグデータ運用のポイント
 ・ERPデータの活用とレガシーマイグレーション(移行)の考え方
 ・統合データベースの構築
 ・個人情報の管理とスクリーニング
 ・データ改ざんの監視
 ・リアルタイムデータ処理

◆4.デジタル時代で生き残る組織作り
(1)デジタル化を阻害するモノと対応策
 ・イノベーションのジレンマにある阻害要因
 ・プロジェクトメンバーの選定
 ・外部連携のポイント
 ・評価制度と働き方改革
 ・管理部門と現場の関係構築
(2)リーン思考で実現するスマートな事業変革
 ・リーン思考の哲学
 ・企業にイノベーションが必要とされる理由
 ・事業変革における実験法
  ~早期に投資か撤退かを判断する
 ・迅速なプロトタイプの作成と導入すべきツール
 ・クラウドファンディングの活用
(3)DXとAIが起こす破壊的イノベーション
 ・保守的イノベーションと破壊的イノベーション
 ・DX時代における破壊的イノベーション企業の特徴
 ・AIによって巻き起こる新素材開発競争
 ・環境保全と新電力開発
 ・製造業の鍵となるロボット開発

◆5.まとめとQ&A

講師紹介

「日経ビジネススクール」運営事務局

TEL 03-6812-8679 FAX 03-6812-8755  Eメール:nikkei-bs@nex.nikkei.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

免責事項

≪お支払いについて≫
お支払いはクレジットカード決済のみとさせていただきます。
クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。

≪解約について≫
本セミナーは、お客様都合による解約は受け付けておりません。あらかじめご了承ください。

≪アーカイブ講座の個別規定と配信プラットフォームについて≫
本アーカイブ講座は、株式会社ファシオ(http://www.vita-facio.jp/)の配信プラットフォーム「Deliveru」により配信いたします。受講にあたっては、日経ビジネススクール利用規約に加え、その個別規程 として、同社との間では「Deliveru」利用規約が適用されます。また、本アーカイブ講座を受講される会員の個人情報は、本アーカイブ講座提供のために日経から同社に提供し、同社では同社のプライバシーポリシーに従って取り扱います。これらの各規約・ポリシーにご同意の上、お申し込み・ご利用ください。
株式会社ファシオ「Deliveru」利用規約(個別規程) https://deliveru.jp/terms/
株式会社ファシオ プライバシーポリシー(個別規程) https://deliveru.jp/policy/privacy/

「Deliveru」の利用環境は、次の「推奨環境」のとおりです。お申し込みにあたっては、予めテスト視聴サイトにて支障なく視聴いただけるかをご確認ください。
◎推奨環境 https://deliveru.jp/faq/#Q7
◎よくあるご質問 https://deliveru.jp/faq/
◎テスト視聴サイト https://deliveru.jp/pretests/video
ID livetest55
パスワード livetest55
≪お申し込みから受講までの流れ≫
1、事務局より「Deliveru」の参加者IDをメールでご案内します。
※配信開始日以前のお申し込みの場合:配信開始当日にご案内
 配信開始日以降のお申し込みの場合:お申し込みから4営業日以内にご案内
2、メール記載の内容に沿って「Deliveru」にログインします。
3、お申し込みいただいたアーカイブ講座を開封します。
4、開封後14日間、視聴いただけます。この期間内に受講を完了してください。

≪注意事項≫
※参加者IDは日経IDに登録されているメールアドレスに届きます。見落としがないようご注意ください。
開封期限:参加者ID発行後30日後まで
視聴期間:開封後14日間

※お渡しした参加者IDの開封期限を超えた場合のお振り替えや期限の延長はお受けいたしかねます。あらかじめご了承ください。
※本セミナーの録音・録画、資料の無断複製や共用は禁止しております。
※お渡しした参加者IDは受講者本人のみがお使いください。
テーマ
職位・対象
講座の特徴
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 基礎
  • 実践
カテゴリー
キーワード
  • DX
  • デジタル人材
  • ビジネスモデル
  • プロジェクトマネジメント
  • プロセスデザイン