実質的推進リーダーが中核的スキルセットを習得する 日経記事で学ぶドラッカー流「DX」実践活用法 目指す姿と現実とのギャップを把握し、ロードマップで指標のレベルアップをはかり成果を上げる

【ライブ配信実施】
本講座は、ライブ配信で実施いたします。職場や自宅のPCからアクセスして学べます。
受講方法の詳細等は、お申込みいただいた方に別途メールでご案内いたします。



「日経記事で学ぶドラッカー流経営改革実践活用法」シリーズは、管理者とその候補・補佐役の方を主な対象に、「マネジメント」「マーケティングとイノベーション」「DX」の3つのテーマで、最新の日経記事と最新事例の研究成果からマネジメントに不可欠な知識や勘所を学び、実践的な理解を深めます。危機からの回復、デジタル化推進、人材と組織の活性化を一緒に考える機会を提供します。



【講師メッセージ】
  「あらゆる組織が、グローバルな競争力の強化を経営戦略上の目標としなければならない。企業、大学、病院のいずれにせよ、世界のどこかのリーダー的な組織が設定する事実上の基準に達しえないかぎり、成功することはもちろん、生き残ることもおぼつかない。」(『明日を支配するもの』P.F.ドラッカー著、上田惇生訳、ダイヤモンド社、p70) 

組織の持続的成長を実現するためには、リーダーは自らの意識を変えるだけでなく、上司を説得し、同僚や部下に組織と事業の将来ビジョンを示し、DX(デジタルトランスフォーメーション)であるべき姿を目指していく必要があります。DXは企業と組織の未来を決定するだけでなく、日本の未来を創る重要課題です。
  ドラッカーは全ての組織に対し、常に世界レベルを目標とし、そのための組織や仕事の変革を求めていますが、日本の場合、「DX(デジタルトランスフォーメーション)推進指標」(経済産業省、2019年)に照らし合わせても、「DXで何をするかが不明瞭な企業が多い」「業務効率化だけが目的になっている」(豊田裕貴法政大学教授)など大半の企業が低いレベルに留まっています。
本講座は、組織や職場の成果を上げるために、先進的に取り組んでいる企業や組織の最新事例を日経記事で読み解きながら、ブラックボックス化した仕事をデジタル活用で「見える化」する方法だけでなく、DXの具体策(書式、テンプレートなど)と、現状の評価、継続的な改善と実現へのロードマップの作り方など、実質的なDX推進リーダーのコアスキルを習得します。 
我が社・我が組織に相応しい現場主導・トップダウン・ミドル主導でDXを推進したいと考えているリーダーや責任者に特にお勧めです。

主な受講対象は次のような方々です。
・自社に相応しい現場主導・トップダウン・ミドル主導でDXを推進したいと考えているリーダーや責任者
・実質的なDX推進リーダー

※本講座のサブテキストとして「図解ドラッカー入門」(KADOKAWA)を使用します

DX


*DXに取り組む企業や組織では、大半がレベル1か2に留まっている
(「『DX推進指標』とそのガイダンス」(経済産業省)を元に講師が編集)

概要

日経記事で学ぶドラッカー流「DX」実践活用法

検索番号
P2102562
開催日時
2021年9月14日(火)13:30~17:00
定員
50
受講料
39,600円(税抜き36,000円)
会場
オンライン講座
申込期間
2021年5月10日(月)~9月10日(金)

プログラム

1章.避けては通れないDX/DX推進指標の現在のレベルを知る
  ~ 単なる効率化の限界を超えるトランスフォーメーションを推進するマインドセット ~
1.「働き方・業務改革」と「トランスフォーメーション」との違い
・意識改革と「質的転換」:DXとは  ・ドラッカーの言及
・生産性とディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)
2.自社・自組織のDXを実現したあるべき姿を検討する
・DXレベルセルフアセスメント  ・ドラッカーMSC(マネジメント・スコアカード)の適用
3.DXは経営計画にも変革を迫る
・組織を成長させるDX予算 
・各部門の設備投資に埋もれているデジタル投資予算の戦略的統合
[▼日経記事で理解を深める]
   ・DXの先行事例-1    ・DXの先行事例-2  

2章.DXの進め方とデジタル技術の活用/目標とする指標レベルと課題を明らかにする
   ~ 個人の強みを活かし、プロジェクト型、フラット化するチーム組織で成果を上げる ~
1.DXとその手順     
2.デジタル活用で現状分析する・仕事を見える化する仕事の3要素 
・ワークフロー分析 ・プロセス分析 ・今までデータ化されていなかったデータのとり方
3.DXで目指す姿の明確化とドラッカー流仕事のムダ取り
・DXで目指す姿の検討  ・ドラッカー流職務をデザインする方法(ジョブ型など) 
・業務のムダ取り(廃棄・集約・代替)  ・新たな顧客価値の創造 
4.DXで目指す姿と現実とのギャップ・課題の明確化とデジタル技術の活用
・デジタル活用度の現状把握   ・ 現実とのギャップ・課題の明確化
・活用すべきデジタル技術(AI、XR、ロボット、アバターなど)
・クラウド利用とセキュリティ課題  ・IT/DX部門の課題
[▼日経記事で理解を深める]
・デジタル技術を活用した生産性と品質向上   ・従業員満足度の向上
・新たな顧客価値の創造

3章.DXのロードマップ(基本活動計画)のつくり方/指標レベル3、4、5を目指す中期計画
    ~ アジャイル、部門横断、現場主導、トップダウン、ミドル主導で進める ~
1.DXの推進体制
・デジタル化業務と新業務の定着   ・推進体制(業務改革とDX推進の両輪)
・DXプロジェクトとDXプログラムマネジメント
2.ロードマップのつくり方とトランスフォーメーションの評価
・DXの評価   ・推進体制    ・ロードマップの例
[▼日経記事で理解を深める]
・全社で取り組むDX推進    ・デジタル活用の多様化

*【ミニ演習】
各章には、1時間に1回程度のミニ演習があります。
4、5名で3分程度行い、何名かの方に1分程度の発言をお願いしています。
 ミニ演習の主なテーマは下記のとおりです。
1.DXのアセスメント
2.DX手法
3.DXの課題 ほか

講師紹介

  • 森岡 謙仁氏(もりおか けんじ)

    森岡 謙仁氏(もりおか けんじ)

    経営・ものづくり・DXアドバイザー アーステミア代表取締役、ドラッカー学会理事

    精密機械製造業の品質管理部門、独立系IT企業の取締役を経て、1992年経営・情報システムアドバイザーとして独立。企業経営・実務とITの両面に明るく、デジタル技術を活用した経営改革と業務プロセス改革の視点から、ビジネスモデル変革、研究開発業務革新、DX投資計画の策定・評価、マーケティングと新商品開発連携、新事業開発、人事・教育・評価制度の立案、セキュリティとデジタルガバナンスの改善など、現役のCIO、CDOへの実践的な助言と指導には定評がある。日経BP「CIO養成講座」「新商品・新サービス開発PL(プロジェクトリーダー)/業務改革PL養成講座」講師、日経ビジネススクール「日経記事で学ぶドラッカー流経営改革実践活用法」講師、ドラッカー学会理事、ドラッカー「マネジメント」研究会主宰。主要著書:「教えてドラッカー 働く私はITでどこまで伸びるの?」(日経BP社)、「図解 ドラッカー入門」(KADAKAWA、中国、台湾、韓国で翻訳出版される)、「ドラッカーの実践!! MOT(技術経営)リーダーのマネジメントスキルアップとテンプレート集」(新技術開発センター)等。

    開催日時 講師が担当する他の講座
    2021年9月14日(火) 日経記事で学ぶドラッカー流「DX」実践活用法

「日経ビジネススクール」運営事務局
TEL:03-6812-8679 FAX:03-6812-8755
Eメール:nikkei-bs@nikkeipr.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

免責事項

本講座の内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。
主催者の諸般の事情や、天災地変その他の不可抗力の事態により、本講座の一部あるいは全部を中止させていただく場合がございます。また、受講方法を切り替える場合もございます。(例:ライブ配信・アーカイブ配信から教室受講への切り替え、その逆など)
その場合は、運営事務局から受講者に対して、本サイトや、電子メールなどで事前に告知します。ただし、事由によっては事前の告知がないことをあらかじめご了承ください。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合、残り期間または残り回数に応じて精算した受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返金します。この場合、返金時の振込手数料は日経が負担します。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などの費用については、日経は補償いたしかねます。
受講方法を切り替えた場合でも、受講料金の変更はございません。

≪お申し込み・ご入金について≫
各講座により指定の方法での入金をお願いいたします。
請求書払いの場合は、日経が指定する銀行口座に全額を現金でお振り込みください。振込手数料は受講申込者でご負担ください。ご入金の締切日は請求書に記載いたします。必ず入金締切日までに入金をお願いします。※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に運営事務局までご連絡ください。
請求書でのお支払いを選択された場合、ご希望の方には領収書を発行いたします。運営事務局までご連絡ください。クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。

≪解約について≫
やむを得ず解約される場合は、受講開始日の3営業日前の15:00までに、運営事務局までご連絡ください。返金手数料2,200円(税込み)を申し受け、ご指定の銀行口座に振り込むことで、返金いたします。それ以降の解約はお受けいたしかねます。※運営事務局の営業日は、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日となります。


≪ライブ配信講座の個別規定と配信プラットフォームについて≫
株式会社ファシオ(http://www.vita-facio.jp/)の配信プラットフォーム「Deliveru」により配信いたします。
また、本ライブ配信講座を受講される会員の個人情報は、本ライブ配信講座提供のために日経から同社に提供し、同社では同社のプライバシーポリシーに従って取り扱います。
これらの各規約・ポリシーにご同意の上、ご利用ください。
◎株式会社ファシオ「Deliveru」利用規約(個別規程):https://deliveru.jp/terms/
◎株式会社ファシオ プライバシーポリシー(個別規程):https://deliveru.jp/policy/privacy/
「Deliveru」の利用環境は、次の「推奨環境」のとおりです。お申し込みにあたっては、予めテスト視聴サイトにて支障なく視聴いただけるかをご確認ください。
◎推奨環境:https://deliveru.jp/faq/#Q8
◎よくあるご質問:https://deliveru.jp/faq/
◎テスト視聴サイト:https://deliveru.jp/pretest5/
ID livetest55
パスワード livetest55
◎双方向機能テスト視聴サイトhttps://deliveru.jp/pretests/discussionroom
ID livetest55
パスワード livetest55 

≪注意事項≫
※本セミナーの録音・録画、資料の無断複製や共用は禁止しております。

「経営・マネジメント」に関連するおすすめの講座

  • 不確実な事業投資の意思決定とモニタリングのポイント

    続きを読む

  • 経営戦略策定において知っておくべき8つのKPI

    続きを読む

  • マネジメントに必要なDXの基礎知識

    続きを読む