動画講座
日経ビジネススクールの動画講座は、PCで学ぶことを前提に設計しています。
①講義を3~4時間でコンパクトに
②PCで見やすい講義資料と画面構成
③計画的に学ぶのに十分な受講期間(60日間)
講義のポイントを振り返る確認テスト(10問、選択式)を用意。オンデマンドで、自分のペースで受講できます。


【講座の特徴】
世界的に見て日本企業が劣っている要素は何かご存じですか。金融庁が2021年1月にまとめた資料「資本効率/経営資源の配分等」によると、日米欧の主要上場企業を売上高純利益率(2019年)で比較すると、日本が8.5%であるのに対し、米国は15.4%、欧州は19.1%でした。日本企業は利益率、効率的に稼ぐ能力が低いのです。これは、競合企業と似たような製品・サービスを価格の安さで勝負している姿を表しています。
この状況を克服するには、際限なき価格競争から脱しなければなりません。その解決策として他社にはない製品・サービスを世の中に提供することがあげられます。しかし、いくら独創的な製品・サービスを生み出しても、時間がたてば競合企業が追いかけてきます。いつのまにか価格競争に後戻りし、利益率は低迷し続けるでしょう。
皆さんが働いている会社が「骨折り損のくたびれ儲け」の状況から脱するには、すぐれたビジネスモデルが必要なのです。生産方法ではなく、製品・サービスでもなく、ビジネスモデルにおいてイノベーションを生み出すことが競争優位を作り出し、企業を救い出します。この講座では、実在の身近な事例からビジネスモデルの分析方法を修得し、どのようにすればすぐれたビジネスモデルを構築できるのかを学びます。

全体概要



【講座のねらい】
  この講座では、ビジネスモデルキャンパスを活用して、ビジネスモデルをどのように作り、顧客に価値を提供していくのか、基本となる考え方と手法をわかりやすく解説します。
 「顧客は誰で」「顧客価値は何か」(価値提案)、「どのようにこの事業で儲け、どのような理論に基づき、適切なコストで顧客に提供するか」(収益モデル)、ハーバード・ビジネススクールのジョアン・マグレッタ氏はビジネスモデルをこのように定義しています。
 ビジネスモデルは儲けるだけにとどまらず、価値創造する仕組みです。ビジネスモデルで競争優位を築き、顧客に価値を提供していくには、9つの要素でビジネスモデルを記述するツールである、ビジネスモデルキャンパスを使って分析・検討することが有益です。
  事業担当者や経営企画担当者をはじめ、ビジネスリーダーに必要な素質のひとつであるビジネスモデルの分析と作り方の基本を学びます。
  小山龍介講師による「ビジネスを構想するアート思考」と合わせて受講するとイノベーションにつながる発想法を身につけることができます。

【この講座で学ぶこと】
1.ビジネスモデルの分析・設計手法を身につける
2.ビジネスモデルで競争優位を構築する方法を身につける
3.DXなど新しい潮流を取り入れたビジネスモデルを学ぶ

■主な対象:
・新規事業担当者、事業リーダーなど
・ゼロから新しいビジネスを生み出したいと考えている方 など

概要

検索番号
P2102722
受講料
19,800円(税抜き18,000円)
申込期間
2021年9月27日(月)~2022年9月30日(金)

プログラム

1.はじめに
(1)この講座で学ぶこと
(2)なぜ今「ビジネスモデル」が重要なのか
(3)これから求められる人材像

2.ビジネスモデルの分析と設計
(1)ビジネスモデルキャンバスとは?
(2)【ケース】コンビニのビジネスモデル
(3)ポジショニングとケイパビリティ

3.ビジネスモデルによる競争優位
(1)競争優位の5つの階層
(2)【ケース】製造業のビジネスモデル
(3)クリティカルコアによる競争優位

4.DXを組み込んだビジネスモデル
(1)デジタルトランスフォーメーションとは
(2)【ケース】KOMTRAXのビジネスモデル+C30

5.プラットフォームビジネスモデル
(1)プラットフォームとは
(2)【ケース】GAFAのビジネスモデル
(3)プラットフォームの設計法

6.動的に進化するビジネスモデルの設計
(1)AMAZONはなぜ勝ち続けられるのか
(2)動的なビジネスモデル設計とシステム思考
(3)自己強化ループを組み込む利点

7.まとめ
(1)ビジネスモデルの仮説検証プロセス
(2)リーンスタートアップの考え方
(3)ビジネスモデル思考を仕事にどう活かすか

※講義内容の確認テスト(10問、選択式)付

講師紹介

  • 小山 龍介氏(こやま りゅうすけ)

    小山 龍介氏(こやま りゅうすけ)

    ブルームコンセプト代表取締役

    1975年福岡県生まれ。京都大学文学部哲学科美学美術史卒業。大手広告代理店を経て、米サンダーバード国際経営大学院でMBA取得。2006年から松竹で新規事業プロデューサーとして活躍、歌舞伎をテーマにした新規事業を立ち上げる。2010年株式会社ブルームコンセプトを設立し、独立。コンセプトクリエイターとして新規事業、新商品などの企画立案に携わる。主な著書に『IDEA HACKS!』(東洋経済新報社)、訳書に『ビジネスモデル・ジェネレーション』(翔泳社)などがある。名古屋商科大学大学院准教授。

    開催日時 講師が担当する他の講座
    オンライン講座 ビジネスモデルの作り方
    オンライン講座 ビジネスを構想するアート思考

「日経ビジネススクール」運営事務局

TEL 03-6812-8679 FAX 03-6812-8755  Eメール:nikkei-bs@nex.nikkei.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

免責事項

≪お支払いについて≫
お支払いはクレジットカード決済のみとさせていただきます。
クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。

≪解約について≫
本セミナーは、お客様都合による解約は受け付けておりません。あらかじめご了承ください。

≪アーカイブ講座の個別規定と配信プラットフォームについて≫
本アーカイブ講座は、株式会社ファシオ(http://www.vita-facio.jp/)の配信プラットフォーム「Deliveru」により配信いたします。受講にあたっては、日経ビジネススクール利用規約に加え、その個別規程 として、同社との間では「Deliveru」利用規約が適用されます。また、本アーカイブ講座を受講される会員の個人情報は、本アーカイブ講座提供のために日経から同社に提供し、同社では同社のプライバシーポリシーに従って取り扱います。これらの各規約・ポリシーにご同意の上、お申し込み・ご利用ください。
株式会社ファシオ「Deliveru」利用規約(個別規程) https://deliveru.jp/terms/
株式会社ファシオ プライバシーポリシー(個別規程) https://deliveru.jp/policy/privacy/

「Deliveru」の利用環境は、次の「推奨環境」のとおりです。お申し込みにあたっては、予めテスト視聴サイトにて支障なく視聴いただけるかをご確認ください。
◎推奨環境 https://deliveru.jp/faq/#Q7
◎よくあるご質問 https://deliveru.jp/faq/
◎テスト視聴サイト https://deliveru.jp/pretest5/
ID livetest55
パスワード livetest55
≪お申し込みから受講までの流れ≫
1、事務局より「Deliveru」の参加者IDをメールでご案内します。
※配信開始日以前のお申し込みの場合:配信開始当日にご案内
 配信開始日以降のお申し込みの場合:お申し込みから4営業日以内にご案内
2、メール記載の内容に沿って「Deliveru」にログインします。
3、お申し込みいただいたアーカイブ講座を開封します。
4、開封後60日間、視聴いただけます。この期間内に受講を完了してください。

≪注意事項≫
※参加者IDは日経IDに登録されているメールアドレスに届きます。見落としがないようご注意ください。
開封期限:参加者ID発行後30日後まで
視聴期間:開封後60日間

※お渡しした参加者IDの開封期限を超えた場合のお振り替えや期限の延長はお受けいたしかねます。あらかじめご了承ください。
※本セミナーの録音・録画、資料の無断複製や共用は禁止しております。
※お渡しした参加者IDは受講者本人のみがお使いください。
テーマ
職位・対象
講座の特徴
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 基礎
  • 実践
カテゴリー
キーワード
  • イノベーション人材
  • ビジネスモデル
  • プロセスデザイン
  • マーケティングポジション
  • マーケティング戦略