2022年のデジタル技術の進化とビジネスへの影響

  • MANAGEMENT & PROFESSIONAL
  • 経営・マネジメント
  • マネージャー
  • リーダー
  • 経営者
  • 経営幹部
  • 次世代幹部
  • 部長
  • 課長
  • 執行役員
  • 事業部長
  • オンライン配信
  • ベーシック300
  • more

注目のデジタルテクノロジーの進化とビジネス環境の変化を探る

2022年のデジタル技術の進化とビジネスへの影響

AI、ドローン、ロボット・AGV、脱炭素、スマートシティーなどビジネスチャンスとデジタル変革の方向性

【ライブ配信実施】
本講座は、ライブ配信で実施いたします。職場や自宅のPCからアクセスして学べます。
また、見逃し視聴のご案内も行う予定です。受講方法の詳細等は、お申込みいただいた方に別途メールでご案内いたします。


【講座のねらい】
 AIやIoTなどのデジタル技術の進化によって、新たなビジネスモデルが生まれ、企業の競争環境は激変しています。ビジネスモデルに変化をもたらすデジタル技術の最新動向を知り、社会の変化にあわせて、事業を進化させていくことは、企業の生き残りに向けて重要な取り組みとなっています。

 この講座では、最前線の事業リーダーやマネジャー、経営企画・事業企画部門などの方々が知っておくべき、注目すべき22年のデジタル技術の進展とそれらがビジネスに及ぼす影響と対応の方向性について、デジタルやDXの分野での企業や自治体の指導経験豊富な伊本貴士氏が、技術のバックグラウンド少ない方にもわかりやすく、解説・検討していきます。


【この講座で学べること】
(1)22年にビジネスで注目すべきデジタル技術の進化と最新動向
(2)デジタル技術がもたらす事業変革の方向性と必要な視点
(3)デジタル技術をどのようにビジネスで活用していくかのポイント


■主な対象:
・事業リーダーやマネジャー、経営企画部門、事業企画部門の方々など

概要

2022年のデジタル技術の進化とビジネスへの影響

検索番号
P2102777
開催日時
2022年1月27日(木)13:00~17:00
定員
70
受講料
44,000円(税抜き40,000円)
会場
オンライン講座
申込期間
2021年11月15日(月)~2022年1月26日(水)

プログラム

※最新動向を反映するために、プログラムを一部変更する場合があります。

1.スマートシティーを実現する技術進化と関連ビジネス
(1)自然災害にも耐えうる大規模無線網の構築
(2)Wi-Fi 6と5Gによるメトロポリタン・エリア・ネットワーク(MAN)
   ~建築、都市の変化に伴うビジネス環境の変化
(3)コネクトフリー、6G時代の社会・ビジネスの変化
   ~企業はどのような未来に向けて動くべきか
(4)人に依存しないサステナブルなインフラ実現と保守管理
(5)ドローン活用の課題とビジネス展開

2.ロボット、AGV(無人搬送車)の技術進化と関連ビジネス
(1)ロボット、AGV(無人搬送車)で実現する人に頼らない仕組み
(2)IoT時代の制御プロトコルと分散制御システム
(3)小型ロボット時代の社会変化と市場参入のチャンス

3.22年のAI活用のポイント ~何ができて、何ができないのか
(1)エッジコンピューティングにおける半導体不足の影響と対策
(2)画像解析と非可視光(紫外線、赤外線など)領域の活用
(3)AIで大きく変化する品質優先時代の第一次産業~養殖、青果、畜産など

4.カーボンニュートラル、環境対策を実現する技術進化と関連ビジネス
(1)環境問題に関する国際情勢・政府方針とインセンティブ制度のポイント
(2)CO2を監視・制御する技術
(3)環境にやさしい新電力市場の展望
   ~安定性を重視した分散と新電力(水力、バイオマス、地熱など)
(4)スマートグリッドとビル・住宅における環境制御
   ~消費電力を減らす半導体・AIによる予測的環境制御など
(5)自然災害対策とIoTによるリアルタイム・モニタリング

5.破壊的イノベーションを実現して生き残るための組織づくり
(1)破壊的イノベーションの必要性
(2)深刻化する採用難、人材不足と人材確保のための組織改革
(3)イノベーションが進まない組織の運営における共通点
(4)海外企業との提携と人材の獲得の推進
(5)組織マネジメントで必要な技術投資と中長期予算編成の視点

6.まとめとQ&A

講師紹介

「日経ビジネススクール」運営事務局

TEL 03-6812-8679 FAX 03-6812-8755  Eメール:nikkei-bs@nex.nikkei.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

免責事項

本講座の内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。
主催者の諸般の事情や、天災地変その他の不可抗力の事態により、本講座の一部あるいは全部を中止させていただく場合がございます。また、受講方法を切り替える場合もございます。(例:ライブ配信・アーカイブ配信から教室受講への切り替え、その逆など)
その場合は、運営事務局から受講者に対して、本サイトや、電子メールなどで事前に告知します。ただし、事由によっては事前の告知がないことをあらかじめご了承ください。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合、残り期間または残り回数に応じて精算した受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返金します。この場合、返金時の振込手数料は日経が負担します。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などの費用については、日経は補償いたしかねます。
受講方法を切り替えた場合でも、受講料金の変更はございません。

≪お申し込み・ご入金について≫
各講座により指定の方法での入金をお願いいたします。
請求書払いの場合は、日経が指定する銀行口座に全額を現金でお振り込みください。振込手数料は受講申込者でご負担ください。ご入金の締切日は請求書に記載いたします。必ず入金締切日までに入金をお願いします。※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に運営事務局までご連絡ください。
請求書でのお支払いを選択された場合、ご希望の方には領収書を発行いたします。運営事務局までご連絡ください。クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。

≪解約について≫
やむを得ず解約される場合は、受講開始日の3営業日前の15:00までに、運営事務局までご連絡ください。返金手数料2,200円(税込み)を申し受け、ご指定の銀行口座に振り込むことで、返金いたします。それ以降の解約はお受けいたしかねます。※運営事務局の営業日は、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日となります。

≪ライブ配信講座の個別規定と配信プラットフォームについて≫
株式会社ファシオ(http://www.vita-facio.jp/)の配信プラットフォーム「Deliveru」により配信いたします。
また、本ライブ配信講座を受講される会員の個人情報は、本ライブ配信講座提供のために日経から同社に提供し、同社では同社のプライバシーポリシーに従って取り扱います。
これらの各規約・ポリシーにご同意の上、ご利用ください。
◎株式会社ファシオ「Deliveru」利用規約(個別規程):https://deliveru.jp/terms/
◎株式会社ファシオ プライバシーポリシー(個別規程):https://deliveru.jp/policy/privacy/
「Deliveru」の利用環境は、次の「推奨環境」のとおりです。お申し込みにあたっては、予めテスト視聴サイトにて支障なく視聴いただけるかをご確認ください。
◎推奨環境:https://deliveru.jp/faq/#Q8
◎よくあるご質問:https://deliveru.jp/faq/
◎テスト視聴サイト:https://deliveru.jp/pretest5/
ID livetest55
パスワード livetest55
◎双方向機能テスト視聴サイトhttps://deliveru.jp/pretests/discussionroom
ID livetest55
パスワード livetest55 

≪注意事項≫
※本セミナーの録音・録画、資料の無断複製や共用は禁止しております。
テーマ
職位・対象
講座の特徴
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 基礎
  • 実践
カテゴリー
キーワード
  • 予測・展望
  • DX
  • デジタル人材
  • イノベーション人材
  • ビジネスモデル
  • プロジェクトマネジメント
  • プロセスデザイン
  • リスクマネジメント