動画で学ぶ日経ビジネススクール シリーズ ファイナンスの基礎知識 企業価値、資本コスト、時間価値など基本となる概念をゼロからわかりやすく解説

【講座のねらい】
 新規事業開発や提携先への投資、M&Aなどを活用する成長戦略が一般的になるなかで、企業価値や割引率、資本コストなどファイナンスの基本概念は、管理部門だけでなく事業部門の実務でも身近なものとなっています。
 こうしたファイナンスの概念は数式が使われるため、苦手意識を持ってしまいがちですが、専門家による基礎からかみ砕いた解説を受けることで、概念やイメージがつかめ、一気に理解が進みます。
 本講座では、「時間価値」「キャッシュフロー」「資本コスト」「企業価値」などのファイナンスの基本概念を企業指導経験が豊富な専門家が、ゼロからわかりやすく解説します。苦手意識を解消して、実務で活用するための土台をしっかりと固めます。
 ファイナンスの知識が必要な方、活用したいと考えている方を対象とした入門プログラムです。

<この講座のポイント>
・「時間価値」「キャッシュフロー」「資本コスト」「企業価値」などのとっつきにくいファイナンスの基本概念が理解できる
・事業開発や事業管理でファイナンスの考え方を活用するポイントがわかる
・事例ベースにしたわかりやすい解説と確認テストで理解が深まり、知識が定着する

■主な対象:
 ・ 経営企画、事業企画、営業の方など、ファイナンスの知識が必要な方
 ・ 会社役員、経営幹部、管理職などマネジメントにかかわる方
 ・ ファイナンスに苦手意識を持っている方、活用したいと考えている方 など

動画で学ぶ日経ビジネススクール シリーズ とはPCで学ぶことを前提に設計した動画講座です。
 ①講義は3~4時間でコンパクト
 ②PCでの学習で見やすい講義資料と画面構成
 ③計画的な学びのための十分な受講期間(60日間)
講義のポイントを振り返る確認テスト(10問、選択式)で、学んだ知識の定着を促します。
ぜひ、ご活用ください。 ※一部講座では内容が異なります。

概要

検索番号
P2102782
受講料
19,800円(税抜き18,000円)
申込期間
2021年11月17日(水)~2022年11月30日(水)

プログラム

第1章.「価格」と「価値」の関係を理解する~ファイナンスの考え方の基本・1
  【事例研究1】ごく普通のコピー用紙1枚をあなたは90万円で買いますか?
 (1)「価格(Price)」と「価値(Value)」の構造
 (2)バブルの状態とは
 (3)お金には利息が付く
 (4)利息の計算方法(単利計算と複利計算)【事例研究2】単利計算と複利計算の違い

第2章.「時間価値」を理解する~ファイナンスの考え方の基本・2
 (1)今日の100万円と1年後の100万円の価値は同じか
 (2)貨幣の時間価値の考え方
 (3)DCF(ディスカウンテッド・キャッシュフロー)の考え方
 (4)現価計数を用いたDCFの計算【事例研究3】社債の価値の算定

第3章.「キャッシュフロー」を理解する
 (1)キャッシュフロー計算書の読み方
 (2)キャッシュフローは「税引後利益+減価償却費-設備投資」
 (3)減価償却費を増やすとキャッシュフローは増えるか?
 (4)運転資本とキャッシュフローの関係

第4章.「フリーキャッシュフロー」を用いた価値の算定
 (1)フリーキャッシュフローとは何か
 (2)フリーキャッシュフローから価値を算定するには
   【事例研究4】不動産の価値の算定
 (3)コストダウンのファイナンス上の効果は金額の70%しかない
 (4)株価の算定には将来のフリーキャッシュフローが必要
   【事例研究5】C社の理論株価の算定

第5章.「資本コスト」を理解する
 (1)時間価値計算に不可欠な割引率(金利)の概念
 (2)貸借対照表から見る資本コストとは何か
 (3)資本コストが変化した時の影響
  【事例研究6】簡単な資本コストの求め方

第6章.「加重平均資本コスト(WACC)」を理解する
 (1)加重平均資本コスト(WACC)とは何か
 (2)支払利息の節税効果とは何か~債権者側の視点
 (3)株主の期待リターンはどのように決まるのか~株主側の視点
   【事例研究7】D社の資本コストの算定

第7章.「企業価値」を理解する・1
 (1)企業価値(EV)の考え方
 (2)貸借対照表から見る企業価値(経営者側の企業価値と投資家側の企業価値)
 (3)経営者側の評価:将来のフリーキャッシュフローの現在価値(本来の企業価値)
   【事例研究8】E社の企業価値の算定(経営者側の企業価値)

第8章.「企業価値」を理解する・2
 (1)投資家側の評価:株式時価総額+純有利子負債(市場側の企業価値)
 (2)投資家側の評価と経営者側の評価のズレを知る~だから株価は変動する
 (3) EBITDA(利払い・税引き・償却前利益)の考え方
  【事例研究9】E社の企業価値の算定(投資家側の企業価値)

まとめ

※講義内容の確認テスト(10問、選択式)付

講師紹介

  • 南 俊基氏(みなみ としき)

    南 俊基氏(みなみ としき)

    南公認会計士事務所代表、公認会計士

    早稲田大学政治経済学部経済学科卒業、慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了。監査法人トーマツにて、財務調査を中心に会社更生法監査、事業再編等を担当。その後、ソニーグループの経営戦略コンサルティング会社にて原価管理体制の構築、グループ会社再編等の財務戦略の立案、また財務省理財局にて財政投融 資調査業務に従事。上場バイオベンチャーの役員を経て現職。メーカー、医療機関、バイオベンチャー等に対して、財務戦略、コスト管理、事業再編に関するコ ンサルティングを行っている。併せて、会計・財務等の企業研修を数多く手がけている。公認会計士、税理士、日本証券アナリスト協会検定会員。

    開催日時 講師が担当する他の講座
    2022年2月28日(月) 決算書からの企業分析入門

「日経ビジネススクール」運営事務局

TEL 03-6812-8679 FAX 03-6812-8755  Eメール:nikkei-bs@nex.nikkei.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

免責事項

≪お支払いについて≫
お支払いはクレジットカード決済のみとさせていただきます。
クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。

≪解約について≫
本セミナーは、お客様都合による解約は受け付けておりません。あらかじめご了承ください。

≪アーカイブ講座の個別規定と配信プラットフォームについて≫
本アーカイブ講座は、株式会社ファシオ(http://www.vita-facio.jp/)の配信プラットフォーム「Deliveru」により配信いたします。受講にあたっては、日経ビジネススクール利用規約に加え、その個別規程 として、同社との間では「Deliveru」利用規約が適用されます。また、本アーカイブ講座を受講される会員の個人情報は、本アーカイブ講座提供のために日経から同社に提供し、同社では同社のプライバシーポリシーに従って取り扱います。これらの各規約・ポリシーにご同意の上、お申し込み・ご利用ください。
株式会社ファシオ「Deliveru」利用規約(個別規程) https://deliveru.jp/terms/
株式会社ファシオ プライバシーポリシー(個別規程) https://deliveru.jp/policy/privacy/

「Deliveru」の利用環境は、次の「推奨環境」のとおりです。お申し込みにあたっては、予めテスト視聴サイトにて支障なく視聴いただけるかをご確認ください。
◎推奨環境 https://deliveru.jp/faq/#Q7
◎よくあるご質問 https://deliveru.jp/faq/
◎テスト視聴サイト https://deliveru.jp/pretests/video
ID livetest55
パスワード livetest55
≪お申し込みから受講までの流れ≫
1、事務局より「Deliveru」の参加者IDをメールでご案内します。
※配信開始日以前のお申し込みの場合:配信開始当日にご案内
 配信開始日以降のお申し込みの場合:お申し込みから4営業日以内にご案内
2、メール記載の内容に沿って「Deliveru」にログインします。
3、お申し込みいただいたアーカイブ講座を開封します。
4、開封後60日間、視聴いただけます。この期間内に受講を完了してください。

≪注意事項≫
※参加者IDは日経IDに登録されているメールアドレスに届きます。見落としがないようご注意ください。
開封期限:参加者ID発行後30日後まで
視聴期間:開封後60日間

※お渡しした参加者IDの開封期限を超えた場合のお振り替えや期限の延長はお受けいたしかねます。あらかじめご了承ください。
※本セミナーの録音・録画、資料の無断複製や共用は禁止しております。
※お渡しした参加者IDは受講者本人のみがお使いください。
テーマ
職位・対象
講座の特徴
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 基礎
カテゴリー
キーワード
  • キャッシュフロー経営
  • キャッシュフロー計算書
  • フリーキャッシュフロー