経営幹部(候補)であれば必須! よくわかる管理会計の基礎と実践 企画管理力+提案力=「管理会計力」を身につける!


会計には大きく分けて報告するための財務会計と企画・管理するための管理会計があります。どちらも同じ会計データを使いますが、管理会計は法律・制度や形式にとらわれないため、企業や人により活用レベルに差が生じ、その差が業績の差となって表れてきます。

管理会計を学び、実践することにより、個人のレベルでは経営的な視点が身につき、経営管理や会計・財務部門などで活躍の場が広がります。また、組織レベルでは損失の発生や拡大を防ぎ、業績向上や経営体質の強化などにつながります。

この講座では、利益が生まれるしくみの理解をはじめ、管理会計の基礎知識をしっかりと身につけるとともに、すぐに実践・利用できる活用ノウハウや様式・フォームの解説も多く盛り込んでいます。

経営者、経営企画、会計・財務部門、業務改善システムの構築を担当するIT部門など管理会計にご関心のある方向けの基礎講座です。


■主な対象:
・経営者、経営企画部門、会計・財務部門の方や業務改善システムの構築を担当するIT部門など、管理会計に関心のある方向けの基礎講座

■受講者の感想
・基本的な管理会計の仕組みや、原価の理解に役立った
・管理会計の具体的な考えを網羅的に理解できた。業績管理・予算策定に役立つ内容だった
・実際の企業の財務内容などの例が非常味興味深かった etc.

【重要なお知らせ】

日経ビジネススクールでは、会場での開催に際して、新型コロナウイルス感染予防対策を行います。必ずご確認のうえお申し込みください。皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

概要

よくわかる管理会計の基礎と実践

検索番号
P2203073
開催日時
2022年11月25日(金)10:00~17:00
定員
70
受講料
41,800円(税抜き38,000円)
会場
TKPガーデンシティ御茶ノ水
申込期間
2022年8月26日(金)~11月23日(水)

プログラム


1.誰もが知っておくべき管理会計の基本
  ― 管理会計は未来の業績を明らかにする

(1)<設例>決算書を管理会計の視点で読む
(2)決算書では読めない管理会計の利益と価値
   ・・・限界利益、機会損失、埋没原価、現在価値などを身近な事例で理解する
(3)管理会計で未来が見える

2.利益管理に必須の「損益分岐点分析」
  ― もうかっている時に損のタネをまかないように

(1)利益を増やす2つのアプローチ
(2)<演習>赤字案件も集まれば黒字になるか
(3)利益管理に損益分岐点分析は不可欠
(4)<演習>財務データから損益分岐点を計算してみよう
(5)<ケーススタディー>利益回復のお手本

3.「キャッシュフロー」を理解し、改善する
  ― 利益は使えない、使えるのはキャッシュ

(1)キャッシュフローをバランスシートで一目瞭然に理解する
   ・・・計算式ではなく現物としてとらえる
(2)キャッシュフローとフリーキャッシュフローの違いを理解する
   ・・・利益だけでなく使える成果も増やす
(3)<演習>決算書からフリーキャッシュフローを計算してみよう
(4)<演習>キャッシュフローデータの驚くべきパワーを知る
   ・・・時系列分析で未来を読む
(5)キャッシュフロー改善のステップ

4.管理会計で効果を高める「予算管理」
  ― 確実に達成するための努力目標・予算

(1)経営計画と予算の関係
(2)「達成不能な予算」と「達成可能な予算」の違いはどこにあるか
(3)<演習>予算損益計算書と予算貸借対照表を作成してみよう

5.「原価計算」を知れば利益意識が変わる
  ― 利益を左右するのは売上とコストだけではない

(1)製造業でなくても知っておくべき原価計算のしくみ
(2)<演習>簡単な事例で原価計算をしてみよう
(3)<設例>受注が減った際に工場の操業度を下げることの意味
(4)直接原価計算の基礎知識
(5)<設例>原価100円だったハンバーガーが80円で売れるのはなぜか

6.「意思決定会計」を使いこなし経営に活かす
  ― 知らないと危険!大きな利益と損失の源泉

(1)<ケーススタディー>新製品販売の意思決定
(2)<ケーススタディー>事業継続か撤退か
(3)<設例>設備投資の意思決定はどのように行われるか

7.「管理会計のセンス」を高めるミニクイズ
   -まとめと復習-
   
  ※電卓をお持ちください

講師紹介

「日経ビジネススクール」運営事務局
株式会社日経イベント・プロ内
TEL 03-6812-8679 FAX 03-6812-8755  Eメール:nikkei-bs@nex.nikkei.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

本講座の内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。
主催者の諸般の事情や、天災地変その他の不可抗力の事態により、本講座の一部あるいは全部を中止させていただく場合がございます。また、受講方法を切り替える場合もございます。(例:ライブ配信・アーカイブ配信から教室受講への切り替え、その逆など)
本講座の一部あるいは全部を中止する場合は、運営事務局から受講者に対して、本サイトや、電子メールなどで事前に告知します。ただし、事由によっては事前の告知がないことをあらかじめご了承ください。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合、残り期間または残り回数に応じて精算した受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返金します。この場合、返金時の振込手数料は日経が負担します。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などの費用については、日経は補償いたしかねます。
受講方法を切り替えた場合でも、受講料金の変更はございません。

≪お申し込み・ご入金について≫
各講座により指定の方法での入金をお願いいたします。
クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。
請求書払いの場合は、日経が指定する銀行口座に全額を現金でお振り込みください。振込手数料は受講申込者でご負担ください。ご入金の締切日は請求書に記載いたします。必ず入金締切日までに入金をお願いします。※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に運営事務局までご連絡ください。
請求書でのお支払いを選択された場合、ご希望の方には領収書を発行いたします。運営事務局までご連絡ください。クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。

≪解約について≫
やむを得ず解約される場合は、受講開始日の3営業日前の15:00までに、運営事務局までご連絡ください。返金手数料2,200円(税込み)を申し受け、ご指定の銀行口座に振り込むことで、返金いたします。それ以降の解約はお受けいたしかねます。
※運営事務局の営業日は、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日となります。

≪注意事項≫
講座のお振り替えはお受けいたしかねます。
講義の録音・録画、講義中のPC使用はお断りいたします(PCをご持参いただく講座を除く)。また、講義中の携帯電話のご使用はお断りいたします。
会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
受講者以外の方が待機するスペース等は設けておりません。
お身体の不自由な方など受講にあたってサポートが必要な場合は、お申し込み前に事務局までご連絡ください。なお、会場設備の事情によりご要望をお受けできない場合がございますことをご了承ください。

スキルを磨き続けるあなたの

日経ビジネススクール オンデマンド

ビジネスに直結するスキルが100以上/職種ごとに最適な講座をレコメンド/購入した講座は期間の定めなく視聴可能