【2023年秋期】会社役員・経営幹部シリーズ 企業経営に求められる組織デザインと組織変革の知識 経営環境の変化に適応し、持続成長するための組織編成の基本知識と実践手法を解説

経営環境の変化に対応するため、多くの企業が継続的に組織構造の変革に取り組んでいます。経営・事業戦略を実現できる組織のありかたを構想する知見を提供します。

※本講座は、会社役員・経営幹部シリーズの一つです。シリーズ全体は「経営戦略」「経営法務」「会計財務」「人事労務」などのジャンル別に構成しています。全体を受講いただくと、役員・経営幹部に必要な経営基礎知識がバランスよく習得できます。
会社役員・経営幹部シリーズ一覧はこちら

 いま企業の組織編成は、事業環境の変化への対応に伴い、大きく変わり始めています。

 組織の編成や改革についての検討と意思決定は、人事部門ではなく「経営層」の領分で、重要な責任範囲になります。経営層には、組織のありかたを構想するリテラシーが必要です。

 ITやデジタルの進化によって、企業は組織形態に係わらず、企財務会計・管理会計情報を、連結データを含めて自由に取り扱えるようになりました。換言すれば、組織形態は財務管理からの自由度が高まりました。

 加えて、今日、企業は事業環境の変化に適応するために、組織改編を頻繁に進めています。それは、必ずしも大々的な組織改革ではなく、「こまめな改革」です。それでも3年、5年のタイムスパンで振り返ると、組織は驚くほど変わってきます。その目的と変革手法を理解することは、自社の組織の在り方を考える際に、重要な知見を提供してくれます。

 本講座では、事業環境の変化を読み、対応していくために必要な組織改革と組織編成原理をわかりやすく整理し、解説していきます。自社の戦略のための組織改革、組織能力とパフォーマンスを高めていくための、言わばインフラとなる知見を提供します。

受講対象者

〇経営戦略と組織構造の連動に課題を持っている会社役員(取締役、監査役、社外取締役、社外監査役、執行役員)・経営幹部の方
〇経営企画部門、人事部門のキャリア経験を持ち、統合的に検討する知見を得たい会社役員・経営幹部の方
〇経営戦略・事業戦略と連動する組織デザインの考え方と進め方を学びたいと考えている方 など

概要

企業経営に求められる組織デザインと組織変革の知識

検索番号
P2303259
開催日時
2023年11月17日(金)13:00~17:00
定員
70
受講料
48,400円(税抜き44,000円)
会場
ライブ配信
申込期間
2023年7月27日(木)~11月16日(木)

プログラム

◆Introduction ~組織変革の戦略的な意味

(1)事業部制をやめて機能別組織を導入したApple
  ・戦略と組織構造の関係、職能組織の幹部(技術者)への要求
(2)DXがもたらす新たなシナジー:日立ほか
  ・DXは非関連多角化を「関連化」する
(3)米国3大テレビネットワークの現在
  ・顧客とコンテンツのシナジーの創出
(4)SONYの復活とスポティファイ、SSAP*
  ・開発力は技術・事業評価能力でもある


  
◆1.組織戦略と編成原理の基本

(1)機能別組織は専門能力人材を節約/育成/独占する
(2)事業部制の4つの意味:経営者負担軽減/投資採算把握/集権/分権
(3)組織編成原理のトレードオフ:機能別か事業部か
(4)なぜカンパニー制をやめるのか
(5)企業再編ツールとしての純粋持株会社
(6)リスクテイクの逆説:分権で組織の積極性が低下する
(7)垂直系列という日本の折衷型組織:米国は垂直統合とフランチャイズ
(8)小括:
  ・組織変革の目的は何だったのか
  ・現在の環境変化はどのような組織変革を求めているのか



◆2.企業組織の周辺で起きているイノベーション

(1)プロジェクト・マネジメント:組織の「時分割」
(2)アウトソーシングからクラウドソーシングへ
(3)センター・オブ・エクセレンスとネットワーク・オブ・エクセレンス
(4)イノベーション・プールとCVC:大企業のエンゼル化



◆3.組織編成のホット・スポット

(1)これからの組織戦略の「外せない与件」
  ~DX/ダイバーシティ/外国人(入国管理法)/人手不足/大退職時代(米国)
(2)ティール組織を経営論で解釈する
(3)事業ベース組織とナレッジベース組織の分離、融合
(4)教育制度と独学支援が組織を支える
(5)M&A、事業再編と組織改革
(6)経営人材を育成する組織構造と人事施策



◆4.『集合知』の組織戦略

(1)情報源の多様化と集合知
(2)会社が社員の専門能力を「探索」する時代へ
   ~市場での人材獲得か、社内での人材発見か
(3)ナレッジ・プールのつくりかた
(4)イノベーション・プールを探す



◆5.まとめとQ&A
 
 *SSAP:Sony Startup Acceleration Program

講師紹介

「日経ビジネススクール」運営事務局
株式会社日経イベント・プロ内 
TEL 03-6812-8679 FAX 03-6812-8755
Eメール:nikkei-bs@nex.nikkei.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

本講座の内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。
主催者の諸般の事情や、天災地変その他の不可抗力の事態により、本講座の一部あるいは全部を中止させていただく場合がございます。また、受講方法を切り替える場合もございます。(例:会場開催からライブ配信への切り替え、その逆など)
その場合は、運営事務局から受講者に対して、本サイトや、電子メールなどで事前に告知します。ただし、事由によっては事前の告知がないことをあらかじめご了承ください。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合、残り期間または残り回数に応じて精算した受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返金します。この場合、返金時の振込手数料は日経が負担します。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などの費用については、日経は補償いたしかねます。
受講方法を切り替えた場合でも、受講料金の変更はございません。

≪お申し込み・ご入金について≫
各講座指定の方法での入金をお願いいたします。
請求書払いの場合は、日経が指定する銀行口座に全額を現金でお振り込みください。振込手数料は受講申込者でご負担ください。ご入金の締切日は請求書に記載いたします。必ず入金締切日までに入金をお願いします。
※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に運営事務局までご連絡ください。
請求書でのお支払いを選択された場合、ご希望の方には領収書を発行いたします。運営事務局までご連絡ください。クレジットカード払いの場合は、領収書の発行はできかねます。代わりにクレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。

≪解約について≫
やむを得ず解約される場合は、受講開始日の3営業日前の15:00までに、運営事務局までご連絡ください。返金手数料2,200円(税込み)を申し受け、ご指定の銀行口座に振り込むことで、返金いたします。それ以降の解約はお受けいたしかねます。
※運営事務局の営業日は、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日となります。

≪注意事項≫
※本講座の録音・録画、資料の無断複製や共用は禁止しております。
※本講座のアクセス先情報(IDとPW)を第三者と共有することは禁止します。
※1つのIDで複数名の方が受講することを禁止します。
※本講座で知り得た内容、他の受講者の情報などをSNSなどに掲載・投稿するなどの行為は固くお断りします。

備考

≪ライブ配信講座・見逃し配信の個別規定と配信プラットフォームについて≫
株式会社ファシオの配信プラットフォーム「Deliveru」により配信いたします。
また、本ライブ配信講座・見逃し配信を受講される会員の個人情報は、本サービス提供のために日経から同社に提供し、同社では同社のプライバシーポリシーに従って取り扱います。
これらの各規約・ポリシーにご同意の上、ご利用ください。
株式会社ファシオ「Deliveru」利用規約(個別規程)
株式会社ファシオ プライバシーポリシー(個別規程)
「Deliveru」の利用環境は、次の「推奨環境」のとおりです。お申し込みにあたっては、予めテスト視聴サイトにて支障なく視聴いただけるかをご確認ください。
推奨環境
よくあるご質問
テスト視聴サイト
ID livetest55
パスワード livetest55
双方向機能テスト視聴サイト
ID livetest55
パスワード livetest55
※テスト視聴の際は、必ず講座当日と同じご視聴環境下でお試しください。

スキルを磨き続けるあなたの

日経ビジネススクール オンデマンド

ビジネスに直結するスキルが100以上/職種ごとに最適な講座をレコメンド/購入した講座は期間の定めなく視聴可能