自律型新人研修 Premium

研修担当者の皆さま、
こんなお悩みありませんか?

  • 日本経済の「今」について、今さら聞けないと不安な管理職が多い…
  • ビジネスチャンスを拡大させる発想ができる社員が少ない…
  • 新入・若手社員が経済/ビジネスの動向に鈍い…

必要なのは、仕事のツールとして
文章を使いこなす力!

「読み手」を第一に考え、確実に伝わるビジネス文章の技術を学びます。

ビジネスパーソンには、電子メールでの報告や連絡から日報や提案書の作成まで日常的に様々な文章を書く機会があります。それらのビジネス文章を相手に伝わるように速く、正しく書けるようにするノウハウを、電子メールでのやり取りを想定した演習や敬語の使い方をはじめ演習をふんだんに取り入れながら、日本経済新聞の記者・デスク経験者の講師が伝授します。
社員教育で特に指導を強化したい文章や書状等があれば、グループ演習で集中的に取り組むといったカスタマイズも可能です。部下を指導する管理職のための講座もご相談ください。

ビジネス文章を書く上で
身につけておくべきルールや
技術の基礎を習得できる

社内、取引先、お客様といった
読み手を意識し、適切に書き分ける
対応力が身につく

具体的で論理的な内容を
盛り込む習慣によって、
情報収集の精度や説得力が磨かれる

プログラム

※基本研修時間:3時間

1.
ビジネス文章とは何か
仕事で書く文章の種類やその「読み手」を確認しよう
「伝わらない文章」は「書き手」側に原因あり

演習 「読み手ファースト」を理解する

2.
伝わる文章の技術
・簡潔な構成
演習 トラブル発生、報告書をどう書くか
・正しいことば選び
演習 ことばの操作術・敬語力をチェックする
・具体的な事実
演習 6W2Hをきちんと盛り込む
・点検し、速く伝える
演習 メールを添削してみよう
3.
さまざまな文章に挑戦

演習 グループでベストプラクティスを共有する

4.
まとめ
「伝わる文章」を書くために、明日から使えるチェックポイント
カスタマイズ可能。社員教育で特に指導を強化したい文章や書状、受講者の役職等に対応した内容をご用意します。

基本情報

研修時間 3時間
講師 日本経済新聞社のベテラン記者経験者が講師を務めます。
受講人数 10人~50人程度を推奨
受講料 基本講義料1時間100,000円、資料代1人あたり3,500円。
例)20人の場合、370,000円(税別) 
本サービスは企業・団体の社員教育・研修等の目的のために提供する法人向け研修プログラムです。
開催日時は実施企業・団体のご要望を踏まえ、講師の予定と調整の上、決定します。
実施会場が首都圏以外の場合、東京からの交通費実費と開催時間により宿泊費を申し受けます。
実施会場、当日の使用機材等は実施企業・団体にてご準備をお願いします。
講義の構成・進め方、事前の準備、料金など詳細についてはお問い合わせください。

「ビジネス情報活用力」を高める
日経の企業内研修向けプログラム

「日経 経済知力研修」は、豊富な取材経験を持つ日本経済新聞社のベテラン記者経験者が中心となって 講師を務める企業向け研修プログラムです。

ビジネスパーソンとして知っておくべき主要な経済ニュースの見方から、国内外の経済情勢、注目トピックスなどについて解説するとともに、仕事で使える情報収集・活用と思考・発想のスキルを伝授します。

― 3つの特長 ―

講師は、日経の記者経験者が中心

講師は、日経の記者経験者が中心

豊富な取材経験を持つ日本経済新聞社の編集委員、ベテラン記者経験者が講師を務めます。
生きた経済の見方や業界の最新動向などを解説し「社会の事象と自身の業務とを関連づけて考えるビジネススキル」を、研修を通じて身につけていただくことがねらいです。

最新の記事やニュースを使った教材

最新の記事やニュースを使った教材

当日の講義内容に即したオリジナルテキストを使用します。日本経済新聞や専門紙で掲載された主要な記事の抜粋に解説を加えるなど、生きた経済を分かりやすく理解するために工夫された構成です。講義当日の日本経済新聞の朝刊も教材として使用します。

参加型のグループワークによる「気づき」効果

参加型のグループワークによる「気づき」効果

講師の一方的な講義だけでなく、個人ワークやグループ討議・発表などの演習が含まれます。当日の新聞記事を素材にして「先読み」をしたり、担当業務や自社の取るべき戦略などについて受講者同士で考えることで「気づき」につながります。

お問い合わせ

日本経済新聞社 人材教育事業局

〒100-8066 東京都千代田区大手町1‐3‐7
TEL:03-6256-7350 (9:30 ~ 17:30、年末年始・国民の休日・土日祝を除く)
E-mail:elpro@nex.nikkei.co.jp

研修の申込み・お問い合わせ

研修の申込み・お問い合わせ