日経ビジネススクールアジア タイ・メコン マネジメント&人材育成フォーラム

日本経済新聞社は、日本企業がアジアを舞台にしたビジネスの最新動向をつかみ、自社の戦略に活かしていただくことを目的に、2017年、「日経ビジネススクール(NBS)ビジネスミッション」を立ち上げました。

NBSビジネスミッションは、アジアの先端テクノロジーやスタートアップ、イノベーションの現場に実際に赴き、最前線のグローバルビジネス感覚を自社に取り込んでいただくことを目指した体験型視察プログラムです。

2019年は、世界の中でも最も成長が速いとされる中国のデジタル経済に着目し、現地企業のイノベーションの現場とエコシステムの中心に飛び込みます。日本にいては得ることのできない「肌で感じる」体験と、イノベーションを起こすヒントとなる機会をご提供します。

さらに深く、先の情報を得るために
新聞記者目線で、現地の最新リアルに入り込む。

「今この国でつかんでおきたい新ビジネスの胎動」

騰籠換鳥 ――。中国には、「鳥かご(地域)を空にして新しい鳥(産業)に入れ替える」という造語があります。その真意は産業構造の新陳代謝。 10年ほど前から、中国は「新しい鳥」を呼び込むための政策を次々と打ち出し、構造改革とデジタル企業の興隆の相乗効果でイノベーションを巡るアジアの勢力図を塗り替えてきました。

国際商都・上海では、目の肥えた消費者を相手に最先端技術を駆使した金融やデリバリーなど、住民の生活利便性を飛躍的に向上させるサービスを実現するスタートアップ企業が次々と誕生。そして1999年の創業以来、今や世界屈指のテックジャイアントに成長したアリババ集団が本拠を構える杭州には、才能を発揮する舞台を求める「渡り鳥」が各地から押し寄せ、その磁力は風光明媚な古都を未来都市へと変貌させました。

中国という新興の人口大国発の新たなイノベーションは、政府の広域経済圏構想「一帯一路」とも結びつき始め、中国発のイノベーションが世界の人びとの生活を一変させる日も遠くはありません。

外側から中国を眺め、その変化の速度についていくのは容易ではありません。文字情報だけではなく、変化の現場に足を運び、自分の目で確かめ、自身のなかに「デジタル感性」を取り込んでいかなければ、デジタル産業革命の競争に勝つことはできないでしょう。

今回のミッションでは、参加者の方々に中国のイノベーションの現場に飛び込み、現実の変化を肌で感じとっていただきます。最前線で取材する新聞記者の目線を共有し、現場の温度を体感することで、明日の事業戦略のヒントを皆さん自身の手でつかみとってください。

ミッション・ナビゲーター日本経済新聞
論説委員 兼 編集委員

NBSビジネスミッション 3つのポイント

アジアのイノベーション現場に飛び込み、日本企業のビジネスチャンスを探ります。

  • 現地情報の
    正確な把握

    開催国の政府機関や専門機関による解説を組み込み、日本語媒体だけでは得ることのできない現地の真の姿を把握します。※写真は2018年実施のシンガポールAction Community for Entrepreneurship ディレクターの講演の様子。

  • 最前線を走る経営者、
    当局者の生の声を聞く

    現地の最新情報は、現地企業が知っている。ローカル企業の経営者や当局者から、イノベーションのヒントや業界の未来像を聞き出します。※写真は2017年実施のタイ最大財閥企業CPグループ訪問時の様子。

  • ローカル・
    ネットワークの構築

    ミッションを通じて構築する現地ネットワークは、自社の経営戦略の判断に大きな力を与えてくれます。※写真は2017年実施(タイ)のミッション参加者による懇親会の様子。

このような方にお勧めのミッションです。

政府や企業の新規事業開発・イノベーション担当者、スタートアップの経営者、投資家、企業の人材育成担当者、ベンチャーキャピタリスト、次世代の人材要件にご興味のある高等教育関係者

開催日:2019年11月12日(火)〜15日(金) 4日間 | 開催地:中国 上海・杭州

AI・近未来都市 上海と杭州

~中国・最先端スマートシティに学ぶイノベーション4日間~

「大衆創業、万衆創新」
中国型イノベーション創出の仕組みとは?

最先端技術やスタートアップの集積地として、米国を凌ぐ勢いで成長を続ける中国。北京、上海、杭州、深圳の沿岸4大都市ではフィンテック、ライドシェアなどニューエコノミーを牽引する新興企業が次々と誕生しています。
なかでも国際的な商都である上海では金融系・消費系の最先端サービスを提供するスタートアップが躍進。そして今や時価総額45兆円企業に成長したアリババ集団が本拠を構える杭州では、スマートシティ関連の有力新興企業が厚みを増しています。

古くからアジア有数の金融街として名をはせる上海では、目の肥えた消費者を相手にITを駆使した様々な金融サービスやデリバリーサービスが生まれ、住民の生活利便性を飛躍的に向上させています。
そして、上海にほど近く風光明媚な観光地として名高い浙江省杭州は、1999年に電子商取引(EC)最大手アリババ集団が同地で創業して以来、世界有数のハイテク都市へと変貌。 2017年に中国政府が発表した「次世代人工知能(AI)発展計画」においてスマートシティ推進を担う同社のもとで大規模な都市開発が進み、最先端のクラウド技術を活用した生活・社会インフラサービスが続々と実用化されています。

二都市はどのようにして驚異的な発展を遂げているのか。本ミッションでは、アリババの城下町・杭州と、ニューエコノミーの先端を行く上海の発展を牽引するプレイヤーたちの活動現場に赴き、そのスピード感とダイナミズムに迫ります。
また、無人コンビニやニューリテイル商業施設など、最先端技術を駆使したサービスの「実験・実装現場」も訪れます。「多産多死」と言われる中国の新サービス。昨年生まれたサービスが翌年には姿を消し、他の何かに生まれ変わっていることは珍しくありません。ミッションでは、街角で見られる変化の激しいサービスの現場にも訪れ、二都市の進化をこの目で確かめます。

国民の起業を通じたイノベーションを奨励する「大衆創業、万衆創新」を国家戦略として打ち出した中国のイノベーション創出の現場に飛び込み、その仕組みやエネルギーの源泉を体得する4日間です。

情報や答えはオフィスのなかにはありません。近未来都市のダイナミズムを体感し、次の成長機会を生み出すためのヒントを得る場としてぜひご参加ください。

このプログラムは現地集合・解散です。航空券、宿泊ホテル手配は含まれていません。

参加費:328,000円/1名 ※早期割引10%OFF 295,200円/1名 (2019年10月11日(金)までにお申込みの方)


現地コーディネーター -現場を知り、現地のリアルを伝えるミッション同行パートナー-

徐 学林(じょ がくりん)氏㈱京華創業 代表取締役 1983年北京外国語大学日本語科卒、北京放送入社。87年徳島「四国放送」で6カ月間の研修、日本のバブルを体験。90年NHK国際局にて研修。91年名古屋市立大学大学院経済学研究科入学。98年中国経済、証券情報提供の(株)日本事業通信網に入社。2001年(株)邱永漢事務所に入社、お金儲けの神様、邱永漢氏に師事。
12年独立して中国の株式や投資情報を伝える一方、講演活動や香港メディアへの執筆、中国上場企業の視察旅行を活発に行いながら、現地の生の情報を発信し続けている。

現地コーディネーターからのメッセージ

顔認証に人工知能(AI)、無人コンビニに無人ホテル。スマホ決済やシェアリングエコノミー、ユニコーン企業…。「日進月歩」とは、まさに今の中国のことを指しているようです。世界の製造工場から世界の消費市場へと急速に変貌し、今や5GやAI、IoT、越境EC、フィンテックなど、一部では日本をリードするところまで急成長してきました。
その中でも、スマートシティで中国の最先端を行く都市が上海と杭州です。「上有天堂、下有蘇杭」(天に楽園あれば、地に蘇州杭州あり)と言われる観光名所としても知られる杭州では、アリババがこの地に誕生して以来急速にデジタル化が進み、中国経済を牽引するニューエコノミー企業も複数誕生しています。
「中国の過去を見るには北京と西安へ、未来を見るには深圳へ、現在を見るには上海・杭州へ」。今どきを生きるビジネスパーソンの皆さんにはぜひこの地を見ていただきたいと思います。


NBSビジネスミッション2017

  • 2017年は、ASEANのハブとして成長著しいタイを舞台に4つのテーマでNBSビジネスミッションを実施しました。訪問企業数は合計25社、累計107名のお客様にご参加いただき、勢いを増すタイ企業のパワーとスピードを体感したミッションとなりました。昨年の様子を右記「NBSビジネスミッション・スペシャルムービー」でぜひご覧ください。

参加されたお客様の声

  • 弊社の海外展開にも参考になる点が非常に多かった大手IT企業 F様

    通常ではなかなか訪問する事のできない各企業へ訪問できた点が良かった。大手企業でも国内市場だけでは危機感を持ち、常にビジネスチャンスを逃さず、海外展開を戦略的に実施、人材教育にも力を入れていることが分かった。日本が見習うべき点が多くあり、弊社の海外展開にも参考になる点が非常に多かった。実りのある4日間になった。

  • 財閥系企業における、人材育成と事業間関係のマネジメントについて話が伺えた国立大学准教授 U様

    複数事業を抱える財閥系企業における、人材育成と事業間関係のマネジメントについて話が伺えたことは良かった(CP、セントラルなど)。 企業買収等の意思決定の速さや、設備投資に対するリスクの取り方など、日系企業よりもマネジメントが優れていると感じる点が多かった。非関連事業への多角化において、事業運営ノウハウをどのように獲得しているのか、もっと聞いてみたかった。

  • タイ有力企業を複数訪問でき、キーパーソンに短期で効率よく面会できた公的機関 K様

    異業種のタイ有力企業を複数訪問でき、キーパーソンに短期で効率よく面会できたことや異業種の方々と情報交換できたこと、第一線の記者、専門家と情報交換できたことは良かった。ミッションの目的を明確にしていたことも良かった。

NBSビジネスミッション2019のお申込み

※NBSビジネスミッションにご参加いただく際の航空券および宿泊について

航空券および宿泊は含まれておりませんので各自でご手配いただきます。一括で航空券および宿泊手配をご希望の場合は、日経カルチャーへお気軽にご相談ください。なお、視察期間中の移動は貸切バスを利用しますが、基本的に視察先と事務局宿泊ホテル往復となり、同ホテルへ集合および同ホテルでの解散となります。

お問合せ先

株式会社 日経カルチャー

〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 MIFビル2階

TEL: 03-5259-2990 (9:30 ‒ 17:30 土日祝休)
Email: nbsmission@nikkeicl.co.jp
※件名にNBSビジネスミッション2019の件とご記入下さい。