• 長谷川 愛氏

    長谷川 愛氏(はせがわ あい)

    アーティスト

    東京とボストンを中心に、世界中でアートとデザインの活動を行う。情報科学芸術大学院大学(IAMAS)、英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)を経て、マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボのデザイン・フィクション・グループにて研究員を務める。「Expand the Future(未来を拡張する)」というコンセプトのもと、アートやデザインを用いて日常の当たり前に問題提起を行う。その手法はスペキュラティブ・デザイン(Specurative Design)と呼ばれ、未来の起こりうる姿を提示することで、社会に重要な問いを投げかける。科学技術の発展に伴う倫理的課題など、作品が扱う社会的テーマは広範に渡るが、近年はバイオテクノロジーの進歩がもたらす未来の生殖や家族のあり方について問う作品を多く発表している。

担当講座lectures

開催日時 講座名
2016年10月20日(木) TOKYOが担うべき多様性、もたらすべき革新~常識を突破する挑戦者たちと考える~