【2020年2月10日開催】健康経営の最前線と生産性を高める睡眠対策

従業員の健康を経営課題として位置付け、戦略的に推進する健康経営が注目されています。健康経営によって、従業員の健康増進、生産性の高まりだけではなく、組織の活性化や中長期的な企業価値の向上の可能性も期待できます。
 また、現代のビジネスパーソンにとって、睡眠は食事や運動と共に重要な健康テーマです。しかし、日本人の睡眠時間は先進国の中でもかなり短いという調査結果もあります。睡眠不足による仕事のパフォーマンス低下を防ぐために、企業は従業員の睡眠の質の改善にも目を向けることが求められています。
 今回は、健康経営に関する最新情報、脳科学の観点からの睡眠対策、先進企業での実践事例を紹介します。企業の経営層、人事労務部門関係者など、本テーマに関心をお持ちの皆さまのご参加をお待ちいたします。

SMARTWORK
タイトル 健康経営®の最前線と生産性を高める睡眠対策
日時 2月10日(月)14:00~16:30
会場 日本経済新聞社東京本社内・日経カンファレンスルーム(千代田区大手町)
参加費 無料
定員 140名
申込締切 2月3日(月)
主催 日本経済新聞社 人材教育事業局
共催 MSD株式会社

SPACE NIO


※応募者多数の際、抽選とさせていただきます。ご了承ください。
※「健康経営®」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

本セミナーで
持って帰っていただきたいもの

1

健康経営の最新の考え方・取り組みのポイント

2

健康経営の取り組みとして、労働生産向上に向けた睡眠対策の重要性

3

健康経営に戦略的に取り組む企業の実践事例

お申込みはこちら

申込締切:2月3日(月)
※応募者多数の際、抽選とさせていただきます。ご了承ください。

第1部 14:00~14:30

生産性向上に向けた企業戦略としての健康経営の推進のポイント

健康経営の普及・啓発に取り組む立場から、健康経営の基本的考え方や意義などについて紹介します。また、働き方改革時代に社員の健康に配慮した組織づくりに企業はどのように取り組むべきか、その具体的な内容や課題について解説します。

経済産業省 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課係長 紺野春菜氏

講師

1989年東京生まれ。2012年、慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、経済産業省入省。貿易経済協力局資金協力課、商務情報政策局情報政策課、製造産業局素材産業課等を経て、2017年より現職。ヘルスケア産業課に異動。健康経営の普及と推進に取り組んでいる。

第2部 14:30~15:00

働くひとの眠り方改革~企業における睡眠対策の重要性~

日本人の睡眠時間はOECD加盟国の中で最も低く、成人のおよそ5人に1人がよく眠れないと感じ、40代のほぼ半数が6時間未満の睡眠となるなど、日本人の睡眠不足は、改善すべき問題となっています。「働き方改革」が進む中、質の良い睡眠が得られるよう個人で改善に取り組むことはもちろん、睡眠不足が大きな要因となるプレゼンティーイズムによる生産性の低下など、「睡眠」にまつわる様々な問題に対し、企業や社会全体で睡眠改善に取り組む「眠り方改革」が課題となっています。今回は睡眠不足が健康や仕事に与える影響について、そして睡眠対策に取り組む企業事例も交えて睡眠対策の重要性についてお話しします。

早稲田大学リサーチイノベーションセンター 研究戦略部門教授(早稲田大学ビジネススクール兼担講師) 枝川義邦氏

講師

東京大学大学院薬学系研究科博士課程修了、博士(薬学)。早稲田大学ビジネススクールを修了(MBA)。早稲田大学スーパーテクノロジーオフィサーの初代認定を受ける。研究分野は、脳神経科学、人材・組織マネジメント、研究マネジメント。2017年「睡眠負債」で流行語大賞受賞。早稲田大学ビジネススクールでは、「経営と脳科学」を開講。おもな著書は、『ぐっすり眠れる睡眠の本』、『「脳が若い人」と「脳が老ける人」の習慣』、『「覚えられる」が習慣になる! 記憶力ドリル』など。

第3部 15:20~15:50

事例紹介:ヤフーが推進する健康経営と睡眠対策

ヤフーでは、社長による「健康宣言」のもと、すべての働く人が心身ともに最高のコンディションで業務に従事することができる企業を目指し、さまざまな取り組みを行っています。仮眠や休養のための「仮眠スペース」や「Rest ルーム」の設置といった施策内容と課題、これからの目指すべき方向性についてご紹介いただきます。

ヤフー株式会社 グッドコンディション推進室長、YG健康保険組合常務理事 市川久浩氏

講師

2004年、ヤフー(株) 入社。カスタマーサポート部門の子会社取締役、CS本部 本部長、ヤフー子会社の(株) IDCフロンティア 経営戦略本部 本部長などを経て、2017年10月から現職。健康経営アドバイザー 、健康マスター・普及認定講師、女性の健康とWLB推進員。

第4部 15:50~16:30

講師3人を交えたトークセッション

3人の講師が参加者のご質問に答えながら意見交換を行います。

紺野春菜氏、枝川義邦氏、市川久浩氏

※プログラムは予告なく変更することがあります。ご了承ください。

お申込みはこちら

申込締切:2月3日(月)
※応募者多数の際、抽選とさせていただきます。ご了承ください。

<お問い合わせ先>

日本経済新聞社 人材教育事業局

E-mail:elpro@nex.nikkei.co.jp
(営業時間:月~金9:30 ~ 17:30、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く)

お申込みはこちら

研修の申込み・お問い合わせ