【2019年8月2日開催】グローバル時代の日本企業に求められる人材育成とは

企業の成長戦略に欠かせないグローバル事業を担う人材の育成は重要な課題です。
本セミナーでは、企業の人事・研修担当者様を対象に、
グローバル人材育成を考える上で押さえておくべきポイントを2つの視点から提言します。
ひとつは企業価値向上の視点から、もうひとつは、個々の社員の学習モチベーション継続の視点です。
講師には「渋沢栄一 100の金言」の著者としても知られるコモンズ投信株式会社会長の渋澤健氏と、
英語コーチングサービスPROGRIT(プログリット)を展開する株式会社GRIT 代表取締役社長の岡田祥吾氏をお招きします。

タイトル グローバル時代の日本企業に求められる人材育成とは
日時 8月2日(金) 14:00~16:30
会場 日本経済新聞社東京本社2階「SPACE NIO
(東京都千代田区大手町1-3-7)
参加費 無料
定員 80名
申込締切 7月30日(火)

SPACE NIO


※応募者多数の際、抽選とさせていただきます。ご了承ください。

本セミナーで
持って帰っていただきたいもの

1

グローバル人材育成を考える上で押さえておくべきポイント①企業価値向上の視点

2

グローバル人材育成を考える上で押さえておくべきポイント②個々の社員の学習モチベーション継続の視点

お申込みはこちら

申込締切:7月30日(火)
※応募者多数の際、抽選とさせていただきます。ご了承ください。

第1部 14:00~14:10

主催者挨拶
~日経が考えるグローバル人材育成~

日本経済新聞社 人材教育事業局長 渡辺雄一郎

第2部 14:10~15:00

企業の持続的な価値創造を支えるグローバル人材投資

講師/渋澤 健氏 (コモンズ投信株式会社会長)

講師

シブサワ・アンド・カンパニー株式会社代表取締役。コモンズ投信株式会社取締役会長。JPモルガン、ゴールドマンサックスなど米系投資銀行でマーケット業務に携わり、96年米大手ヘッジファンドに入社、97年から東京駐在員事務所の代表を務める。2001年に独立し、シブサワ・アンド・カンパニー株式会社を創業。07年コモンズ株式会社を創業(08年コモンズ投信㈱に改名し、会長に就任)。経済同友会幹事。

第3部 15:00~15:50

PROGRIT式 日本人の英語力を覚醒させる方法

講師/岡田祥吾氏(株式会社GRIT代表取締役社長)

講師

株式会社GRIT代表取締役社長。1991年大阪生まれ。2014年、大阪大学工学部を卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。同社を退職後、米国留学先で出会った副社長の山碕 峻太郎と2016年に株式会社GRITを設立。問題解決アプローチを適用した英語コーチングプログラム「PROGRIT(プログリット)」で、英語学習業界に衝撃を与える。創業3年間で6,000人が受講し英語力アップが証明されている。受講者にはプロサッカー選手の本田圭佑氏もいる。『英語学習2.0』(KADOKAWA刊)著者。

第4部 16:00~16:20

グローバルで通用するビジネススキルを身につけるには
~日経が提供するサービスのご紹介~

1. 「ビジネスを動かす英語力」を身に付ける実戦型スマホ教材 Excedo
2. 本当に話せる英語力の証明 Versant(英語スピーキングテスト)

日本経済新聞社 人材教育事業局 前島英樹

第5部 16:20~16:30

個別相談
(御社のお悩みを気軽に相談していただける時間です)

お申込みはこちら

申込締切:7月30日(火)
※応募者多数の際、抽選とさせていただきます。ご了承ください。

<お問い合わせ先>

日本経済新聞社 人材教育事業局

E-mail:excedo-inquiry@nex.nikkei.co.jp
(営業時間:月~金9:30 ~ 17:30、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く)

お申込みはこちら

研修の申込み・お問い合わせ