• 上田 亮子氏

    上田 亮子氏(うえだ りょうこ)

    SBI大学院大学教授、京都大学経営管理大学院客員教授

     2001年みずほ証券入社。その後、日本投資環境研究所に出向し、2017年よりロンドンにて、コーポレート・ガバナンスや機関投資家のスチュワードシップに関する研究に従事。2022年、公認会計士・監査審査会委員就任。そのほか上場会社等で社外取締役等を務める。政策研究博士。専門分野はコーポレート・ガバナンス、サステナビリティー、資本市場、会社法。著書に「安定株主の分析-過去10年間の推移とコーポレート・ガバナンス上の問題」(2016, 商事法務)がある。
     金融庁「金融審議会ディスクロージャーワーキング・グループ」「スチュワードシップ・コード及びコーポレートガバナンス・コードのフォローアップ会議」「企業会計審議会監査部会」等、首相官邸「未来投資会議 構造改革徹底推進会合」、経済産業省「人的資本経営の実現に向けた検討会(人材版伊藤レポート)」、「持続的成長への競争力とインセンティブ~企業と投資家の望ましい関係構築~プロジェクト(伊藤レポート)」、ICGN株主責任委員会、IFRS財団等の政府や国際機関の委員を歴任している。