「これだけは知っておきたい契約の基礎知識」を1日で身につける ビジネスに必要な契約の基礎知識 実務経験豊富な弁護士が、「ビジネスの実務に役立つ」という観点から、典型的な契約の注意点やその対処法などの知っておくべき知識をわかりやすく伝えます

開催日(期間)
2019年5月16日 (木)
定員
72
受講料
37,800円(税抜き35,000円)
申込期間
2018年12月13日(木)~2019年5月15日(水)

ビジネスに必要な契約の基礎知識

開催日時

2019年5月16日(木)10:00~17:00

開場9:30、昼食休憩12:30〜13:30

会場
日本経済新聞社6階 「日経・大手町セミナールーム1」(日経カンファレンス&セミナールーム内)

プログラム

◆1 契約締結の前に
(1)契約書の用語‐及び、並びに、又は、若しくは、かつ等
(2)契約書の形式的ミス‐ゆらぎ、当事者逆転、参照条文ミス等

◆2 契約書の必要性
(1)契約成立の要件
(2)契約書を作るメリット

◆3 契約の当事者
(1)契約当事者とは
(2)個人との契約
(3)会社との契約
(4)会社の従業員との契約

◆4 契約の基本的事項
(1)法律文書の4W
(2)表題と前文
(3)何を書くべきか
(4)何を書くべきじゃないのか
(5)日付、末文、署名など
(6)不利な条文押し付けとどう戦うか‐条文、判例、他社比較等

◆5 契約にまつわる事故
(1)申込の誘引
(2)手付金と内金の違い
(3)不成立、無効・取消、解除・解約
(4)債務不履行
(5)損害賠償請求
(6)瑕疵担保責任
(7)実例研究

◆6 インターネット上の契約
(1)署名、捺印はどうする
(2)契約をめぐる問題点
(3)Eメールは書面か
(4)書面の交付に関する改正法
(5)電子承諾通知に関する改正法

◆7 各種契約の研究
(1)売買契約
(2)貸借契約
(3)請負契約
(4)委任契約
(5)寄託契約
(6)代理店契約
(7)特約店契約
(8)ソフトウェア開発委託契約
(9)秘密保持契約
(10)業務委託契約

◆8 実際の契約書のチェック
(1)この契約書のどこが危ない
(2)なぜ危ないのか
(3)どのように直せばいいのか

セミナーの狙い

「契約」は、企業ビジネスの基本をなすもので、基礎的な契約知識はビジネス常識といえます。円滑な取引のためには、ビジネスの最前線に立つ担当者自身が正しい契約知識を持ち、契約内容の問題点を明確化し、当事者間の話し合いで合意点を見つけられることが必要です。

この講座は、実務経験豊富な矢野弁護士が「ビジネスの実務に役立つ」という観点からプログラムを構成しています。「これだけは知っておきたい契約の基礎知識」を1日で身につけることができます。典型的な契約の注意点やその対処法などを経験豊富な専門家がわかりやすく解説します。なお、民法改正法に付いても適宜触れる予定です。

免責事項

本講座の内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。
主催者の諸般の事情や、天災地変その他の不可抗力の事態により、本講座の一部あるいは全部を中止させていただく場合がございます。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合は、運営事務局から受講者に対して、本サイトや、電子メールなどで事前に告知します。ただし、事由によっては事前の告知がないことをあらかじめご了承ください。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合、残り期間または残り回数に応じて精算した受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返金します。この場合、返金時の振込手数料は日経が負担します。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などの費用については、日経は補償いたしかねます。

「日経ビジネススクール」運営事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F
株式会社日経イベント・プロ内 
TEL 03-6812-8679 FAX 03-6812-8755  Eメール:nikkei-bs@nex.nikkei.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

≪お申し込み・ご入金について≫
各講座により指定の方法での入金をお願いいたします。
クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。
請求書払いの場合は、日経が指定する銀行口座に全額を現金でお振り込みください。振込手数料は受講申込者でご負担ください。ご入金の締切日は請求書に記載いたします。必ず入金締切日までに入金をお願いします。※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に運営事務局までご連絡ください。

≪解約について≫
やむを得ず解約される場合は、受講開始日の3営業日前の15:00までに、運営事務局までご連絡ください。返金手数料2,000円(税別)を申し受け、ご指定の銀行口座に振り込むことで、返金いたします。それ以降の解約はお受けいたしかねます。
※運営事務局の営業日は、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日となります。

≪注意事項≫
講座のお振り替えはお受けいたしかねます。あらかじめご了承ください。
講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
講座のお振り替えはお受けいたしかねます。
講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、受講者以外の方が待機するスペース等は設けておりません。
お身体の不自由な方など受講にあたってサポートが必要な場合は、お申し込み前に事務局までご連絡ください。なお、会場設備の事情によりご要望をお受けできない場合がございますことをご了承ください。
テーマ
職位・対象
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 基礎
カテゴリー

「ビジネス法律」に関連するおすすめの講座

  • 総務・経理・営業のための法律基礎知識

    総務・経理部門が担当する領収書・請求書など文書の取扱い、各種契約書の作成、債務・債権の処理や管理などの業務を行うためには、法律的な知識・根拠にもとづいて行うことが必要です。専門知識を持たないまま担当者...続きを読む

  • 取締役・執行役員の法律知識とコンプライアンス

    取締役は会社法で権限と責任等が規定され、これらを正しく理解することは職務遂行上欠かせません。他方、執行役員については、法規定はなく、企業が自由に地位や権限を決定できるため、執行役員規程などで自社の制度...続きを読む

  • ビジネスに役立つ法律基礎知識 <オンライン講座>

    Web上の学習画面を読み、自動採点形式のテスト問題で理解度を自己チェックしながら、確実に学習を進めましょう。気がついたことは、 Lectureノートなどのダウンロード資料に書き込みましょう。後々まで手...続きを読む