ゼロから学ぶ英文契約書入門

  • BASIC
  • ビジネス法律
  • マネージャー
  • リーダー
  • 新任
  • 課長
  • 中堅
  • 若手
  • オンライン配信
  • ベーシック300
  • more

英文契約書を初めて学ぶ方、改めて学び直したい方、部下の契約内容をチェックする方が対象

ゼロから学ぶ英文契約書入門

頻繁に出てくる英文契約書特有の重要基本表現を、厳選して紹介します

【ライブ配信実施】
本講座は、ライブ配信で実施いたします。職場や自宅のPCからアクセスして学べます。
また、見逃し視聴のご案内も行う予定です。受講方法の詳細等は、お申込みいただいた方に別途メールでご案内いたします。


 英文契約書を初めて学ぶ方のための、基礎知識とコツをつかむ講座です。
 英文契約書は難解でわかりにくい印象がありますが、契約の基礎知識と必要最低限の法律英語がわかっていれば、十分に対応できます。ただ、自己流で学習しても短期間での熟達は望めません。スポーツと同様に、最初に基本型を学び、それをベースに練習を積めば上達が早くなります。
 
 本講座では、頻繁に出てくる英文契約書特有の重要基本表現を厳選し、例文と一緒に紹介します。これらの基本表現をマスターすることで、相手方ドラフトのリスクを適切に評価でき、契約交渉の際に、適切かつ有効なカウンタープロポーザル(対案)を打てるようになり、結果として有利な交渉を行うことが可能となります。
 英文契約書をマスターするためにどのようなステップを踏めばよいか、アクションプランの方向性も簡単に紹介します。

〈この講座で学べること〉
〇英文契約書を読むための基礎知識の習得
〇頻繁に出てくる英文契約書特有の基本表現(相手方ドラフトのリスクを把握して対案を提示するために必須の知識)

■主な対象:
・英文契約書を初めて学ぶ方
・英文契約について学び直したい方
・部下の契約内容をチェックするマネジャー・リーダー

■受講者の感想
「講師の豊富な経験を踏まえ、色々なケースを紹介しながら説明してくれた」
「押さえておくべき表現の説明が分かりやすかった」
「実務に即効性のある内容だった」
「ベーシックな英文契約の知識を学びたい人にすすめたい」

概要

ゼロから学ぶ英文契約書入門

検索番号
P2102711
開催日時
2021年12月23日(木)13:00~17:00
定員
70
受講料
35,200円(税抜き32,000円)
会場
オンライン講座
申込期間
2021年9月7日(火)~12月21日(火)

プログラム

1. あなたも英文契約書の被害者ですか ~英文契約書は難しい先入観を捨てる

2. TOEICスコアが高くなくても英文契約書へリベンジできるか

3. 日本語の契約書と英文契約書の書かれている根本思想の違い

4. 効果的に英文契約書を読むため一般的な構成を知る

5. 英文契約書のドラフトはどうやって書かれているのか(英文契約書の5文型)
   解釈や意味の違いに注意 〜①カンマの有無・位置、②単数→複数、③修飾語句の位置

6. 英文契約書の雛型の入手・管理はどのようにしたらよいか

7. 英文契約書の必須基本表現(相手方ドラフトのリスク評価・把握と有利な交渉に必須な表現)
 (1)基本表現 助動詞
    shall/may/should/must/will/can はどのように使うか
 (2)努力義務に関する表現
    best efforts とreasonable effortsの違いは
 (3)条件に関する表現
    on condition that subject to to the extent that/ so long as provided, however, that to one’s knowledge in consideration of
 (4)責任・保証に関する表現
    indemnify/ hold harmless represent and warrant implied warrantyにはどんな種類があるのか?
 (5)法的拘束力に関する表現
    not legally binding enforceable, unenforceable
 (6)具体例の列挙に関する表現
    including without limitation
 (7)権利の法的性質に関する表現
    exclusive, non-exclusive license, sublicense
 (8)選択権に関する表現
    at one's option, at one's choice, at one's sole discretion
 (9)推定・法的擬制に関する表現
    presume, deemの違いは
 (10)費用負担に関する表現
    at one's own expense, at one's own account at no charge, at no costs
 (11)期限・期間・頻度に関する表現
    terminate, expireの違いは prior written notice, cf. prior written consent/approval
 (12)損害の種類に関する表現 損害の違いを正確に把握しよう
    direct, indirectとconsequential damages の違いは
 (13)支払い条件、価格条件
    lump sum, installments
 (14)保証(warranty)、免責・補償(indemnity)、責任制限(Limitation of Liability)のそれぞれの違いを正確に把握しよう
 (15)同義語・類語の重複 その他の重要表現
    amend, alter, change or modify defectsと malfunctionの違いは substantially similar/same provide, set forth, stipulate, specify, state, define attachment, exhibit, schedule, annex, table
 (16)売主と買主のどちらの約款が優先する? Last Shot Ruleとは何か

8.まずは一般条項(General Provisions)をマスターしよう
  〇準拠法・裁判管轄・仲裁の合意時の留意点(結局どこの国にすべきか?)

9.これから何をすべきか(英文契約書マスターのためのアクションプラン)

10.その他 最新情報
 (1)新興国との交渉で先方が採ってくる不合理な交渉方法とそれに対する現実的な対応について
 (2)米系と英系の英文契約上の表現の違い shall undertake, best effortsなど

講師紹介

  • 牧野 和夫氏(まきの かずお)

    牧野 和夫氏(まきの かずお)

    弁護士・弁理士・米国ミシガン州弁護士(芝綜合法律事務所)

    早稲田大学、関西学院大学商学部、琉球大学法科大学院、東京医科歯科大学大学院、明治学院大学法学部の各講師。1981年早稲田大学法学部卒業。91年ジョージタウン大学ロースクール法学修士号。2013年 ハーバード大学ロースクール・交渉戦略プログラム修了。いすゞ自動車課長・審議役、アップルコンピュータ法務部長、Business Software Alliance(BSA)日本代表事務局長、内閣司法制度改革推進本部法曹養成検討会委員、国士舘大学法学部教授、尚美学園大学大学院客員教授、東京理科大学大学院客員教授などを歴任。General Motors Institute(GM工科大学、現Kettering University)へ留学し米国の経営管理と企業法務を学ぶ。著書は『総解説・ビジネスモデル特許』『日経文庫 ネットビジネスの法律知識』『情報知的財産権』(以上、日本経済新聞出版社)、『国際取引法と契約実務』『初めての人のための契約書の実務』(以上、中央経済社)、『アメリカ法制度と訴訟実務』(雄松堂)、『英文契約書の基礎と実務』(DHC)、『やさしくわかる英文契約書』(日本実業出版社)。

    開催日時 講師が担当する他の講座
    2021年12月23日(木) ゼロから学ぶ英文契約書入門

「日経ビジネススクール」運営事務局
TEL 03-6812-8679 FAX 03-6812-8755 
Eメール:nikkei-bs@nex.nikkei.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

免責事項

本講座の内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。
主催者の諸般の事情や、天災地変その他の不可抗力の事態により、本講座の一部あるいは全部を中止させていただく場合がございます。また、受講方法を切り替える場合もございます。(例:ライブ配信・アーカイブ配信から教室受講への切り替え、その逆など)
その場合は、運営事務局から受講者に対して、本サイトや、電子メールなどで事前に告知します。ただし、事由によっては事前の告知がないことをあらかじめご了承ください。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合、残り期間または残り回数に応じて精算した受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返金します。この場合、返金時の振込手数料は日経が負担します。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などの費用については、日経は補償いたしかねます。
受講方法を切り替えた場合でも、受講料金の変更はございません。

≪お申し込み・ご入金について≫
各講座により指定の方法での入金をお願いいたします。
請求書払いの場合は、日経が指定する銀行口座に全額を現金でお振り込みください。振込手数料は受講申込者でご負担ください。ご入金の締切日は請求書に記載いたします。必ず入金締切日までに入金をお願いします。※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に運営事務局までご連絡ください。
請求書でのお支払いを選択された場合、ご希望の方には領収書を発行いたします。運営事務局までご連絡ください。クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。

≪解約について≫
やむを得ず解約される場合は、受講開始日の3営業日前の15:00までに、運営事務局までご連絡ください。返金手数料2,200円(税込み)を申し受け、ご指定の銀行口座に振り込むことで、返金いたします。それ以降の解約はお受けいたしかねます。※運営事務局の営業日は、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日となります。


≪ライブ配信講座の個別規定と配信プラットフォームについて≫
株式会社ファシオ(http://www.vita-facio.jp/)の配信プラットフォーム「Deliveru」により配信いたします。
また、本ライブ配信講座を受講される会員の個人情報は、本ライブ配信講座提供のために日経から同社に提供し、同社では同社のプライバシーポリシーに従って取り扱います。
これらの各規約・ポリシーにご同意の上、ご利用ください。
◎株式会社ファシオ「Deliveru」利用規約(個別規程):https://deliveru.jp/terms/
◎株式会社ファシオ プライバシーポリシー(個別規程):https://deliveru.jp/policy/privacy/
「Deliveru」の利用環境は、次の「推奨環境」のとおりです。お申し込みにあたっては、予めテスト視聴サイトにて支障なく視聴いただけるかをご確認ください。
◎推奨環境:https://deliveru.jp/faq/#Q8
◎よくあるご質問:https://deliveru.jp/faq/
◎テスト視聴サイト:https://deliveru.jp/pretest5/
ID livetest55
パスワード livetest55
◎双方向機能テスト視聴サイトhttps://deliveru.jp/pretests/discussionroom
ID livetest55
パスワード livetest55 

≪注意事項≫
※本セミナーの録音・録画、資料の無断複製や共用は禁止しております。
テーマ
職位・対象
講座の特徴
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 基礎
カテゴリー
キーワード
  • リスクマネジメント