【リーダー・マネジャー向け実践シリーズ】 マネジメントに必要なDXの基礎知識 DX戦略を実践するための、戦略立案、データ収集・分析、プロジェクトマネジメントのポイント

【ライブ配信実施】
本講座は、ライブ配信で実施いたします。職場や自宅のPCからアクセスして学べます。
また、見逃し視聴のご案内も行う予定です。受講方法の詳細等は、お申込みいただいた方に別途メールでご案内いたします。


【講座のねらい】
デジタルトランスフォーメーション(DX)が急速に進展するなか、新しいテクノロジーを活用して、ビジネスを変革していくマネジメントが求められています。

この講座ではITやデジタル技術のバックグラウンドのないマネジャーやプロジェクトリーダーを対象に、事業のマネジメントに最低限必要となる技術動向と未来の見通し、IoT・AI、5Gなどの技術が経営戦略や事業に及ぼす影響、デジタル時代のプロジェクトマネジメントのポイントを基礎から紐解いて解説します。

管理者、マネジャーの視点で整理された基本知識や最新動向、背景などを理解することで、経営戦略で定めた目標に対して、どのようにテクノロジーを活用すべきか、戦略的に構想するための知識と視点を獲得します。

【この講座で学べること】
(1)DX時代の事業マネジメントに必要な最新の技術動向と未来展望
(2)AI、IoTを活用したデータ収集・分析のポイント
(3)DXの戦略立案とプロジェクトマネジメントの進め方

■主な対象:
DXの基礎知識と最新動向を学びマネジメントに活かしたい管理職・マネジャー、
DX戦略を実践して事業の変革や新しい事業を作り出したいリーダーなど

■受講者の感想
・本日のセミナー内容を整理し、今後の目標設定や推進プランに活用したいと思います。
・DXについて分かりやすいアプローチ・解説でした。最新動向も大変参考になりました。
・DXに関する幅広い内容が網羅されており、今後どう活かしていくかを考えるきっかけとして役立ちそう。

概要

マネジメントに必要なDXの基礎知識

検索番号
P2202905
開催日時
2022年6月10日(金)10:30~17:30
定員
70
受講料
55,000円(税抜き50,000円)
会場
オンライン講座
申込期間
2022年3月7日(月)~6月8日(水)

プログラム

※最新動向を反映するために、プログラムを一部変更する場合があります。

はじめに ~問題の解決と未来の先読みに向けて
(1)混沌とする世界情勢と直面する企業の課題
   ~なぜDXを急がなければならないか、データでみる必要性
(2)DXによるダイナミック・サプライチェーンの構築
(3)カーボンニュートラルへの対応
(4)少子高齢化・人手不足への対応 
   〜成功するチーム作りと外部連携の進め方

1.DXの類型と事例から学ぶ注意点
(1)DXの全体像
 ・日本企業の現状と課題
(2)DXの類型と事例
   ①コミュニケーションのデジタル化
   ②消費時間・効率のデジタル化
   ③品質のデジタル化
   ④キャッシュフローのデジタル化
   ⑤保安・リスクのデジタル化
   ⑥価値・改革のデジタル化
   ⑦環境保全のデジタル化 
(3)DXにどう取り組むか~落とし穴と注意点
 ・データの追加やハードウェアの置き換えではない
 ・現在と将来のビジネスに合わせた再設計
 ・全体最適を目指す

2.DXの戦略立案とプロジェクトマネジメント
(1)DXで立つべきスタート地点 〜戦略立案とKPI設定
 ・ビジョンづくりとプロジェクトの進め方
 ・DXの効果の試算、価値がわかっているか
 ・取り組むべき施策と優先順位のつけ方
(2)全体最適化と局所最適化
 ・企業の動き、モノの動き、お金の動きの全体を見える化
 ・多対多の複雑系のメッセージネットワークを考える
 ・システム、デジタルツールをマネジメントに活用する
(3)リーン思考に基づくプロジェクトマネジメント
 ・DevOps(デブオプス)による開発
 ・継続的な改善・開発の仕組み
 ・ケイパビリティーの計測
(4)DXに適した組織体制
 ・少数精鋭、小規模で、徐々に進める
 ・結果を急がず小さな成果を積み上げる

3.データ分析とAI
(1)データ分析の力と意義
 ・AIはデータサイエンス
 ・データ分析のための基礎知識
(2)分析の実施方法とツールの選定
 ・開発と標準プラットフォーム利用のポイント
 ・お金をかけてAIを使うところを見定める
(3)統合データベースの構築
 ・業務用データベースと分析用データベース
(4)AIの活用例~AIは進化していく
 ・未来の予測、マーケティング、検査自動化、故障探知など

4.IoTによるデータ収集と制御
(1)IoTによるデータ収集
 ・IoTで実現するデータ駆動経営
 ・IoTに必要な無線規格の知識と最新動向
(2)リモート制御の技術
 ・効率的なリモート制御のあり方
 ・IoTのセキュリティー対策
(3)ロボットの進化と活用の意義
 ・ロボットの小型化と低価格化
 ・人工知能とロボット
 ・ファクトリーオートメーションの事例

5.まとめとQ&A

※DevOps(デブオプス)とは:

開発チーム(Development)と運用チーム(Operations)がお互いに協調し合うことで、開発・運用するソフトウェアやシステムによるビジネスの価値向上だけでなく、その価値をより確実で迅速にエンドユーザーに届け続ける考え方。

講師紹介

  • 伊本 貴士氏(いもと たかし)

    伊本 貴士氏(いもと たかし)

    メディアスケッチ 代表取締役 サイバー大学客員講師

    NECソフト、フューチャーアーキテクトなどを経て、2009年技術コンサルティングを行うメディアスケッチを設立。IoTやAIを中心に企業へ新技術導入、教育のコンサルティングを行う。著書に『IoTの教科書』(日経BP社)など。ホンマでっか!? TV(フジテレビ)や、サンデーLive!!(テレビ朝日)などに出演のほか、IoTや人工知能などの最先端技術分野における講演多数。

    開催日時 講師が担当する他の講座
    2022年8月19日(金) DX戦略による価値創造の進め方
    2022年6月10日(金) マネジメントに必要なDXの基礎知識

「日経ビジネススクール」運営事務局

TEL 03-6812-8679 FAX 03-6812-8755  Eメール:nikkei-bs@nex.nikkei.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

免責事項

本講座の内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。
主催者の諸般の事情や、天災地変その他の不可抗力の事態により、本講座の一部あるいは全部を中止させていただく場合がございます。また、受講方法を切り替える場合もございます。(例:ライブ配信・アーカイブ配信から教室受講への切り替え、その逆など)
その場合は、運営事務局から受講者に対して、本サイトや、電子メールなどで事前に告知します。ただし、事由によっては事前の告知がないことをあらかじめご了承ください。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合、残り期間または残り回数に応じて精算した受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返金します。この場合、返金時の振込手数料は日経が負担します。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などの費用については、日経は補償いたしかねます。
受講方法を切り替えた場合でも、受講料金の変更はございません。

≪お申し込み・ご入金について≫
各講座により指定の方法での入金をお願いいたします。
請求書払いの場合は、日経が指定する銀行口座に全額を現金でお振り込みください。振込手数料は受講申込者でご負担ください。ご入金の締切日は請求書に記載いたします。必ず入金締切日までに入金をお願いします。※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に運営事務局までご連絡ください。
請求書でのお支払いを選択された場合、ご希望の方には領収書を発行いたします。運営事務局までご連絡ください。クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。

≪解約について≫
やむを得ず解約される場合は、受講開始日の3営業日前の15:00までに、運営事務局までご連絡ください。返金手数料2,200円(税込み)を申し受け、ご指定の銀行口座に振り込むことで、返金いたします。それ以降の解約はお受けいたしかねます。※運営事務局の営業日は、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日となります。

≪ライブ配信講座の個別規定と配信プラットフォームについて≫
株式会社ファシオ(http://www.vita-facio.jp/)の配信プラットフォーム「Deliveru」により配信いたします。
また、本ライブ配信講座を受講される会員の個人情報は、本ライブ配信講座提供のために日経から同社に提供し、同社では同社のプライバシーポリシーに従って取り扱います。
これらの各規約・ポリシーにご同意の上、ご利用ください。
◎株式会社ファシオ「Deliveru」利用規約(個別規程):https://deliveru.jp/terms/
◎株式会社ファシオ プライバシーポリシー(個別規程):https://deliveru.jp/policy/privacy/
「Deliveru」の利用環境は、次の「推奨環境」のとおりです。お申し込みにあたっては、予めテスト視聴サイトにて支障なく視聴いただけるかをご確認ください。
◎推奨環境:https://deliveru.jp/faq/#Q8
◎よくあるご質問:https://deliveru.jp/faq/
◎テスト視聴サイト:https://deliveru.jp/pretests/video
ID livetest55
パスワード livetest55
◎双方向機能テスト視聴サイトhttps://deliveru.jp/pretests/discussionroom
ID livetest55
パスワード livetest55 

≪注意事項≫
※本セミナーの録音・録画、資料の無断複製や共用は禁止しております。
テーマ
職位・対象
講座の特徴
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 基礎
  • 実践
カテゴリー
キーワード
  • 予測・展望
  • DX
  • デジタル人材
  • イノベーション人材
  • ビジネスモデル
  • プロジェクトマネジメント
  • プロセスデザイン
  • リスクマネジメント