戦略的思考力トレーニング

  • BASIC
  • 経営・マネジメント
  • マネージャー
  • リーダー
  • 経営幹部
  • 次世代幹部
  • 部長
  • 課長
  • 中堅
  • 若手
  • 執行役員
  • 事業部長
  • 会場開催
  • 企業研修対応
  • ベーシック300
  • more

戦略づくりの考え方を個人のビジネス思考に活用する

戦略的思考力トレーニング

戦略的思考力を身につけるための基本的な知識、スキル・ノウハウについて、指導経験豊富な専門家がわかりやすく解説します

【重要なお知らせ】

日経ビジネススクールでは、会場での開催に際して、新型コロナウイルス感染予防対策を行います。必ずご確認のうえお申し込みください。皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。



 急速に変化し、振幅が大きい今日の経営環境・事業環境のなかで、自ら考え、判断するために必要な「戦略的思考力」の重要性がクローズアップされています。
 「戦略的思考力」とは、戦略作りの考え方やプロセスを個人レベルにあてはめて活用する思考法です。戦略的思考力を習得すると、自ら問題を発見し、論理的に分析し、問題解決に導く能力を高めることができます。
 また、経営戦略や事業戦略の立案、実行に貢献できる「組織を支える人財=リーダー」となるために必ず身につけておきたい思考スキルです。
 この講座では、戦略的思考力を構成する基本的な知識、スキル・ノウハウについて、指導経験豊富な専門家が、一日でわかりやすく解説します。

各章のまとめとして、戦略思考の定着をはかる「トレーニング問題」に取り組んでいただきます。
個人ワークで手を動かして、記入シートに回答を記載、講師の丁寧な解説で理解を深めてください。

■トレーニング問題(例):
PCのOSを提供するある会社は、開発当時クレーマーに悩まされました。特にパソコンに詳しいユーザーは、ヘビークレーマーと呼ばれていました。しかしこの会社は、これらのクレーマーを、一掃することに成功しました。さて、どうやって一掃したのでしょうか?

? ヒント:
○クレーマーを無視することはできない(企業の存続に関わる問題)
○クレーマーは、パソコンに関心が高い人たち
○昨日の敵は、今日の友?

■主な受講対象:
・戦略的なものの考え方のフレームワークを学びたい方
・マネジャー、事業リーダー、プロジェクトリーダーなど、組織を支える役割を担う方
・経営企画、事業企画、営業企画の方 など

■受講者の感想
・わかりやすい説明で理解が深まった。実務で実践していきたい
・実務に活用できそう。効率的に学習できる
・ものの考え方のベースができると思う
・戦略の基本が学べるから、若い人にもおすすめできる etc.

概要

戦略的思考力トレーニング

検索番号
P2203020
開催日時
2022年9月16日(金)10:00~17:00
定員
30
受講料
41,800円(税抜き38,000円)
会場
日本経済新聞社6階 「日経・大手町セミナールーム1」(日経カンファレンス&セミナールーム内)
申込期間
2022年6月3日(金)~9月14日(水)

プログラム


◆1.なぜ戦略的な考え方が求められているのか
【イントロクイズ】あなたは走りながら考えるタイプ?
(1)戦略とは何か、戦略と戦術の違い
(2)戦略の必要性と求められる人材像
(3)戦略思考とオペレーショナル思考
(4)戦略ありと戦略なしのイメージ
(5)戦略共有の重要性
(6)戦略の3つの時間軸(中期、中長期、長期)
(7)外と中の世界をバランスよく見るグローカル
【第1章:戦略思考トレーニング】4問

◆2.戦略の定石を理解する
【イントロクイズ】ウォルマートはなぜ全米1位になれたのか?
(1)ドメインとコアコンピタンス
(2)限られた資源を配分して成長戦略をめざす
(3)コアコンピタンス(競争力の源泉)は競争力の源泉
(4)KFS(主要成功要因)とビジネスモデル
(5)ブランド戦略のねらい
(6)戦略の定石3S(選択―差別化―集中)
(7)戦略のフレームワーク3Cと4C
(8)SWOT分析とクロスSWOT分析
【第2章:戦略思考トレーニング】4問

◆3.戦略の3大巨匠を押さえる
【イントロクイズ】価格競争が激しい業界と激しくない業界の違い
(1)M.E.ポーターの競争戦略
  ・戦略の定義 ・3つの基本戦略 ・5フォース
(2)ドラッカーのマネジメント
  ・マネジメントとは ・イノベーションの継続 ・全体最適
(3)P.コトラーのマーケティング
  ・マーケティングとは ・マーケティングのプロセス ・STPと4P
【第3章:戦略思考トレーニング】4問

◆4.ランチェスター戦略、孫子の兵法に学ぶ戦略の本質
【イントロクイズ】どちらを攻めるか?
(1)ランチェスター戦略
  ・弱者の戦略と強者の戦略 ・敵のどこを攻めるのか?
  ・弱いものいじめの法則と袋だたきの法則
  ・ナンバーワン戦略 ・クープマンの目標値
(2)孫子の兵法
  ・予めの兵法 ・小が大に勝つ3つの戦法
  ・小組織を指揮して大組織を動かす ・勝利するための5つの条件
【第4章:戦略思考トレーニング】4問

◆5.戦略的人間関係を構築する
【イントロクイズ】よくある勘違い
(1)自己分析、優位脳チェックシート25問
(2)ハーマンモデル4つの思考のクセ
(3)4個の基本パターンと11個の複合パターン
(4)パターンごとの相性の法則
(5)相手の価値観を理解し人間関係の消耗戦を回避する

◆6.質疑応答

講師紹介

  • 西村 克己氏(にしむら かつみ)

    西村 克己氏(にしむら かつみ)

    ナレッジクリエイト 代表取締役

     1982年東京工業大学大学院経営工学科修了。富士フイルムを経て、90年に日本総合研究所に移り、研究事業本部主任研究員として経営コンサルティング、社員研修会などを多数手がける。2003年より芝浦工業大学大学院教授を経て08年より客員教授。現在、昭和ホールディングス社外取締役、株式会社ナレッジクリエイト代表取締役。専門分野は、経営戦略、戦略思考、プロジェクトマネジメント、ロジカルシンキングなど。
     主な著書に『持たないで儲ける会社』(講談社+α新書)『1分間ドラッカー』『1分間コトラー』『1分間ジャック・ウェルチ』(以上、SBクリエイティブ)『ゼロから始めるプロジェクトマネジメント大全』(大和書房)『問題解決フレームワーク44』『戦略決定フレームワーク45』(学研パブリッシング)『ポーター博士の「競争戦略」の授業』(かんき出版)など著書120册以上。

    開催日時 講師が担当する他の講座
    2022年10月25日(火) 1日でわかる・プロジェクトマネジメント
    2022年10月21日(金) 若手リーダーに必要なマネジメント知識と論理的思考法
    2022年9月16日(金) 戦略的思考力トレーニング
    2022年8月26日(金) ロジカルシンキングの基本

「日経ビジネススクール」運営事務局
株式会社日経イベント・プロ内
TEL 03-6812-8679 FAX 03-6812-8755  Eメール:nikkei-bs@nex.nikkei.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

免責事項

本講座の内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。
主催者の諸般の事情や、天災地変その他の不可抗力の事態により、本講座の一部あるいは全部を中止させていただく場合がございます。また、受講方法を切り替える場合もございます。(例:ライブ配信・アーカイブ配信から教室受講への切り替え、その逆など)
本講座の一部あるいは全部を中止する場合は、運営事務局から受講者に対して、本サイトや、電子メールなどで事前に告知します。ただし、事由によっては事前の告知がないことをあらかじめご了承ください。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合、残り期間または残り回数に応じて精算した受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返金します。この場合、返金時の振込手数料は日経が負担します。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などの費用については、日経は補償いたしかねます。
受講方法を切り替えた場合でも、受講料金の変更はございません。

≪お申し込み・ご入金について≫
各講座により指定の方法での入金をお願いいたします。
クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。
請求書払いの場合は、日経が指定する銀行口座に全額を現金でお振り込みください。振込手数料は受講申込者でご負担ください。ご入金の締切日は請求書に記載いたします。必ず入金締切日までに入金をお願いします。※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に運営事務局までご連絡ください。
請求書でのお支払いを選択された場合、ご希望の方には領収書を発行いたします。運営事務局までご連絡ください。クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。

≪解約について≫
やむを得ず解約される場合は、受講開始日の3営業日前の15:00までに、運営事務局までご連絡ください。返金手数料2,200円(税込み)を申し受け、ご指定の銀行口座に振り込むことで、返金いたします。それ以降の解約はお受けいたしかねます。
※運営事務局の営業日は、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日となります。

≪注意事項≫
講座のお振り替えはお受けいたしかねます。
講義の録音・録画、講義中のPC使用はお断りいたします(PCをご持参いただく講座を除く)。また、講義中の携帯電話のご使用はお断りいたします。
会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
受講者以外の方が待機するスペース等は設けておりません。
お身体の不自由な方など受講にあたってサポートが必要な場合は、お申し込み前に事務局までご連絡ください。なお、会場設備の事情によりご要望をお受けできない場合がございますことをご了承ください。

テーマ
職位・対象
講座の特徴
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 基礎
  • 実践
カテゴリー
キーワード
  • チームマネジメント
  • リーダーシップ
  • リスクマネジメント
  • ロジカル思考