「ビジネス情報活用力」強化する
日経オリジナルプログラム

~ 日経の独自メソッドで
イノベーション人材の育成をサポートします~

変化が求められる時代に不可欠な
「ビジネス情報活用力」

情報技術(IT)があらゆる分野で浸透、
経済のグローバル化も進む中で、
仕事に必要な「知識」の幅と、
それに基づく1人ひとりの「考える力」
が求められています。
この2つを総合した力を日経では
「ビジネス情報活用力」と呼びます。

問題解決
効率化

知識

用語の意味だけでなく、
仕組みを知ること!

ビジネス上の思考
活動に必要な情報

考える力

あの事例、ビジネスにも
生かせるかも

知識からアイデアの種を
引きだす力

ビジネス
情報活用力

アイデア立案!

イノベーション人材

経済知識と考える力を客観的に診断する「日経TEST」。
仕事で使える情報活用と思考・発想のスキルを
記者経験者の講師が伝授する「経済知力研修」。
“独自メソッド”から生まれたオリジナルプログラムで
スキマ時間にスマホで学べる「ラングリット」。
「ビジネス情報活用力」を持つ人材の育成を
一貫してサポートします。

サイクル

日経経済知力研修とは?

ビジネス情報活用力を高める
日経の「企業内研修向けプログラム」

「日経 経済知力研修」は、豊富な取材経験を持つ
日本経済新聞社のベテラン記者経験者が中心となって
講師を務める企業向け研修プログラムです。
ビジネスパーソンとして知っておくべき主要な
経済ニュースの見方から、国内外の経済情勢、
注目トピックスなどについて解説するとともに、
仕事で使える情報収集・活用と思考・発想のスキルを
伝授します。

3つの特長

講師は、
日経の記者経験者が中心

「日経 経済知力研修」は豊富な取材経験を持つ日本経済新聞社の編集委員、ベテラン記者経験者が講師を務めるプログラムです。生きた経済の見方や業界の最新動向などを解説し「社会の事象と自身の業務とを関連づけて考えるビジネススキル」を、研修を通じて身につけていただくことがねらいです。

経済動向やビジネス
トレンドなど、
最新の記事や
ニュースを使った教材

本プログラムでは当日の講義内容に即したオリジナルテキストを使用します。日本経済新聞や専門紙で掲載された主要な記事の抜粋に解説を加えるなど、生きた経済を分かりやすく理解するために工夫された構成です。講義当日の日本経済新聞の朝刊も教材として使用します。

参加型の
グループワークによる
「気づき」効果

本プログラムには、講師の一方的な講義だけでなく、個人ワークやグループ討議・発表などの演習が含まれます。当日の新聞記事を素材にして「先読み」をしたり、担当業務や自社の取るべき戦略などについて受講者同士で考えることで「気づき」につながります。

ラングリットとは?

スマホで学べる日経オリジナルの
Eラーニング教材

「ラングリット」は、テーマを短時間に区切って学べる
マイクロラーニングの仕組みを活用し、学習しやすい動画を
ふんだんに組み込んだ日経オリジナルの教材です。
移動などのスキマ時間を有効活用でき、
スマホを手放せない「ミレニアル世代」が学びやすい構成で、
経済が苦手な人でも一通りの知識を身に付けられます。

世界経済を読み解き、ビジネスに必要な知識を
これひとつで学べ、知識を「学ぶ」だけでなく、
実際に「使える」レベルにまで到達することを目指します。

3つの特長

スキマ時間学べる
“マイクロラーニング”

学習単位は1コマ約3~5分。仕事が忙しくて学習時間が確保できない方も、スキマ時間にスマホで学習できます。
時間のあるときにパソコンでじっくり学習することも可能です。

ビジネスで役に立つ
7つのテーマ

世界経済を読み解き、ビジネスに必要な知識をこれひとつで学べます。知識を「学ぶ」だけでなく、
実際に「使える」レベルにまで到達することを目指します。

日経の
“独自メソッド”

日本経済新聞社が2008年から行っている「経済知力」を測る日経TEST。
約3,900社、延べ20万人が受験した日経TESTの出題、経済知力測定のノウハウが構成や内容に活かされています。

日経TESTとは?

情報を仕事に活用するために必要な
「知識+考える力」を測るテスト

日経TESTは「知識+考える力」を100問の解答結果から
スコア化し、
5つの評価軸(基礎知識、実践知識、視野の広さ、
知識を知恵にする力、知恵を活用する力)で表します。
また成績表はスコアのほか、受験者全体の中での現在の自分の位置も
相対的に提示します。
企業が団体で受験すれば社員の経済知力の傾向がわかり、
定期的に実施すれば社員の能力の伸びも把握できます。
経済の仕組みや流れを理解し、
新しいビジネスを生み出す人材を育成します。

評価軸
※図表・グラフは、日経TEST成績表のサンプルです
割合

企業が導入する3つの目的・効果

社員の意識改革

「生きた経済」を題材にすることで、社会の動きに敏感な社員を育成します。「気づき」や「学び」のきっかけとなる最適なテストです。

能力を客観的に分析

社員の学習の到達度を測るためには、正確な「ものさし」が必要です。日経TESTは、能力の変化を時系列で比較したり、社員の能力を客観的に比較したりするために活用することができます。

昇進・昇格基準に

客観的評価であるスコアは、昇進・昇格要件などとして利用されています。特に、今後必要とされるイノベーション人材、T型人材の登用などへの活用が進んでいます。