ドラッカーのマネジメントから紐解く・リーダーシップとコミュニケーション

  • MANAGEMENT & PROFESSIONAL
  • BASIC
  • 経営・マネジメント
  • マネージャー
  • リーダー
  • 次世代幹部
  • 部長
  • 課長
  • グループワーク
  • ワークショップ
  • ベーシック300
  • more

組織やチームを動かすマネージャー向け

ドラッカーのマネジメントから紐解く・リーダーシップとコミュニケーション

目標・責任を果たし、達成感をチームで共有する

検索番号
P1901711
開催日(期間)
2019年12月12日 (木)
定員
48
受講料
45,100円(税抜き41,000円)
申込期間
2019年5月31日(金)~12月11日(水)

同じ講座の開催日程はこちら

受付中講座

ドラッカーのマネジメントから紐解く・リーダーシップとコミュニケーション

開催日時

2019年12月12日(木)10:00~17:00

開場9:30 昼食休憩12:50~13:50

会場
丸の内オアゾ (OAZO)丸善3階 日経セミナールーム

対象


・リーダー、マネジャー、次世代幹部、部長、課長クラスの方
・推奨年齢:30代半ばから50代前半



プログラム



◆Session1
「ドラッカー経営学で紐解く、マネジメントの本質とリーダーの役割」

<レクチャー+グループ討議>


1.ドラッカーを理解するために知っておくべき2つのこと
2.組織が果たすべき3つの役割(tasks)
3.3つの役割を果たすための4つの機能(functions)

なぜドラッカーは企業の目的は「顧客の創造」だと言うのか。ドラッカー経営学の体系を知れば、マネジメントとリーダーの役割の本質的な意味が見えてくる。

◆Session2
「素敵なリーダーとは(リーダーシップ)」

<レクチャー+グループ討議>


1.素敵なリーダーがどんな人かは誰もが知っている
2.管理するだけでは人はついてこない
3.マネジャーの5つの基本業務と必要な資質

リーダーシップの要諦は理論を勉強しなくてもだれでも知っている。

◆Session3
「コミュニケーションは手段ではない」

<レクチャー+コミュニケーションゲーム+グループ討議>


1.組織の問題はコミュニケーションの良し悪しの問題
2.人は同じ事実を違ったように見ている
3.傾聴だけではコミュニケーションは成り立たない
4.最高のコミュニケーションとは何か

聞く耳を持つだけではコミュニケーションは成り立たない。同じ事実を違ったように見ていることを知ることがコミュニケーションのスタートである。

◆Session4
「メンバーと一緒に成果を上げるために(モチベーション)」

<レクチャー+グループ討議>


1.最も仕事にやりがいを感じるときの要因は何か
2.「責任」と「達成」がキーワード
3.部下とチームの目標を共有する
4.目標管理が誤って使われている
5.「強み」 「仕事のやり方」 「価値観」で人を活かす
6.マネジャーとして最も大切なことは何か
7.上司をマネジメントする

上司と部下の関係は何のためにあるのか。お互いの関係性の目的に焦点を当てた時、お互いがお互いにとっての財産であることがわかる。

◆Session5
「有意義な目的とコミットメント」

<レクチャー+ロールプレイング+グループ討議>


1.退職したいという部下に対して何が言えるか
2.仕事に対する想いはあるか
3.リーダーにカリスマ性などいらない
4.あなたはどんなリーダーになりたいか

仕事に対する想い、志、使命感、明確な方向性など、リーダーとして仕事に対する明確な考え方を持っているか。

セミナーの狙い

リーダーやマネージャーはメンバーと共に組織・チームで成果を上げる責任を担っています。それを果たすためには、これまで研究・蓄積されてきたリーダーシップやコミュニケーション、モチベーションなどの基本的な考え方や実践ポイントを押さえ、状況に応じて実践活用することが必要です。加えて、メンバーと組織の目的・目標を共有し、組織・チームとして更なる成長を目指すには、マネジメントの本質を知り、リーダー、マネージャーの役割をしっかりと理解したうえで、真摯に実行していくことが必要です。

 この講座では、「マネジメント」を体系化したピーター・ドラッカー氏の経営学によるマネジメントの本質から、リーダー、マネージャーの役割を明らかにし、成果を上げ、その達成感を組織・チームで共有し、自律的にビジネスが進められるようにするために、何をすればよいのか、講師と一緒に検討していきます。また、ロールプレイイングやコミュニケーションゲームなどを盛り込み、ビジネス現場で活用できる理論やスキルを体験的に学べるように構成しています。  

 ビジネスの最前線で、組織やチームを率いるマネージャーの皆様に役立つセミナーであることを目指します。

※1社からのお申込みは5名様までとさせていただきます。

講師紹介

備考

※このセミナーは48名定員のため、1社様からのお申込みは5名様までとさせていただきます。

免責事項

本講座の内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。
主催者の諸般の事情や、天災地変その他の不可抗力の事態により、本講座の一部あるいは全部を中止させていただく場合がございます。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合は、運営事務局から受講者に対して、本サイトや、電子メールなどで事前に告知します。ただし、事由によっては事前の告知がないことをあらかじめご了承ください。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合、残り期間または残り回数に応じて精算した受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返金します。この場合、返金時の振込手数料は日経が負担します。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などの費用については、日経は補償いたしかねます。

「日経ビジネススクール」運営事務局
TEL 03-6812-8679 FAX 03-6812-8755 
Eメール:nikkei-bs@nex.nikkei.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

≪お申し込み・ご入金について≫
各講座により指定の方法での入金をお願いいたします。
クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。
請求書払いの場合は、日経が指定する銀行口座に全額を現金でお振り込みください。振込手数料は受講申込者でご負担ください。ご入金の締切日は請求書に記載いたします。必ず入金締切日までに入金をお願いします。※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に運営事務局までご連絡ください。

≪解約について≫
やむを得ず解約される場合は、受講開始日の3営業日前の15:00までに、運営事務局までご連絡ください。返金手数料2,000円(税別)を申し受け、ご指定の銀行口座に振り込むことで、返金いたします。それ以降の解約はお受けいたしかねます。
※運営事務局の営業日は、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日となります。

≪注意事項≫
講座のお振り替えはお受けいたしかねます。
講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。
会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
受講者以外の方が待機するスペース等は設けておりません。
お身体の不自由な方など受講にあたってサポートが必要な場合は、お申し込み前に事務局までご連絡ください。なお、会場設備の事情によりご要望をお受けできない場合がございますことをご了承ください。
テーマ
職位・対象
講座の特徴
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 基礎
  • 実践
カテゴリー
キーワード
  • コミュニケーション力
  • チームマネジメント
  • ドラッカー
  • モチベーション
  • リーダーシップ力

「経営・マネジメント」に関連するおすすめの講座

  • ビジネスに必要な経営環境/市場環境分析・予測ノウハウ

    続きを読む

  • 取締役・執行役員の法律知識とコンプライアンス

    続きを読む

  • 事業経営に必要な会計財務数値の読み方と活用法

    続きを読む