一般社団法人UXインテリジェンス協会×日経ビジネススクール Presents DX時代に活躍するためのUX実践入門 -ビジネスを強くする良いユーザー体験の作り方-

多くの企業でデジタルトランスフォーメーション(DX)は経営上の重要な課題となり、デジタル化に向けた動きは急速に進展しています。一方、デジタルのチカラをビジネス成長に十分に繋げられず、突破口を見つけることに苦労している企業も多いのではないでしょうか。

現状を打破し新たな価値を生むために重要なキーワードが、ユーザー体験そのものを意味する「ユーザーエクスペリエンス(UX)」です。サービスや製品の使い勝手だけでなく、それを利用するユーザーとの間で発生するあらゆる状況を捉えてよりよい体験を作り上げることが、DX時代に成功するための要諦となっているのです。

全体概要



UXを意識したビジネスの考え方は、UXデザイナーといった一部の専門職だけのものではありません。

顧客や社会との関係性づくり、従業員との関係構築など、幅広い場面で「UX」という考え方は活用でき、UX起点でビジネスを捉えて業務を遂行することはすべてのビジネスパーソンにとって必須スキルといえるでしょう。

本講座では、
 ・UXが重要となる背景や本質的価値を理解し、
 ・UXのアプローチが有効な領域を学び、
 ・その実践方法についてのエッセンス
を1日で包括的に学びます。
いわば、UX実践入門講座です。

講師は、UX人材の育成やUXの普及啓発を目的に2021年5月に設立された一般社団法人UXインテリジェンス協会(以下、UXIA)の2名が務めます。
1人は累計15万部を突破した『アフターデジタル』や『UXグロースモデル』を著書に持つ藤井保文氏(UXIA 事務局長、株式会社ビービット 執行役員CCO 兼 東アジア営業責任者)。
もう一人は顧客体験変革を起点とした新規事業立ち上げや既存事業改革を数多く支援してきた小浪 宏信氏(UXIA副事務局長、株式会社電通デジタルCXトランスフォーメーション部門 部門長)。

日本におけるUX普及の第一人者である2名が直接レクチャーする大変貴重な機会です。


※WEB会議システム「Zoom」の用いてのライブ配信を予定しています。

本講座で学べること


①UXとはなにか、を正しく理解できる


②第一人者からUX実践に必要な考え方を直接学べる


③先進事例を通じ、UXをより具体的に理解できる



受講対象者
・企業におけるDX推進リーダーおよび担当者の方
・UXという言葉を聞いたことはあるものの、どのように進めればいいかわからない方
・正しくUXの考え方やアプローチを理解したい方

に特におすすめのプログラムです。


開講にあたって~学びの背景と得られること~
藤井氏
アフターデジタル時代、ビジネスは製品販売型から体験提供型になっていき、「如何に顧客との関係を再定義し、寄り添い続けられるか」、つまりUX(顧客価値の再定義と体験の提供)が経営においても、業務においても重要になります。
しかし、多くの企業ではこのUXを「デザインや使いやすさ」と勘違いしていたり、UXを企画するケイパビリティがほとんどないのが現状です。

UXインテリジェンス協会は、UXの重要性を感じ、その知見や能力を身に着けていきたい企業が、UXアプローチを取り入れられるようにするための一般社団法人です。
本講義では、協会メンバーが持つ知見と技術を、まずは基礎編として皆様にお伝えし、UXがなぜ必要なのか、どのような思考法や方法論が必要なのかを詳しくお伝えします。
多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

一般社団法人UXインテリジェンス協会 事務局長 
藤井 保文 

概要

DX時代に活躍するためのUX実践入門 -ビジネスを強くする良いユーザー体験の作り方ー

検索番号
P2202863
開催日時
2022年5月13日(金)10:00~17:00
定員
70名程度
受講料
49,500円(税抜き45,000円)
会場
オンライン講座
会場コメント
※1時間の昼休憩あり
申込期間
2022年2月9日(水)~5月10日(火)
主催
一般社団法人UXインテリジェンス協会、日経ビジネススクール

プログラム

第1部 「今なぜUXが重要なのか?」
日本企業のDXがうまくいかない要因の一つは、データやテクノロジーといった方法論が先行し、UX重視の姿勢とその実行が徹底されていないことにあります。
デジタル前提の社会において、より多くの人々がUXの本質的価値を理解しその実践知を習得する意味について解説します。

<内容>
・アフターデジタル時代のビジネス原理
・DXの目的は新たなUXの提供
・製品販売型から体験提供型への視点転換


第2部 「UXをビジネスに適用する」
UXをビジネスに取り入れるアプローチは、「0→1型の事業構想~立上げフェーズ」と「1→10型の既存ビジネスの改善~グロースフェーズ」に大別されます。
各フェーズにおけるプロセスと留意点を、国内外の先進事例を交えて解説します。

<内容>
・UX実現に必要な活動の全体像とプロセス
トップダウン型のUX活動① -企業の系譜と環境変化
トップダウン型のUX活動② -サービスを企画する
ボトムアップ型のUX活動① -抜本改善のUXグロース
ボトムアップ型のUX活動② -高速改善のUXグロース


第3部 「UXデザインを実践する」
ユーザー課題の解消を目的としたUXデザインのプロセスとエッセンスを、新サービス開発のモデルケースを題材にデザインスプリント形式の演習を通じて体感します。

<内容>
・ユーザーを知る
・ユーザーの課題を特定する
・解決策を立案する
・解決策の有効性を検証する


※上記の内容は変更される可能性があります。予めご了承ください。

講師紹介

  • 藤井 保文氏(ふじい やすふみ)

    藤井 保文氏(ふじい やすふみ)

    一般社団法人UXインテリジェンス協会 事務局長 株式会社ビービット 執行役員CCO 兼 東アジア営業責任者

    1984年生まれ。東京大学大学院修了。上海・台北・東京を拠点に活動。国内外のUX思想を探究し、実践者として企業・政府へのアドバイザリーに取り組む。著作『アフターデジタル』シリーズは累計15万部を突破。AIやスマートシティ、メディアや文化の専門家とも意見を交わし、新しい人と社会の在り方を模索し続けている。

  • 小浪 宏信氏(こなみ ひろのぶ)

    小浪 宏信氏(こなみ ひろのぶ)

    一般社団法人UXインテリジェンス協会 副事務局長 株式会社電通デジタルCXトランスフォーメーション部門 部門長

    1998年に電通国際情報サービス入社後、Webサイト開発業務やインタラクションデザインの研究開発を経て、02年に電通イーマーケティングワン(現電通デジタル)の立上メンバーとして参画。
    携帯キャリアでのBtoBtoC事業の立ち上げ支援のほか新規サービスの立ち上げを多数経験。顧客体験設計を中心とした企業の変革コンサルティング業務等に従事。
    20年、顧客体験変革を起点としたDX推進をミッションとするCXトランスフォーメーション部門を立上げ、新規事業立上げや既存サービスの改革、組織開発や専門人材育成等をテーマとしたプロジェクトの計画・推進をメインで担当。
    21年5月のUXインテリジェンス協会の設立に尽力し、初代副事務局長に就任。

UXIA共同講座 事務局
TEL: 03-6812-8693 FAX: 03-6812-8649(9:30~17:30、土日祝・国民の休日・年末年始は除く) 
E-mail:uxia@nex.nikkei.co.jp

免責事項

本講座の内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。
主催者の諸般の事情や、天災地変その他の不可抗力の事態により、本講座の一部あるいは全部を中止させていただく場合がございます。また、受講方法を切り替える場合もございます。(例:ライブ配信・アーカイブ配信から教室受講への切り替え、その逆など)
その場合は、運営事務局から受講者に対して、本サイトや、電子メールなどで事前に告知します。ただし、事由によっては事前の告知がないことをあらかじめご了承ください。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合、残り期間または残り回数に応じて精算した受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返金します。この場合、返金時の振込手数料は日経が負担します。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などの費用については、日経は補償いたしかねます。
受講方法を切り替えた場合でも、受講料金の変更はございません。

≪入金締切≫
各講座により指定の方法での入金をお願いいたします。
請求書払いの場合は、日経が指定する銀行口座に全額を現金でお振り込みください。振込手数料は受講申込者でご負担ください。ご入金の締切日は請求書に記載いたします。必ず入金締切日までに入金をお願いします。
※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に運営事務局までご連絡ください。
請求書でのお支払いを選択された場合、ご希望の方には領収書を発行いたします。運営事務局までご連絡ください。クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。

締切間近でのお申し込み【5/6(金)以降】はクレジット決済に限らせていただきます。
なお、同期間中に、法人での一括申し込みで請求書払いをご希望の場合は、事務局へお問い合わせください。

≪解約について≫
やむを得ず解約される場合は、受講開始日の3営業日前の15:00までに、運営事務局までご連絡ください。返金手数料2,200円(税込み)を申し受け、ご指定の銀行口座に振り込むことで、返金いたします。それ以降の解約はお受けいたしかねます。
※運営事務局の営業日は、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/5)を除く日となります。

≪注意事項≫
※本セミナーの録音・録画、資料の無断複製や共用は禁止しております。
※Zoomの講義アクセス先リンクを第三者と共有しないようにお願いします。
また、講義アクセス先とともに、講座内で知りえた情報を他者へ伝えたり、SNSになどに掲載・投稿するような行為は固くお断りします。

≪個別規定≫
【個人情報の取り扱いについて】
ご記入いただいたメールアドレス、お名前などの個人情報(以下、個人情報)は、株式会社日本経済新聞社(以下、日経)が取りまとめ、一般社団法人UXインテリジェンス協会に渡します。

●日経ビジネススクールにおける個人情報の利用目的など、取り扱いについての詳細は下記をご参照ください。
「日経ビジネススクールにおける個人情報の取扱いについて」

●一般社団法人UXインテリジェンス協会は、以下の目的で個人情報を利用します。
・本コースの企画、運営のため
・講座開発・サービス向上のため
・一般社団法人UXインテリジェンス協会の提供するサービスに関する各種情報のご案内

●登録いただいた個人情報は、次の定めに従って取り扱います。
・日本経済新聞社 「日経IDプライバシーポリシー」
・一般社団法人UXインテリジェンス協会 「プライバシーポリシー」

備考

≪ライブ配信講座の配信プラットフォームについて≫
ビデオ会議サービス「Zoom」を利用し講義をライブ配信します。
Zoomのダウンロード
※「ミーティング用Zoomクライアント」をあらかじめダウンロードしてください。Zoomの使用については無料です(別途通信料金がかかります)
※既にダウンロードされている場合も、セキュリティーのため必ず最新バージョンをダウンロードしておいてください。
※会社のセキュリティの関係でZoomが使用できない、インストールが難しいケースもありますので、お申し込みの前に社内でご確認いただくようお願いします。
Zoomサービス規約
システム要件
そのほか最新情報はZoom社のヘルプセンターをご覧ください。
接続テスト

≪受講の事前準備≫
1、Zoomのダウンロード
≪ライブ配信講座の配信プラットフォームについて≫をご確認ください。
2、インターネット環境の準備
有線LAN、もしくは容量制限のない安定したWi-Fi環境を用意します。
※受講には通信容量が多く発生します。テザリングなどの場合は、契約内容によって容量制限や追加通信料金などが発生する場合がありますのでご注意ください。
3、ハードウエアの準備
パソコン、あるいは画面サイズ10インチ以上の端末と、マイク付きイヤホンを用意します。
※カメラが内臓されていない端末の場合、別途マイク付きカメラなどを準備してください。
※スマートフォンでも聴講できますが、画面が小さく、講師が共有する画面が見づらくなりますのご注意ください。
4、受講できる静かな環境の確保
ご自身を映すカメラが使用でき、ミュートを解除して発言可能な静かな場所(ご自宅、オフィスの会議室、カフェ、出張先のホテルなど)を確保します。また、Zoomビデオの設定で「バーチャル背景」を使用することも可能ですのでご活用ください。

≪お申し込みから受講までの流れ≫
1、お申し込み後、講座開催の2~3日前に、視聴方法の概要についてご案内いたします。
2、講座当日(もしくは前日)に、事務局からメールでZoomへのアクセス方法および受講者用配布資料のダウンロード先をお送りします。
※講義によっては、配布資料がない場合、また事前には配布せず事後にダウンロードいただく場合もあります。
3、メールでご案内したアクセス方法に沿い、遅くとも講座開始の5分前には接続を開始し、通信状況を確認してください。通信状況を確認されましたら、必ずマイクをミュートにして講義開始までお待ちください。事前配布の資料は、講義開始までにダウンロードをお願いします。
4、オンライン受講での講師への質問方法、および講師からの質問に対する反応(挙手など)については、Zoom機能の簡単な使い方とともに、講義開始前にZoom画面でご案内します。また、グループに分かれて意見交換などワークを行う場合があります。その際、オンライン受講の方はZoomの「ブレイクアウトルーム」を使い、少人数のグループに分かれていただき、各グループごとにワークを進めていただきます。なお、講義中に発言される場合は、ご自身でZoomのミュートを解除してお話しください。
5、講義終了後、事務局からメールにて、アンケートへのご協力のお願いと、見逃し配信(下記「6、」参照)についてご案内します。
6、ライブ配信のバックアップとして、講義翌日から1週間程度「見逃し配信」を行います。接続先は講義終了後にメールにて案内いたします。
※ライブ配信の場合、通信状況やその他の理由により音声が途切れる、画像や音声が乱れる、つながらない、途中で回線が切れてしまうなどのトラブルが発生する可能性があります。あらかじめご承知おきください。
配信側の通信状況や不具合で接続が安定しない、回線が落ちてしまうなどの場合は、緊急でZoomの接続先を変更することがありますので、講義中は事務局からのメールを受信できるようにしておいてください。
※なお、ライブ配信が何らかの不具合で中断し、Zoomの切り替えが難しいと判断した場合、当該回の収録動画のご案内をもってオンライン受講に替えさせていただくこともありますのでご了承ください。

Q.受講料の支払いは振込だけですか?カードで支払えますか?
A.クレジットカード払い、請求書払いのどちらかをご選択いただけます。

Q.領収書はもらえますか?
A.請求書払いを選択された場合、ご希望の方には発行いたします。UXIA共同講座事務局までご連絡ください。
クレジットカード決済を選択された場合は申込完了メールを領収書として代えさせていただきます。


テーマ
職位・対象
講座の特徴
フロア
レベル
  • 基礎
  • 実践
カテゴリー
キーワード
  • DX
  • デジタル人材
  • イノベーション人材
  • デザイン思考