出世ナビ 記事セレクト

Phrase of the Day

手も足も出ない(状態) over a barrel

Having me over a barrel, they charged an exorbitant fee to repair my car.
(手も足も出ないことを知って、彼らは法外な車の修理代を私に請求しました)

Vocab Aid:
charge(請求する) exorbitant(法外な)

 その昔、溺れそうになっている人がいると、水から引き揚げて樽の最上部にうつ伏せにさせたそうです。しかる後に背中を押して水を吐かせる。これが慣用句としてのover a barrel(樽の上にかぶさって)の出どころです。樽の上の本人は、ただうつ伏せになっているだけで介護人たちのなすがまま――。ここからこのフレーズは「手も足も出ない(状態)」「(人の)言いなり状態」などの比喩になります。誰かを「手も足も出せない状態にする」「言いなり状態にさせる」ということを言うのならget/have/put ~ over a barrel(~を樽の上にうつ伏せにさせる)。「~の弱みにつけ込む」「足元を見る」と訳しても面白いかもしれません。

How to use:

  1. Are you getting paid well with your new job?
  2. No. They got me over a barrel, and I had to accept what they offered..
  1. 今度の仕事、お給料はいいの?
  2. いいや。足元を見られて、言いなりで受けるしかなかった。

Further Study:

 出っ張ったお腹のように中央部が膨らんだ樽がbarrel。ビア樽を想像してください。底部は平らですから、大昔の外国のバーや鉄火場ではそれを縦に立てて、やはり平らなてっぺん部分をカウンターや賭け台の代わりにしていました。飲み代や賭け金は現金でその上に置きます。そこから出来たフレーズがcash on the barrelhead(樽のてっぺんのキャッシュ)。時代を経て「現金払い」の比喩になり、現在にいたっています。飲み屋に入って「No credit. Cash on the barrelhead.」の張り紙があったら「ツケお断り。現金のみ」ということです。

You want this car? Okay, I’ll sell it for $1000 cash on the barrelhead.
(この車が欲しい?いいでしょう、即金なら1000ドルにしておきます)

This shop doesn’t give us credit. Everything is cash on the barrelhead.
(この店はツケがききせん。すべて現金払いです)

コスモポリタン・インスティテュート(CI)

この連載の一覧

  • 財務3表の「つながり」がわかる 財務諸表マスター講座 <オンライン講座>

    続きを読む

  • 英語で学ぶロジカル・ライティング

    論理表現力を1日で英語で学ぶ続きを読む

  • ロジカル・シンキング

    論理的に考え、ビジネスで活用するためのスキル続きを読む

バックナンバー

NIKKEI STYLE

最新記事一覧

おすすめの講座

  • 日経からのお知らせ
  • NBSベーシック300
  • オンライン講座
  • ビジネススキル再点検
  • 日経緊急解説Live!
  • 日経ビジネススクール アジア
  • 日本版エグゼクティブ研究会
  • お気に入り登録&マイページ便利な使い方