出世ナビ 記事セレクト

Phrase of the Day

食べていく keep body and soul together

He is out of work. How he keeps body and soul together is beyond me.
(職についていない彼がどうやって食べているのか、私にはわかりません)

Vocab Aid:
out of work(無職) beyond me(私には想像がつかない)

 「その日暮らしをする」のはlive from hand to mouth(手から口の生活をする)、「どうにか、やりくりしながら生きていく」のがmake ends meet(帳尻を合わせる)、「何とか借金をせずに暮らす」のはkeep ~’s head above water(頭を水の上に出している)――。みんな、経済的に苦労をしながら生きている人たちの人生模様。ここでもうひとつ、keep body and soul together(体と精神をひとつにしておく)という慣用句も覚えておきましょう。心身の安定のために、「ごはんが食べられるほどには、なんとか稼いで暮らしをたてる」――。これがこのフレーズの意味するところ。我々流に言えば「(何とか)食べていく」ということですね。

How to use:

  1. How is your new job? I understand that the wage is good.
  2. Wage? Not much, just enough to keep body and soul together.
  1. 新しい仕事はどう?お給料もいいんでしょ。
  2. 給料?食べていくのがやっとだよ。

Further Study:

 みみっちい話題はこのくらいにして、もっと景気のいい話をしましょう。例えばlive high off/on the hogというイディオム。むりに直訳してみても「ブタから高く住む」と、わけがわかりません。実際は「豚肉の最も美味しいところを食べて暮らす」というのがこのフレーズが意味するところです。マグロに大トロや中トロがあるように、豚肉にも特に美味しい部位というものがある。しかし値段が張りますから、そんな肉を食べられるのは金持ちだけ――。というところから、このフレーズは「贅沢な暮らしをする」ということの比喩になります。「食べていくのがやっと」とは、ずい分話が違います。

Bob won the lottery, and now he lives high off/on the hog.
(ボブは宝くじがあたって、今では豪勢に暮らしています)

Steve is a multi-billionaire who lives high off/on the hog.
(スティーブは億万長者で、贅沢な生活をしています)

コスモポリタン・インスティテュート(CI)

この連載の一覧

バックナンバー

NIKKEI STYLE

最新記事一覧

おすすめの講座

  • 会社役員・幹部向けベーシックコース
  • NBSベーシック300
  • オンライン講座
  • ビジネススキル再点検
  • 日経緊急解説Live!
  • 日経ビジネススクール アジア
  • 日本版エグゼクティブ研究会
  • お気に入り登録&マイページ便利な使い方