出世ナビ 記事セレクト

英文会計はこう読め

財務分析の要は比較 アップルとIBMの違いは? 第7回 アップルとIBMの財務諸表を分析してみよう

 例えば、資本金100ドルで現金を100ドル持っているA社が、他社の株式を現金20ドルで購入したとします。この場合は、図表4の右図のように現金(Cash)が20ドル減って80ドルになり、その20ドルが有価証券(Marketable securities)に換わって会社の中にあると貸借対照表の左側に表記されます。

図表4 A社が他社の株式を買った場合

財務分析の要は比較 アップルとIBMの違いは?

 次に、同じように資本金100ドルで現金を100ドル持っているA社が、自社株式20ドル分を現金で取得(Common stock repurchases)した場合はどうなるでしょうか。

 図表5の右図の通りです。今回も現金は20ドル少なくなります。しかし、自己株式の取得の場合は、貸借対照表の左側に有価証券として記載されるのではなく、純資産の中に自己株式(Treasury stock)としてマイナスで記入されるのです。

図表5 A社が自社株式を取得した場合

財務分析の要は比較 アップルとIBMの違いは?

 自己株式の取得は特殊な取引です。自社の株主は通常会社の外に居ます。会社の外の株主が会社のオーナーです。自己株式の取得とは、自分の会社の株を自分の会社が買っているということですから、例えていえばタコが自分の足に食いついているようなイメージです。なので、自己株式を取得するとその分だけ貸借対照表が小さくなっていくのです。

  • 「伝わる文章力トレーニング」講座

    続きを読む

  • 基礎から学ぶマーケティング

    マーケティング思考の「基本の型」が1日で身につく続きを読む

  • 管理会計マスターコースⅠ・Ⅱ

    業績管理から戦略策定まで、経営管理に必要な知識・ノウハウ続きを読む

バックナンバー

NIKKEI STYLE

最新記事一覧

おすすめの講座

  • 日経緊急解説LIVE
  • EE研究会
  • 便利な使い方
  • 日経からのお知らせ枠・社告欄