出世ナビ 記事セレクト

Phrase of the Day

(機械などの)調子が悪い on the fritz

This PC has been on the fritz since the time of purchase.

(このパソコンは買ったときから調子が悪い)

Vocab Aid: 

time of purchase (購入時)

 「これ、メゲとるよ」――。知り合いの日系アメリカ人は何かが故障するとこう言います。お祖父さんから学んだ言い方だそうです。辞書を引くと、なるほど「めげる」にはモノが壊れる意味があると出ています。モノ、とくに機械類がこの意味で「めげる」ことを英語ではbe/go on the fritz(フリッツである/になる)と言います。the car went on the fritzなら「車が故障した」。「めげる」は「壊れる」を意味する古語の「めぐ」から来ているのだそうですが、on the fritzのほうは由来がはっきりしていません。いろいろ説があって、fritzは電気製品が壊れるときの擬音で、それが語源というのもそのひとつ。我々には「プツン」と聞こえる音が、英語国民には「フリッツ」と聞こえるのでしょうか。

How to use:

  1. How long has the machine been on the fritz?
  2. Since day one.
  1. その機械はどのくらい長いあいだ調子が悪いのですか?
  2. 最初からです。

Further Study:

 私たちが日常的に使う「めげる」は、大方の場合「気持ちが萎(な)える」意味での「めげる」ですね。「部長に叱られてめげた」と言うときの、それ。「へこむ」と言うときもあれば「落ち込む」と言うこともあります。それに応じて英語表現も掃いて捨てるほどありますが、今日はbe down in the mouth(への字口になる)の一本絞り。気持ちが落ちこんだときに、それに耐えようとして歯を食いしばると、自然に口が「へ」の字になって泣きべそ顔になる。それがこの表現の出どころです。めげてベソをかく――。こんなことを言うときは、この表現が最適です。

  1. Why does Tom look so depressed? What’s the matter with him?

    (トムはなんであんなに落ちこんでるの?何かあったの?)

  2. He broke up with Sue. That’s the reason he is down in the mouth.

    (スーと別れたんだ。それで、あいつ、ベソかいてるんだよ)

コスモポリタン・インスティテュート(CI)

この連載の一覧

バックナンバー

NIKKEI STYLE

最新記事一覧

おすすめの講座

  • オンライン講座
  • EE研究会
  • 便利な使い方
  • 日経からのお知らせ枠・社告欄