ベストセラー『ロジカル・シンキング』著者が解説 ロジカル・コミュニケーション 基礎編 分かりやすく、論理的に、そして速くメッセージを伝えるための手法とは? そのエッセンスを体系的に、練習を交えて学びます

アーカイブ講座
アーカイブ講座は、実際に行われた講座を収録したものを、WEB上でいつでも/どこでも受講できるサービスです。
当日使用したテキストは受講の際にダウンロードすることが可能です。
※本講座は、2020年5月25日(月)に収録したものを一部編集・追加しています。

【講座のねらい】

 上司への報告、社内での情報共有、関連部署への依頼や連絡、顧客への提案など――。ビジネスの様々な説明の基本は、分かりやすく説得力をもって伝えることです。しかも、今日、多くの場面でいかに速くメッセージが伝わるかが問われています。そのためのアプローチが「ロジカル・コミュニケーション」です。この手法は、練習をすればどなたでも身につけることができるものです。
 本講座では、ロジカル・コミュニケーションの基本手法を取り上げます。書く前・話す前の「準備」、メッセージの「組み立て」、そして速く伝わる「表現」まで、各手法のエッセンスを練習を交えて学んでいきます。学んだ内容を実務の中で習慣化する方法もご紹介します。


【対象者】
分かりやすく論理的に伝えるための基礎力をつけたい方、なぜ自分の説明は伝わりにくいのかと悩んでいる方、ロジカル・シンキングの基礎を学びたい方、ぜひご参加ください。部下・後輩の伝える力について指導ポイントを把握したい方も歓迎します。

概要

検索番号
P2002219
受講料
41,800円(税抜き38,000円)
申込期間
2020年7月1日(水)~2021年6月30日(水)

プログラム



はじめに
   ロジカル・コミュニケーションの全体像とプログラムのねらい

1 コミュニケーションの準備
何について伝え、相手からどのような反応を引き出したいか―。この、テーマと目的の確認は、ビジネスを迅速に前進させるために不可欠な準備です。書く前・話す前に必要な「準備」――テーマ・目的のシンプルな確認方法を共有します。
  ・ビジネス・コミュニケーションの仕組みとメッセージの基本の型
  ・相手に答えるべき「問い」と相手に「期待する反応」の確認
  ・準備不足で伝わらないメッセージの例と改善点【ウォーミング・アップ】


2 メッセージの組み立て
分かりやすく論理的なメッセージを組み立てるためのアプローチとして、ロジカル・シンキングを活用します。ロジカル・シンキングとはどのような考え方か、それをどう使って納得感があるメッセージに組み立てるかを学びます。
  ・分かりやすく論理的な説明の基本型「論理の基本構造」
   ‐縦の原則:So What? /Why So?(結局、何か?/なぜ、そう言えるのか?)【小演習】
   ‐横の原則:MECE(重なりなく、漏れなく)【小演習】
   ‐【演習】報告メッセージを組み立てる
  ・「空・⾬・傘」のストーリー構成
   ‐ビジネスで汎用性が高い「空(状況)・雨(状況の解釈)・傘(アクション)」の3要素  
   ‐「空・雨・傘」の流れに沿った論理的なメッセージの組み立て方
   ‐【演習】提案メッセージを再構成する

3 メッセージの表現
組み立てたメッセージは、分かりやすく表現できてはじめて、コミュニケーションの相手に伝わります。このセミナーでは、メッセージが速く確実に伝わるための表現のコツを文章の場合を中心に学びます。このテクニックはメールにも活用できるものです。
  ・ “見て分かる”ように書く「組み立ての視覚化」のテクニック【文例検討】
  ・ 参考:相手を迷子にさせない口頭説明の要点

4.ロジカル・コミュニケーションの習慣化
日々作成するビジネス・メールを使って「準備」「組み立て」「表現」のエッセンスを身につけるOJTの方法を学びます。
  ・ビジネス・メールで行うOJT-3つのポイント【演習】

まとめ・Q&A

講師紹介

  • 照屋 華子氏(てるや はなこ)

    照屋 華子氏(てるや はなこ)

    コミュニケーション・スペシャリスト

    東京大学文学部社会学科卒業。(株)伊勢丹広報担当を経て、マッキンゼー・アンド・カンパニーでコンサルティング・レポート等の論理構成・日本語表現にアドバイスをするエディティング、ならびにコンサルタントやクライアント対象のロジカル・コミュニケーションのトレーニングを企画・実施。
    現在は独立し、組織におけるロジカル・コミュニケーションのスキル定着のためのサポートやエディティングの提供とともに、論理思考やロジカル・コミュニケーションに関する企業研修を多数企画・実施している。また、ビジネス・ブレークスルー大学大学院教授、首都大学東京大学院社会科学研究科経営学専攻非常勤講師を務めている。
    著作に『ロジカル・シンキング練習帳』、『ロジカル・ライティング』、共著に『ロジカル・シンキング』(いずれも東洋経済新報社)。

    開催日時 講師が担当する他の講座
    2021年5月24日(月) ロジカル・コミュニケーション
    オンライン講座 ロジカル・コミュニケーション 基礎編

「日経ビジネススクール」運営事務局
TEL 03-6812-8679 FAX 03-6812-8755 
Eメール:nikkei-bs@nex.nikkei.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

免責事項

≪お支払いについて≫
お支払いはクレジットカード決済のみとさせていただきます。
クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。

≪解約について≫
本セミナーは、お客様都合による解約は受け付けておりません。あらかじめご了承ください。

本アーカイブ講座は、株式会社ファシオ(http://www.vita-facio.jp/)の配信プラットフォーム「Deliveru」により配信いたします。受講にあたっては、日経ビジネススクール利用規約に加え、その個別規程 として、同社との間では「Deliveru」利用規約が適用されます。また、本アーカイブ講座を受講される会員の個人情報は、本アーカイブ講座提供のために日経から同社に提供し、同社では同社のプライバシーポリシーに従って取り扱います。これらの各規約・ポリシーにご同意の上、お申し込み・ご利用ください。
株式会社ファシオ「Deliveru」利用規約(個別規程) https://deliveru.jp/terms/
株式会社ファシオ プライバシーポリシー(個別規程) https://deliveru.jp/policy/privacy/

「Deliveru」の利用環境は、次の「推奨環境」のとおりです。お申し込みにあたっては、予めテスト視聴サイトにて支障なく視聴いただけるかをご確認ください。
◎推奨環境 https://deliveru.jp/faq/#Q7
◎よくあるご質問 https://deliveru.jp/faq/
◎テスト視聴サイト https://deliveru.jp/pretest5/
ID livetest55
パスワード livetest55
≪お申し込みから受講までの流れ≫
1、お申し込みから4営業日以内に事務局より「Deliveru」の参加者IDをご提供いたします。
2、「Deliveru」にログインします。
3、お申し込みいただいたアーカイブ講座を開封します。
4、開封後14日間、視聴いただけます。この期間内に受講してください。

≪注意事項≫
※参加者IDは日経IDに登録されているメールアドレスに届きます。見落としがないようご注意ください。
開封期限:参加者ID発行後30日後まで
視聴期間:開封後14日間

※お渡しした参加者IDの開封期限を超えた場合のお振り替えや期限の延長はお受けいたしかねます。あらかじめご了承ください。
※本セミナーの録音・録画、資料の無断複製や共用は禁止しております。
※お渡しした参加者IDは受講者本人のみがお使いください。
テーマ
職位・対象
講座の特徴
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 基礎
カテゴリー
キーワード
  • コミュニケーション

「コミュニケーション」に関連するおすすめの講座

  • 相手から信頼される「質問力」

    続きを読む

  • ビジネスコーチ養成講座 資格取得コース(2021年10-12月期:ビジネスコーチ株式会社認定)

    続きを読む

  • ビジネスコーチ養成講座:基礎コース

    価値観が多様化し、成長... 続きを読む