出世ナビ 記事セレクト

Phrase of the Day

腕試し(をする) try ~’s wings

No sooner had he obtained his driver’s license than he rented a car to try his wings.
(彼は運転免許をとるやいなやレンタカーを借りて腕試しをしました)

Vocab Aid: 
no sooner ~ than …(~するやいなや…する) obtain(得る)

 自分は果たしていかほどのものかと、腕試しをしてみたくなるのは人情です。昔でいえば宮本武蔵が武者修行するのも、今の時代ならTOEICや英検に挑戦するのも、「腕試し」が目的です。「自分がどこまでいけるか知りたかった」と、リオの女子柔道で金メダルを射とめた選手がインタビューに答えていました。あっぱれな「腕試し」魂。英語にはtry ~’s wingsという慣用句があります。直訳で「自分の翼(つばさ)を試す」。成長したヒナが羽根をはばたいて、飛べるかどうか試すことを言います。鳥にとっては「つばさ試し」、私たちにとっては「腕試し」ですね。

How to use:

  1. I’ve learned enough of journalism. I want to try my wings as a newspaper reporter.
  2. A news reporter? You won’t be ready for that for another 10 years.
  1. ジャーナリズムについては十分に学んだ。新聞記者として腕試しをしてみたい。
  2. 記者になりたい?まだ10年早い。

Further Study:

 「自分の実力を確かめるために、ちょっとやってみること」――。新明解国語辞典は「腕試し」を、こう定義しています。「ちょっとやってみる」の英語表現ならいくつも挙げることができますが、今回はtake a shot at ~(~にショットを試してみる)を覚えることにしましょう。「(銃の)発砲」の意味もあるshotが、ここでは「試み」の意味で使われています。そんなこともあって、このフレーズは「一発、試してやろう」とか、「いっちょ、やってみるか」といったところが日本語としての語感です。

I am not sure if I can do it, but I’ll take a shot at it.
(私にできるかどうかわかりませんが、いっちょやってみます)

Would you like to take a shot at the TOEIC test to know where you are with your English?
(あなたの英語の実力がどのあたりか、TOEICで腕試ししてみる?)

コスモポリタン・インスティテュート(CI)

この連載の一覧

  • よくわかる管理会計の基礎と実践

    会計の基礎知識を考える力にする続きを読む

  • 財務諸表分析と企業価値評価の基本

    企業価値向上の好循環を生みだす続きを読む

  • ファシリテーション能力開発

    ファシリテーションの第一人者がエッセンス・スキル・ノウハウを伝授続きを読む

バックナンバー

NIKKEI STYLE

最新記事一覧

おすすめの講座

  • 会社役員・幹部向けベーシックコース
  • 上司力養成講座特集
  • ビジネス基礎力特集
  • ビジネススキル再点検
  • 日経緊急解説Live!
  • 日経ビジネススクール アジア
  • 日本版エグゼクティブ研究会
  • お気に入り登録&マイページ便利な使い方