出世ナビ 記事セレクト

Phrase of the Day

頬かむりする sweep ~ under the rug

The public outrage was so great that the government could not sweep the scandal under the rug.
(世間がスキャンダルに激怒して、政府は頬かむりするわけにはいかなくなりました)

Vocab Aid:
outrage(激怒)  so ~ that …(あまり~なので…)

 時代劇をテレビで見るたびに思うのですが、江戸時代の盗賊はいつもあんな頬かむりをして仕事に出かけたのでしょうか。黒装束に身を包み、ひと目で泥棒と察しがつく風体で夜の街を徘徊したのでしょうか。ま、それはともかく、今の時代に「頬かむり」と言えば自分に都合が悪いことは知らんぷりをすることを意味します。英語ではどう言うか。「手拭いでマスクする」と直訳しても「知らんぷり」の意味は出ませんから、こんな場合はsweep ~ under the rug(~を絨毯の下に掃き込む)という慣用句を使います。人に知られると都合の悪い「~」を見えないように隠して、自分は何くわぬ顔をすることです。

How to use:

  1. The police chief refused to talk about one of his men’s misconduct.
  2. He thinks he can sweep it under the rug.
  1. 警察署長は、部下の不祥事について話すことを拒みました。
  2. 頬かむりできると思っているのね。

Further Study:

 できれば頬かむりしておきたいすねの傷は、誰にでも1つや2つあるものです。問題は頬かむりできなくなったときにどうするかで、こんなときに人は皆、あたかもそれが大したことではないように見せかけようとする。これを英語ではsoft-pedal(ソフトペダルする)と言います。ピアノ(アップライト型)についている3本のペダルのうち、一番左にあるのがsoft-pedal(弱音ペダル)。柔らかい音色(ねいろ)で弾きたいときにはこのペダルを踏みます。そこからきたのがこのフレーズで、「(ことを)目立たなくする」「(語気を)やわらげる」などの比喩として使います。

The government tried to soft-pedal the issue.
(政府は問題を矮小化しようとしました)

This is a touchy problem. We’d better soft-pedal it for the moment.
(これは微妙な問題だから、しばらくはコトを荒だてないほうがいい)

コスモポリタン・インスティテュート(CI)

この連載の一覧

  • よくわかる管理会計の基礎と実践

    会計の基礎知識を考える力にする続きを読む

  • 財務諸表分析と企業価値評価の基本

    企業価値向上の好循環を生みだす続きを読む

  • ファシリテーション能力開発

    ファシリテーションの第一人者がエッセンス・スキル・ノウハウを伝授続きを読む

バックナンバー

NIKKEI STYLE

最新記事一覧

おすすめの講座

  • 会社役員・幹部向けベーシックコース
  • 上司力養成講座特集
  • ビジネス基礎力特集
  • ビジネススキル再点検
  • 日経緊急解説Live!
  • 日経ビジネススクール アジア
  • 日本版エグゼクティブ研究会
  • お気に入り登録&マイページ便利な使い方