• EXECTIVE
  • MANAGEMENT & PROFESSIONAL
  • BASIC
  • 経営・マネジメント
  • マネージャー
  • リーダー
  • 経営幹部
  • 次世代幹部
  • 部長
  • 課長
  • 中堅
  • 執行役員
  • 事業部長
  • 女性
  • 交流会付き
  • グループワーク
  • ロールプレイング
  • 昼食付き
  • 女性講師
  • ベーシック300
  • more

キャリア、スキル、働き方を見直して改善するための、女性リーダー・管理職対象の2日間講座

女性リーダーのためのキャリア・スキルアップセミナー

受講者同士の交流により新たな視点を見いだし、あなたのキャリアに役立てていただくための講座です!

開催日(期間)
2017/05/30~2017/05/31
定員
24
受講料
96,120円(税抜き89,000円)
申込期間
2017年3月15日(水)~5月26日(金)

女性リーダーのためのキャリア・スキルアップセミナー(1日目)

開催日時

2017年5月30日(火)10:00~18:00

開場9:30、昼食休憩12:00~13:00

会場
日本経済新聞社6階 「日経・大手町セミナールーム1」(日経カンファレンス&セミナールーム内)

女性リーダーのためのキャリア・スキルアップセミナー(2日目)

開催日時

2017年5月31日(水)10:00~19:00

開場9:30、昼食休憩12:00~13:00

会場
日本経済新聞社6階 「日経・大手町セミナールーム1」(日経カンファレンス&セミナールーム内)

講師紹介

セミナーの狙い


このセミナーは、
「リーダーとしてチームをまとめきれていないと感じる」
「管理職になったばかりで自信が持てない」
「将来のキャリアをどう選択すべきか決めかねている」
など、悩みを持ちつつ働く女性のリーダーや管理職の方が対象です。
明日から実践できる具体的な行動内容と、キャリア達成に向けた目標を得られる講座です。

あなたのキャリアを振り返りつつ、10年、20年先のキャリアに向けた行動計画を
つくり上げていただくこと、そして、周囲とのコミュニケーションやチームの
モチベーションアップに役立つスキルを習得していただくことが、この講座の目的です。

自分の職場や会社を離れ、様々な人の考えを聞きながら学ぶことで、新しい価値観や
考え方が生まれる可能性が高くなります。

セミナーの要ともなる講師兼ファシリテーターは、企業の人事部で人材開発担当などの
経験を持ち、日本のみならず海外でもコミュニケーションスキルやリーダーシップ
トレーニングなどの講師を担当、現在は仕事と育児の両立にまい進している、ロール
モデルとしてもふさわしい浦亜弓講師です。

女性リーダーや管理職の方、管理職候補者の方などのご参加をお待ちしています。


【受講料に含まれるもの】資料代、2日間分のランチ代、2日目の懇親会費用

【事前課題について】 この講座には事前課題があります。あなたのキャリアを
振り返っていただく課題です。お申し込みいただいた方に5月以降、メールで課題を
お送りします。当日は課題用紙にご記入のうえご持参ください。なお、当日この課題を
ご提出いただく必要はありません。

プログラム

DAY1

イントロダクション&アイスブレーク

◇ キャリアの棚卸し

これまでのキャリアの史跡を書き出し、これまでどのような遍歴で成長を重ねてきたか
を『見える化』します。
他の方のキャリアを知ることにより、刺激を受けたり、ヒントをもらえたりします。
自分のキャリアをレビューすることにより、今後についてもクリアになっていきます。
 *キャリアの書き出し、ハイライトはいつ、何をしていたとき?
 *何をしてどのような意識、行動、スキルを身につけてきたのか?振り返りと他者共有
 *モチベーション推移(あなたのモチベーションアップ/ダウンの傾向は?)
 *モチベーションについて

10年後、20年後のあなた(ビジョンの作成)
キャリアは人生の中に入り込んでいます。
『ワーク』と『ライフ』を完全に分離させるのは難しいかもしれませんが、どこかに
自分にとっての最適なワークライフバランスがあるはずです。
これからの10年、20年をどう作り出したいかを考え、ビジョンを明らかにしていきます。
 *ビジョンとは?ビジョンのパワーとは?
 *ビジョンの作成(作り方のガイダンスはあります)

◇ ダイバーシティ
大手企業においては、ダイバーシティが経営戦略の中枢となっているほどその重要性
が認められています。
ダイバーシティ、すなわち個々人の持ち味を発揮して成果を作り出していくこと。
チームにおいては、ダイバーシティから生まれるシナジーを推進し、ビジネスへの
貢献を高めていくこと。
ダイバーシティについての理解を深め、ダイバーシティの効果を最大限にするために
何をすればいいのか? を考えます。
 *ダイバーシティとは?(表層、深層のダイバーシティ)
 *ダイバーシティの背景(日本におけるダイバーシティの歩み)
 *女性が活躍することの意義とは
 *ダイバーシティのベネフィットとリスク
 *具体的に何をするべきなのか?
 *個性を生かして活躍していくために必要なことは?
 *「働き方改革」をいかに実現させていくのか?



◇ アサーティブコミュニケーション ~あなたのアサーティブネスを高める 
部署・組織を超えたチーム単位のビジネスで不可欠となる、良好な人間関係構築や、
目標達成に向け様々な人の真意を引き出すためのアサーティブコミュニケーションの
基本とスキルを学びます。
 *日本のコミュニケーション傾向
    「ハイコンテクスト」だけではなく、「ローコンテクスト」になる必要性
 *アサーティブコミュニケーションとは (アグレッシブ/パッシブとの比較)
 *アサーティブな行動特徴とは?
 *自分のアサーティブ度の分析
 *主張力と傾聴力のバランス
 *主張力をアップさせるためのガイドライン
    ~言いにくいことを伝える練習、Noと言う練習 
 *傾聴力をアップさせるためのガイドライン
    ~相手が言いにくいことを聞き出す練習
 *主張力と傾聴力の習得 (演習)

◇ まとめと質疑応答


DAY2

DAY1の振り返り

◇ コンフリクトマネジメント

ダイバーシティの強み発揮が職場で期待される中、意見の不一致や考えの衝突はこれまで
以上に起こる可能性が高まります。
不一致、衝突を意味するコンフリクト。
コンフリクトの結果が生産性の低下や人間関係の悪化に繋がらないためには、コンフリクト
マネジメントスキルを使う必要があります。
コンフリクトマネジメントの基本とスキルを学びます。
 *コンフリクトについて(コンフリクトとは?原因は?)
 *どうすれば解決に導けるのか?2つのスキルについて
 *相手の本心を聞き出す傾聴スキル (演習)
 *コンフリクトの原因になっている問題を解決に導くフレーム
   :解決のための5ステップ (演習)
 *仲裁に入る際の注意事項 (演習)

◇ チームビルディング~周囲に影響を与え動かす
リーダーであってもなくてもチームパフォーマンスの向上にどう貢献できるかを認識し、
自分の力を発揮するためにはどうすればいいのかを考えます。
チームはどのような段階を経て強いチームに育つのか。
それぞれの段階で何をすれば効果が上がるのかを理解します。
 *チームパフォーマンスをあげるために必要なこととは
 *チームの成長段階(4段階)とそれぞれの特徴と必要な意識と行動
 *チームビルディングゲーム(自分の持ち味を確認する)
 *自身の影響力を分析する
 *チームのために自分ができることとを理解する

◇ DAY1で作ったビジョンを伝える
ビジョンは語って初めて本物のビジョンになります。
DAY1で作成したご自身のビジョンを他の方に伝えることにより、実現の可能性は高くなります。
他の方にビジョンを語り気づきやコミットメントを深めます。
*ビジョンを少人数のグループ内で発表し、感想をもらい承認・応援してもらう

◇ 実行計画作成
*2日間の研修を振り返り、具体的な行動変革を作り出すための計画を作る

クロージング

懇親会(1時間程度を予定)

講師や受講者の方と情報交換を深める場としてください。軽食をご用意します。

備考

※恐れ入りますが、お振り替えはお受けいたしかねますので、あらかじめご了承願います。
※講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
※本セミナーの内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。また主催者により、開催を中止させていただく場合があります。あらかじめご了承願います。

免責事項

日本経済新聞社(日経)は、コース日程を変更または中止する場合、原則として受講者に対してその内容に応じてあらかじめ電話、電子メール、当ウェブサイトなどでの告知を行います。
天災地変その他の不可抗力や主催者および講師の事情などにより、講義を一部あるいは全部、中止(不催行)させていただく場合がございます。
中止の場合は原則、別日程に講義を振り替えて催行させていただきますが、主催者の事情により完全に提供されない講義については、受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返却します(返金時の振り込み手数料は弊社負担)。
ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などその他の費用については、日経は補償いたしかねます。

日経ビジネススクール」セミナー事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F
(株)日経ピーアール内
TEL:03-6812-8679 FAX:03-6812-8755
Eメール:nikkei-bs@nikkeipr.co.jp
受付時間:月~金 9:30~17:30(年末年始、土日祝日を除く)

≪入金締切≫
ご請求書に記載いたします
※現金による銀行振込のみ。クレジットカード、分割払いには対応しておりません
※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に事務局までご連絡ください

≪キャンセルポリシー≫
※ セミナーの申込締切は、開催日の前日より数えて3営業日前(土日祝日、年末年始を除く)の午後3時までです。(2日間以上のセミナーの場合はセミナー開始日)。
それ以降にお申し込みされる場合は、開催直前の営業日の午後5時30分までに、必ず事務局03-6812-8679までお電話ください。受講が可能な場合に限り、お申し込み手続きを進めさせていただきます。事前の電話連絡をいただけない場合、お申し込みをお受けできません。ご了承ください。

※ やむを得ずキャンセルされる場合は、開催日(受講開始日)の前日より数えて3営業日前(土/日/祝日、年末年始を除く)の午後3時までに、事務局までご連絡ください。
返金手数料2,000円(税別)を申し受けご返金いたします。それ以降のキャンセルは受講料をお返しいたしかねます。
なお、一部の有料セミナーのキャンセルにつきましては、上記と異なる場合がございます。各セミナーのホームページにてご確認ください。

※ お申し込みいただいた講座は、講師・主催者の諸般の事情により、開催を中止させていただく可能性がございます。
その場合は、事務局からご連絡をさせていただきます。

※ なお、当方から申し込み確認メールをお送りしても、お申し込みのタイミングで、すでにキャンセル待ちの場合がございます。ご了承ください。

「経営・マネジメント」に関連するおすすめの講座

  • 取締役・執行役員の法律知識とコンプライアンス

    取締役は会社法で権限と責任等が規定され、これらを正しく理解することは職務遂行上欠かせません。他方、執行役員については、法規定はなく、企業が自由に地位や権限を決定できるため、執行役員規程などで自社の制度...続きを読む

  • 日経記事で学ぶドラッカー「マネジメント」実践活用法

    1909年にウイーンで生まれたピーター・F・ドラッカーは“マネジメントの父”と呼ばれています。それは、マネジメントを体系化し誰でも身につけられる人間学、行動学、組織学としてまとめたからだといわれていま...続きを読む

  • 若手リーダーが身につけたいマネジメント知識と思考法

     スピード化と激しい変化が「上司像」を変えています。これまでのやり方や考え方、スキル・ノウハウだけでは通用しない環境下で、次々に起こる複雑な課題にスピーディに「答」を出していく必要があります。 また、...続きを読む