財務諸表分析と企業価値評価の基本

  • BASIC
  • 会計・財務分析
  • マネージャー
  • リーダー
  • 経営者
  • ベーシック300
  • more

会社役員・マネージャー・経営企画担当者のための

財務諸表分析と企業価値評価の基本

損失の発生を防ぎつつ、企業価値を向上させる ※企業(事業)価値評価のエクセルシート付き

開催日(期間)
2017年8月2日 (水)
定員
72
受講料
35,640円(税抜き33,000円)
申込期間
2017年5月22日(月)~8月1日(火)

財務諸表分析と企業価値評価の基本

開催日時

2017年8月2日(水)10:00~17:00

開場9:30、昼食休憩12:30~13:30

会場
日本経済新聞社6階 「日経・大手町セミナールーム1」(日経カンファレンス&セミナールーム内)

プログラム


◆1.経営者と幹部のための企業・財務知識
(1)企業財務の知識なくして企業経営・経営企画ができない時代に
(2)経営のアナウンスメント効果・IRにも重要な経営指標による目標設定が不可欠
(3)経営的視点でのバランスシートと損益計算書の関係

◆2.勝ち組企業の経営目標とは(ROE、ROA、フリーキャッシュフロー等)
(1)収益性指標としてもっとも重要なROA・ROEと相互関連
(2)設備投資に借入金が有効な場合とは
(3)キャッシュフローをバランスシートでビジュアルに理解する
(4)フリーキャッシュフローとは何か、どうすれば増えるのか
(5)キャッシュフロー指標を借入金残高の適正性、投資の採算性の評価・判断にどう活かすか

◆3.企業価値評価の方法を知れば向上策もわかる-各種評価手法とその特徴
(1)企業価値評価方法の基礎-三つのアプローチとその特徴
(2)時価純資産価額法
(3)類似業種(会社)比準法
(4)配当還元法
(5)DCF(割引現在価値)法

◆4.資本コストの基礎知識(リスクを経営判断に組み入れる)
(1)資本コストの理解は企業価値向上の必要条件
   -株主資本コストとは何か(IR上も重要)
(2)非公開企業にとっての資本コストとは
(3)企業価値向上のための利益配分政策(配当金、自社株買い)-ケーススタディー
(4)資本コストと必要な収益率
(5)簡単な設例で学ぶ設備投資の意思決定

◆5.EVA®による企業評価の実際と価値最大化
(1)EVA®の概要と算出方法
   -ROAとの違いと相関
(2)事業部別・子会社別評価と価値最大化への活用
   -ケーススタディー
(3)ケーススタディー-A社の高効率体質と持続的成長をEVA®で検証する

◆6.フリーキャッシュフローによる企業価値評価(FCFV)の実際と価値最大化
(1)フリーキャッシュフローの算出
(2)「継続価値」の考え方と算出のしかた
(3)評価額と時価の違いは何を意味するのか
   -市場混乱時の対応-
(4)ケーススタディー
   -B社事業部の経営計画から事業価値を評価してみよう
    企業(事業)買収のリスクをどう盛り込むか

   ※企業(事業)価値評価のエクセルシート付き(CD-ROM)

EVA®は米国スターン・スチュワート社の登録商標です

※電卓をお持ちください

セミナーの狙い


現在のように市場の不確実性が高まりつつあるビジネス環境において、経営者による意思決定の重要性は一層高まっています。「財務諸表分析」は経営意思決定の客観的な判断材料を提供するものです。現状を適正に分析・評価し、的確な打ち手が実行できるかどうかが、企業価値の大きな違いとなって表れてきます。これからはリスクとリターンの分析がとりわけ重要となるでしょう。巨額の損失発生を防ぐためには、的確なリスク分析が欠かせません。

このセミナーでは、①財務諸表分析による日常的な経営管理手法、②経営意思決定の重要な指標となる企業価値の評価手法、そして③企業価値向上の好循環を生みだすためのヒントやノウハウを学んでいただきます。ケース・スタディーを交え、実務的・実践的な内容は動画のプレゼンテーションも組み入れながら、基礎からわかりやすく解説します。

講師紹介

備考

※恐れ入りますが、お振り替えはお受けいたしかねますので、あらかじめご了承願います。
※講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
※本セミナーの内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。また主催者により、開催を中止させていただく場合があります。あらかじめご了承願います。

免責事項

日本経済新聞社(日経)は、コース日程を変更または中止する場合、原則として受講者に対してその内容に応じてあらかじめ電話、電子メール、当ウェブサイトなどでの告知を行います。
天災地変その他の不可抗力や主催者および講師の事情などにより、講義を一部あるいは全部、中止(不催行)させていただく場合がございます。
中止の場合は原則、別日程に講義を振り替えて催行させていただきますが、主催者の事情により完全に提供されない講義については、受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返却します(返金時の振り込み手数料は弊社負担)。
ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などその他の費用については、日経は補償いたしかねます。

「日経ビジネススクール」セミナー事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F
(株)日経ピーアール内
TEL:03-6812-8679 FAX:03-6812-8755
Eメール:nikkei-bs@nikkeipr.co.jp
受付時間:月~金 9:30~17:30(年末年始、土日祝日を除く)

≪入金締切≫
ご請求書に記載いたします
※現金による銀行振込のみ。クレジットカード、分割払いには対応しておりません
※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に事務局までご連絡ください

≪キャンセルポリシー≫
※ セミナーの申込締切は、開催日の前日より数えて3営業日前(土日祝日、年末年始を除く)の午後3時までです。(2日間以上のセミナーの場合はセミナー開始日)。
それ以降にお申し込みされる場合は、開催直前の営業日の午後5時30分までに、必ず事務局03-6812-8679までお電話ください。受講が可能な場合に限り、お申し込み手続きを進めさせていただきます。事前の電話連絡をいただけない場合、お申し込みをお受けできません。ご了承ください。

※ やむを得ずキャンセルされる場合は、開催日(受講開始日)の前日より数えて3営業日前(土/日/祝日、年末年始を除く)の午後3時までに、事務局までご連絡ください。
返金手数料2,000円(税別)を申し受けご返金いたします。それ以降のキャンセルは受講料をお返しいたしかねます。
なお、一部の有料セミナーのキャンセルにつきましては、上記と異なる場合がございます。各セミナーのホームページにてご確認ください。

※ お申し込みいただいた講座は、講師・主催者の諸般の事情により、開催を中止させていただく可能性がございます。
その場合は、事務局からご連絡をさせていただきます。

※ なお、当方から申し込み確認メールをお送りしても、お申し込みのタイミングで、すでにキャンセル待ちの場合がございます。ご了承ください。

「会計・財務分析」に関連するおすすめの講座

  • 1日でわかる決算書の読み方

    決算書(B/S、P/L、C/S)を読みこなす。これは、すべてのビジネスパーソンにとってもっとも必要なスキルです。このセミナーでは、 ●簿記をまったく知らない人のために、 ●1日で、 ●決算書(B/S、...続きを読む

  • 英語で学ぶ財務会計入門・2回コース(Financial Accounting Seminar)

    グローバルビジネスにおける海外販路の拡大、海外工場の建設や現地企業への生産委託、あるいは現地での人材採用など、採算を計算するモノサシは会計です。会計力がなければ、海外でのビジネス・コミュニケーションは...続きを読む

  • 会計の基本がわかる・財務諸表マスター講座

    この講座は会計・財務に苦手意識があるが、理解を深めたいと考えている方を対象としています。損益計算書(P/L)貸借対照表(B/S)キャッシュフロー計算書(C/S)の財務3表を1つのセットにし、3表の数字...続きを読む