【追加開催】取締役・執行役員の法律知識とコンプライアンス

  • EXECTIVE
  • 経営・マネジメント
  • 経営者
  • 経営幹部
  • 執行役員
  • ベーシック300
  • more

-会社役員として何をしなければならないか、何をしてはならないか ~具体的事例から法的責任と対応を学ぶ

【追加開催】取締役・執行役員の法律知識とコンプライアンス

このセミナーは、会社役員に必須の法律知識と実際の企業経営での活用方法を解説するプログラムです。

開催日(期間)
2017年12月11日 (月)
定員
90
受講料
32,400円(税抜き30,000円)
申込期間
2017年10月4日(水)~12月10日(日)

【追加開催】取締役・執行役員の法律知識とコンプライアンス

開催日時

2017年12月11日(月)13:00~17:00

開場 12:30

会場
日本経済新聞社6階 「日経・大手町セミナールーム2」(日経カンファレンス&セミナールーム内)

プログラム

第Ⅰ講 会社役員の義務と責任

1.取締役の法律上の地位~取締役・監査役とは
(1)取締役・監査役と会社との法律関係 ~議論のはじまり:会社法330条の意味
(2)執行役員とは ~取締役との共通点と違いは?
(3)使用人との身分の相違 ~雇用と委任でどう違うのか?

2.経営の意思決定スキーム:取締役会と取締役・監査役
(1)取締役会とは ~経営事項の決定機関:その専権事項とは?
(2)取締役会の決議と各役員の責任 ~連帯責任が問われる意味
(3)取締役・執行役員・その他経営幹部 ~業務執行の担い手

3.役員の義務 ~取締役・監査役・執行役員がしなければならないこと
(1)善管注意義務・忠実義務 ~役員の義務の中核
(2)経営判断の原則 ~司法判断のカラクリを解明する
(3)監視義務とリスク管理体制の構築義務 ~責任が問われる具体的場面とは

4.取締役の責任 ~取締役・監査役がしてはならないこと
(1)役員の民事上の責任(取締役を中心に)
・任務の懈怠 ~損害賠償責任の基本構造を解明する
・競業と利益相反取引 ~不誠実さに対する非難可能性の高さを知る
・違法配当,利益供与 ~経営層だけがなしうる違法行為
(2)役員の刑事上の責任 ~刑事責任が問われる場合とは?

第Ⅱ講 内部統制とコンプライアンス

1.内部統制システムの構築・整備と取締役・監査役
(1)内部統制の意味内容 ~ビジネスリスクを管理できる組織づくり
(2)リスクマネジメントにおける取締役・執行役員の職責 ~何をすればよいのか?

2.コンプライアンス経営の実体 ~経営幹部に必要な法律知識のポイントを解説
(1)消費者保護法制 ~偽装・不当表示
(2)経済法・独禁法 ~カルテル・優越的地位の濫用
(3)労働法 ~パワハラ等の労務問題
(4)情報管理 ~個人情報保護と営業秘密管理 
(5)金融商品取引法 ~インサイダー取引
(6)その他

第Ⅲ講 総括と補足

セミナーの狙い

取締役は会社法で権限と責任等が規定され、これらを正しく理解することは職務遂行上欠かせません。他方、執行役員については、法規定はなく、企業が自由に地位や権限を決定できるため、執行役員規程などで自社の制度内容を把握し、取締役との違いを確認することが重要です。その上で、会社役員は、法が定める経営の効率や機動性を高める仕組みを活用し、コンプライアンス経営と適切なリスクマネジメントを実践し、企業価値を向上させていくことが求められます。
 
 このセミナーは、会社役員に必須の法律知識と実際の企業経営での活用方法を解説するプログラムです。会社法をはじめ、金融商品取引法、独占禁止法や労働法など理解が必要な法的知識のポイントをつかみ、コンプライアンス経営やリスクマネジメントの実践に役立てていただけます。多くの参考事例をセレクトし、実践ポイントを臨場感を持って学んでいただけます。
 
 主な対象者 : 会社役員、使用人兼務役員、経営企画、経営管理などのご担当者

 ※※セミナー開催後のご質問の受付は、開催日後2週間以内とさせていただきます。

免責事項

本講座の内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。
主催者の諸般の事情や、天災地変その他の不可抗力の事態により、本講座の一部あるいは全部を中止させていただく場合がございます。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合は、運営事務局から受講者に対して、本サイトや、電子メールなどで事前に告知します。ただし、事由によっては事前の告知がないことをあらかじめご了承ください。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合、残り期間または残り回数に応じて精算した受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返金します。この場合、返金時の振込手数料は日経が負担します。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などの費用については、日経は補償いたしかねます。

「日経ビジネススクール」運営事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F
(株)日経ピーアール内
TEL:03-6812-8679 FAX:03-6812-8755
Eメール:nikkei-bs@nikkeipr.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

≪入金締切≫
ご入金の締切日は請求書に記載いたします。日経が指定する銀行口座に全額をお振り込みください。振込手数料は受講申込者でご負担ください。クレジットカード、分割払いには対応しておりません。
法人による振り込みなどで、入金締切日に間に合わない場合は、事前に運営事務局までご連絡ください。

≪解約について≫
やむを得ず解約される場合は、受講開始日の3営業日前の15:00までに、運営事務局までご連絡ください。※営業日は、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日となります。
返金手数料2,000円(税別)を申し受け、ご指定の銀行口座に振り込むことで、返金いたします。それ以降の解約はお受けいたしかねます。

≪注意事項≫
講座のお振り替えはお受けいたしかねます。あらかじめご了承ください。
講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
テーマ
職位・対象
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 基礎
カテゴリー

「経営・マネジメント」に関連するおすすめの講座

  • 原価計算と管理会計の基礎知識

     景気回復のはっきりとした兆しが見えず、円高による収益の目減りが進む不透明な経済環境のなかで、収益性を改善する王道は、原価のしくみを把握し、マネジメントしていくことです。企業内のコスト構造をしっかりと...続きを読む

  • 新規事業の進め方

    企業の継続と成長には、新規事業を作り続けること不可欠です。この新規事業とは、新技術や新製品の開発とは違います。新事業と既存事業は、全く性格が異なり、ときには対立するものなのです。 既存業務とは、100...続きを読む

  • 1日でわかる・プロジェクトマネジメント

     経営環境の変化が激しいなかで、新規事業プロジェクトをはじめ、組織横断型のプロジェクトへの取り組みが増えています。プロジェクトを効率良く進め、成功に導くには、「プロジェクトマネジメント」の手法を活用す...続きを読む